グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




就職サポート


このエントリーをはてなブックマークに追加

充実の支援・指導・企業研究で、進むべき道をサポート

 就職に際しては、自分の能力を十分に把握し、活躍できる職業を選ぶことが大切です。
そのため、本校では、ものづくり技術の習得とそれを発揮できる職業に就職していくための、充実した相談・サポート体制をとっています。

就職サポート

  • 保護者への説明
1年次の12月に保護者会を開催します。その中では、修了後の進路決定についてのスケジュール、企業が求める人物像、当校で行う支援の概要などについて説明や面談を通じて支援がスタートします。
  • キャリアコンサルティング(通年)
就職支援アドバイザー、各科の担当職員が
①自己理解
②仕事理解
③啓発的体験
④意思決定
⑤進路決定
⑥就職・進学に向けての行動
の順に行います。学生個人ごとにジョブ・カードを活用したコンサルティングを行います。このコンサルティングは、自己理解を深め、業種や職種とのミスマッチングを防ぎます。
  • 進路決定のための専門教科
各科共通教科の「キャリア形成概論」「職業社会概論」の受講により職業観を深め、中長期的ビジョンを立てられるようになります。
  • 面接指導
就職試験で最も重視されているのが面接です。挨拶の仕方やビジネスマナーはもちろん、自分の長所(強み)・短所(弱み)、アピールポイント、学生生活で学んだこと、志望理由・動機などを簡潔にはっきりと話す練習を行います。
  • 就職特別講座の開催
SPI試験対策(模擬試験問題と解説)、ビジネスマナー、企業による就職講話、面接の仕方などの知識を経て、就職活動の準備を行います。
  • 合同企業説明会の開催
毎年3月初めに求人企業による合同企業説明会を開催します。浜松校出身の東海職業能力開発大学校応用課程の学生も参加します。
平成30年度(31年3月6日開催)は、70社に参加していただきました。
  • インターンシップ
企業のものづくり現場を体験してもらうため、2年次の6月中旬から2週間程度、企業実習を行います。(電気技術科は2年次の10月から1ケ月間)
平成30年度は24社にご協力いただきました。

進路決定までの流れ

 ただ就職するのではなく、2年間当校で学んだことを活かせるものづくり企業に、正社員(常用雇用)で就職できるよう指導しています。
 そのため、1年次から始まる「職業社会概論」や、当校の学生のために約70社の企業の人事担当者様にお集まりいただく「合同企業説明会」、現場で働くことの苦労や楽しさを体験する「インターンシップ」をとおして手厚い就職支援を行っています。

電気技術科の就職情報はこちら!
電気技術科も就職率100%です

2018年度求人状況

製造業を中心に多数の求人をいただいています。
就職支援室は常時開放されており、各社から届いた求人票を閲覧することができます。

求人企業数:288社
求人数:608名
求人倍率12.7倍
就職希望学生数:48名

就職先企業所在地・規模

日本のものづくりを支える技術者として就職している学生がほとんどです。
また、製品の製造に欠かすことのできない保全に関わる学生や、情報通信業でプログラマとして活躍する学生もいます。
実習中心のカリキュラムにより、在学中に自分の適性を見つけることができます。