プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ

ポリテクカレッジ浜松について

紀要・ジャーナル・総合制作課題リスト

  •  
  •  
  •  
 



 
紀要・ジャーナルについて

 「浜松職業能力開発短期大学校紀要」は、昭和57年4月に全国で7番目に設置された短期大学校設立から4年目の昭和61年3月に第1号が創刊されました。紀要の創刊に当たり当時の石田清春校長は、「技術進歩の早い今日、多くの企業では多数の優秀な人材を投入して研究開発を盛んに行っている。協調性があって新しいことに果敢に取りくみ、問題を発見して解決する能力のある人材が求められているのも当然といえよう・そのような人材を育てるには、学生と一緒に研究すること自体が最良の教育であるという考え方が根強いと思われる。公共の高等教育機関である当短大も、研究成果を公表し産業界に還元することによって、各教官の興味を持っている分野も明らかになり、将来産業界との共同研究も生まれ、テクノポリス指定の当地域産業の活性化にも寄与することができるものと期待される。」と述べています。
 紀要は平成24年2月まで第19号まで発行し、創刊の目的に沿い産業界をはじめ教育訓練の発展に寄与してきたところであるが、平成25年3月に30期生を送り出したことを機会に、本校の教育訓練の内容を広く地域の関係者に公開するなどを趣旨として、平成25年3月から名称を「紀要」または「ジャーナル」として発行することといたしました。
 本校は、産業界や教育機関等との綿密な関係の基、技術者(テクニシャン・エンジニア)の育成、在職の技術者の持続的な技術力アップ、新製品開発等の共同研究等をつうじて、「はままつ産業イノベーション構想」に関する事業や「ポリテクカレッジ浜松協力会」などとも一層の連携を図り、静岡県西部地域のものづくり産業の発展に貢献し、本校の発行する紀要・ジャーナルにより広く情報提供をしてまいりますので、ご意見ご感想等も併せてお寄せください。

総合制作課題リストについて

 学生が2年間取り組んだ技術習得の集大成として、2年次に「総合制作実習」に取り組んでいます。過去に取り組んだ総合制作実習テーマを公開していますのでご覧ください。テーマの中には、企業との共同研究なども含まれています。各企業の皆様におかれましては、改善すべき技術的内容や製品開発上の課題などで本校と一緒に取り組みたいといった内容がございましたら、ご連絡をいただければ幸いです。また、課題等でのご意見ご感想も併せてお寄せください。

ファイルの閲覧およびダウンロードについて

以下に同意事項を確認いただき閲覧、ダウンロードください。

1.著作権について
 著作権は、本校及び著作者が保持しています。利用者は、著作権保有者の同意なく、「複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用」しないことに同意するものとします。

2.免責事項
 ご利用にあたり(ダウンロード等を行うことを含む)、すべて利用者ご自身の責任で行っていただきます。また、ファイル内に記載された情報の正確性について万全を期しておりますが、技術上の不正確な記載や誤植を含む場合がありますが、利用したことによって発生した損失や損害等について、本校は一切責任を負いませんので、その旨ご了解ください。

3.お問い合せ
 著作権等に関しましては、本校学務援助課までお問い合わせください。

 平成26年4月

 

 

 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved