実践に即した教育プログラム

HOME > 本校について > 学校紹介 > 実践に即した教育プログラム

実験・実習に重点をおいて実施的カリキュラムは、徹底した少人数の教育訓練で、個々の能力をひきだす。
2年間であなたもプロになる。

応用課程への進学支援

より技術を深化させる次のステップへ

滋賀職業能力開発短期大学校を修了後、推薦入試または入校試験後、近畿職業能力開発大学校応用課程へ入学することができます。
専門分野の技能・技術を習得し、それらを活用する能力を養成します。
応用課程を修了すると、国家公務員1種受験資格の他に、技能検定受験資格が得られます。
また、応用課程建築施工システム技術科を修了した方は、一般の大学卒と同様に実務経験2年以上で1級建築士の受験資格を得ることができます。

より技術を深化させる次のステップへ

専門課程

高等学校もしくは中等教育学校を卒業した方等を対象に、基礎的な技能・技術から専攻分野に必要な高度な技能・技術までを体系的に習得する2年間の教育訓練課程です。
この課程では、自ら“ものづくり”ができる実践技術者を育成します。
修了すると、国家公務員2種受験資格の他に技能検定2級受験資格が、また、修了時の技能照査合格者は技能検定2級試験の学科試験免除及び職業訓練指導員免許受験資格を得ることができます。

応用課程

専門課程修了または実務経験その他により、これと同等以上の技能・技術を有すると認められた方を対象にした、高度な技能・技術や企画・開発能力などを習得する2年間の訓練課程で、生産管理部門のリーダーとなる技術者を育成します。
修了すると、国家公務員1種受験資格の他に技能検定試験受験(修了時に2級、実務経験2年以上で1級)資格が得られます。修了時の技能照査合格者は、職業訓練指導員免許受験資格を得ることができ、実務経験3年以上で技能検定1級試験の学科試験が免除されます。
また、専門課程の住居環境科を修了し、建築施工システム技術科を修了した方は、大学卒と同様に実務経験2年以上で1級建築士の受験資格を得ることができます。

ページトップへ