プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ

企業様・地域の方へ

能力開発セミナー

在職者の方を対象とした職業訓練のご案内

在職者の方を対象とした職業訓練(能力開発セミナー)の内容の紹介



■ 測定技術


コ ー ス  番 号   M16-1
 コ  ー  ス  名   最大実体公差方式の解釈とその測定技術の実践
(機能ゲージによる評価)
訓  練  日  程   1/16(火),17(水)
実施時間帯・総訓練時間   9:30~16:30  (昼休み 12:00~13:00)  (12時間)
訓  練  内  容  

製造品の測定作業の最適化をめざして、最大実体公差およびその関連方式を正確に解釈し、機能ゲージや三次元測定機を使用した測定実習を通してポイントを習得します。

1.公差表示方式の基本原則と幾何公差の解釈
(1)独立の原則とテーラーの原理
(2)幾何公差の種類と定義
(3)幾何公差の図面指示と測定誤差

2.MMPの解釈関連技術
(1)最大実体公差の原理
(2)最大実体公差の図示方法とその解釈
(3)機能ゲージについて
(4)機能ゲージについて

3.機能ゲージ
(1)機能ゲージによる測定実習
(2)機能ゲージによる測定実習
(3)評価と考察

4.まとめ
(1)まとめ
(2)質疑応答


対    象    者   開発・設計・生産技術・測定・検査等業務に従事する技能・技術者の方で、幾何公差に関する知識のある方
使  用  機  器  
持    参    品   受講票にてご確認ください
定         員   12名
受    講    料   25,000円
備         考    講師:中村哲夫(CDT研究所)
実  施  場  所    浜松職業能力開発短期大学校                                       .

 申し込み方法


お問い合わせ先


ポリテクカレッジ浜松(浜松職業能力開発短期大学校)
学務援助課 援助係
TEL 053-441-4444
FAX 053-441-9495
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved