ポリテクカレッジの特長

学生写真

 ポリテクカレッジ島根(中国職業能力開発大学校島根校)は、文部科学省所轄の短期大学ではなく、厚生労働省が所管する工科系短期大学校です。
 当校の2年間の教育課程を専門課程といい、当校の専門課程には、生産技術科電子情報技術科住居環境科の3つの科があります。

 特長として、
  ●技術が身につき、就職に断然有利
  ●実技と学科を有機的に展開した実学融合カリキュラム(実技と学科の割合が3:2)
  ●少人数教育によるきめ細かい指導
  ●学生一人ひとりが十分に実験・実習に取り組むことができる実験実習設備を整備
  ●高校生以外の方(在職者・既卒者等)も入校対象

 専門課程は、産業界の変化に対応できる高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技術者(テクニシャン・エンジニア)の育成を目的としています。また卒業後には、2年間で習得した専門知識・技能をさらにステップアップさせる応用課程へ進学することができます。

応用課程への進学

専門課程で習得した専門知識・技能をさらにステップアップし、高度の技能・技術や企画・開発能力などを習得する2年間の教育課程です。
産業界や地域のニーズに応じて、新製品の開発、生産工程の構築などに対応できる将来の生産管理部門のリーダーを育成することを目的としており、 産業界で高い評価を得ています。

当校生産技術科および電子情報技術科を修了しますと、中国職業能力開発大学校 (岡山県倉敷市)の生産機械システム技術科、生産電子情報システム技術科への推薦入校試験を受験することができます。
また当校住居環境科を修了しますと、九州職業能力開発大学校(福岡県北九州市) または近畿職業能力開発大学校(大阪府岸和田市)の建築施工システム技術科への 推薦入校試験を受験することができます。

◆応用課程開発課題作品
精密ばね疲労試験機の開発   月面ロボットの開発   間伐材を使用したログハウスキットの開発
精密ばね疲労試験機の開発   月面ロボットの開発   間伐材を使用したログハウスキットの開発
沿革

平成 5年  4月 島根職業能力開発短期大学校 開校

平成11年 10月 雇用・能力開発機構 設立

平成13年  4月 中国職業能力開発大学校附属島根職業能力開発短期大学校に改称

平成23年 10月 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構に移管

平成27年  4月 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構島根支部
           中国職業能力開発大学校附属島根職業能力開発短期大学校に名称変更

問い合わせ