生産技術科

HOME > 本校について > 学校紹介 > 生産技術科 > 在校生メッセージ/卒業生メッセージ/総合制作実習

在校生メッセージ

沢尾 優斗 生産技術科 2年(伊香高等学校 出身)

中島 俊也 生産技術科 2年(瀬田工業高等学校 出身)

私は専門的な知識や技能を身につけたいと思いこの学校に入学しました。入学当初は高校が普通科出身で機械に関する知識が全くなかったのでうまくいかないことが多々ありました。しかし入学から1年経ち、友達もたくさんでき、授業でうまくいかないことがあっても先生方や友達から丁寧に教えてもらえるので、不安を抱くことなく自分の能力を高めることに専念することができています。
クラスのみんなとも仲良く、困ったときに助け合い、楽しい学生生活を送っています。
(沢尾)

高校時代に様々な分野(情報・電気・化学)に触れてきた私は、機械の専門的な知識・技能を身に付けたいと思い、この学校に入学しました。
1年生の冬に、技能検定 機械・プラント製図3級に挑戦することにしました。
練習を始めた頃は作業時間が制限時間を超えていましたが、先生から技や考え方を丁寧に教えてもらえたので、無事合格することができました。
現在は、授業で相撲ロボットの設計・製作をしています。学内大会の優勝を目指して創意工夫しながら、チーム一丸となって頑張っています。(中島)

卒業生メッセージ

ヤンマー 株式会社 小型エンジン事業本部
直川 祥大

生産技術科 平成24年 3月卒
(滋賀県立彦根工業高等学校 出身)

充実した実習が
技能五輪でも通用する自信に
繋がっています

現在は普通旋盤職種の技能五輪訓練生として2年目を迎えています。旋盤の加工では、ポリテクカレッジ滋賀で学んだ図面を読み取る能力や、状況に合わせて切削条件を変化させる知識をフル活用しています。また、難しい加工を行うために三角関数を利用できているのも、力学などの座学が充実していたお陰です!
在学中はエコカー活動で優勝できたのも印象的ですが、授業含め学校生活が楽しかったことが一番の思い出です!

ダイハツディーゼル株式会社 製造部
藤永 遼司

生産技術科 平成21年 3月卒
(滋賀県立彦根工業高等学校 出身)

現場との
確実なコミュニケーションには
加工技術や図面に関する
知識と経験が必要です。

私は2009年にポリテクを卒業してダイハツディーゼル(株)に入社しました。現在は製造部機械第二課の事務所スタッフとして勤務しています。
主な業務は自部門各班(ライン)の工程管理や加工指示書の作成、加工する製品の素材発注などです。
実際に機械を使って製品を作り上げる業務ではありませんが、在学中に学んだ加工技術や図面の見方などが、現場の作業者の方々と同じ図面を見て加工方法を話し合う際に非常に役立っています。
今後はより現場と一体となって生産工程を管理していけるようになることが目標です。

総合制作実習

平成26年度の総合制作実習のテーマ

  • 積み木パズルの製作を通したQ・C手法の習得
  • ピッチングマシンの改良
  • 蒸気スターリングエンジンカーの製作
  • 産学連携による水栓金具の鋳型製作
  • 薬瓶個装支援器具の開発
  • 二足歩行ロボットの設計・制作
  • ラジコンボートの設計・製作
  • 四輪バギーカーの製作

これまでの総合制作実習

  • 2ストロークエンジン

    私たちの身の回りによく使われているガソリンエンジン。なぜ動くのか、自分たちのエンジンを作って、勉強しよう。

  • 卓上ボール盤の設計・製作

    普段、加工実習で使用するボール盤を自分たちで一から製作。2年間で学んだ技術を活かし、試行錯誤の毎日だった。

  • ピッチングマシンの製作

    変化球も投げられるピッチングマシンの製作は本校でも初めての挑戦。仲間と共に一から取り組み、チームワークの大切さを再確認。

  • 電動キックボード

    モータに何を使う?チェーンの大きさは?
    クラッチの構造は?自分たちで考えることが多いテーマでした。しかし、走った時の気持ちは、最高!

ページトップへ