プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ

ポリテクカレッジ浜松について

紀要

第19号

 
テーマ一覧

(クリックすると要旨へジャンプします)

無線センサネットワークを用いた低コスト型家庭用エネルギー管理システムの開発
Development of Low-cost Home Energy Management System using wireless sensor networkss
ダウンロード
からくり人形の制作
The production of mechanical dolls
ダウンロード
制御技術科におけるものづくり教育手法一考察
The report of educational method in mechanical control engineering course
ダウンロード
マイコン実習ボードの試作
The prototyping of the circuit board for microcontroller training
ダウンロード
機械加工実習における課題の設計・製作
A design and manufacture of the subject in machining training
ダウンロード
植刃正面フライスの刃先成形研削の技能・技術
Skills and technology of tip of the blade molding grinding
of single point threading tool
ダウンロード
簡易2足歩行ロボットの製作
The Simple production of biped walking robot
ダウンロード
職業指導ツールの一例
One example of a vocational guidance tool
ダウンロード
要旨一覧
無線センサネットワークを用いた低コスト型家庭用エネルギー管理システムの開発
Development of Low-cost Home Energy Management System using wireless sensor networks
電子情報技術科 安部 惠一、及川司将、仲村晃一、玉越洋亮、ファンディントゥイ、戸塚啓太
平成22年の総合制作実習では、一般家庭への普及が期待されているHEMS(Home Energy Management System)の導入コストの課題を解決する無線通信タイプの低コスト型HEMSの開発及び製作を行った。我々が提案する低コスト型HEMSの特徴は、既存建造物及び既存家電に対して、一切改変をせずに家庭内に省エネルギーシステムを構築できる。これにより、HEMS導入時の工事費などを安価にできるので、その詳細を述べる。
ダウンロード
からくり人形の制作
The production of mechanical dolls
制御技術科 瀧井 勝廣、有町 隆太、城 勉、青木 翔太朗、宮原 卓也、森永 梢

からくり人形は、江戸時代の職人たちの試行錯誤のものづくりへのこだわりから生まれた。からくりは“機巧”と書かれるように機械を巧みに操ったものであり、その機構の中に動作が埋め込まれている。総合制作実習でこの機構を理解し、設計・制作することを通して、3次元CADの利用技術及び、各種工作機械の加工技術の習得を目指した。その成果として、機構の中に埋め込まれた動作を視覚で確認できるものとして“お茶運び人形”を制作した。その制作の過程等を報告する。

ダウンロード
制御技術科におけるものづくり教育手法一考察
The report of educational method in mechanical control engineering course
制御技術科 中島 均、電気技術科 福岡 秀雄
制御技術科では動くものづくりの実践教育を行いながら、自動化システムの運用・保守・管理、改良・構築ができる自動化・省力化の実践的エンジニアの育成を目的としている。しかし、自動化技術は機械に始まり、電気・電子・空圧・油圧・光学などその関連技術分野は広範囲にわたり、2年間という限られた時間の中で技術習得度向上を図る工夫が必要であり、常にその方策は当科における課題である。その中で、総合制作実習を通し、自動化・省力化など専門的技術の習熟度およびコミュニケーション能力の向上を目指し新たな試みを行ったのでその過程を報告する。
ダウンロード
マイコン実習ボードの試作
The prototyping of the circuit board for microcontroller training
電子情報技術科 山本 晃
当校の特色のひとつとして、実習を中心としたカリキュラムによる「ものづくり」のための技術の習得が挙げられる。その実習で使用する教材や機器についても、自分で使うものは自分で作る「ものづくり」の原点の精神で、技能や技術を合理的に習得できるものを講師と受講生が協力して作り上げて生きたいと考えている。そこで、実習で使用するマイクロコンピュータ電子回路基板を試作し実習での利用を試みたので報告する。
ダウンロード
機械加工実習における課題の開発
Development of the subject in machining training
生産技術科 中林 寛樹
本校のカリキュラムには「実習」の要素が全体の約5割を占めていることもあり、機械系の学生には各種工作機械を活用したものづくりを通して、ものづくりの楽しさや難しさを体験してもらえればと考えている。だが「実習」を通して、機械の操作だけを理解するのではなく、機械要素部品、製図、CAD、加工学、材料力学など、今後製造業に携わっていく上で必要最低限のスキルを複合的に理解してもらえればと考えている。  今後、このような課題製作を通して企業の方に、「浜松短大では、これぐらいのこと(これぐらいの加工)ができる」という指標になれば幸いである。
ダウンロード
植刃正面フライスの刃先成形研削の技能・技術
Skills and technology of tip of the inserted blade molding grinding of face milling cutter
生産技術科 横山 裕二、古杉 剛、中林 寛樹
先任指導員がこれまで培った技能・技術は、当機構の財産であることは言うまでもなく、この財産を若い指導員へ伝達していく事は、組織として、また当短大として今後とも必要不可欠な取り組みの一つである。  今回はフライス盤作業において、経験と技術が必要とされる「植刃正面フライス」の刃先研削方法について先任指導員に指導を受けた内容について報告する。
ダウンロード
簡易2足歩行ロボットの製作
The Simple production of biped walking robot
電気技術科 鈴木 淳巳、大城 剛嗣、鈴木 優太、中西 正樹
平成21年度総合制作実習において、マイコンの学習とパソコンのプログラミングの習得を目指し、市販の2足歩行ロボット部品をベースに、より安定な2足歩行に関する制御技術の獲得を目標に、簡易2足歩行ロボットを製作したのでそのシステムの概要を報告する。
ダウンロード
職業指導ツールの一例
One example of a vocational guidance tool
持木 弘之
職業経験がない新規学卒者に対する職業指導は教育訓練上、就職支援上、非常に重要である。 しかし、指導員の力量や経験よって大きく影響されることから、均一的な職業指導ができるようなツールの検討を行い、その結果、生涯職業能力開発体系(仕事の体系)の有用性が認められることから、それを活用した職業指導ツールの一例を紹介する。
ダウンロード
紀要冊子pdf一覧
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved