沿革

HOME > 本校について > 沿革

平成4年4月 雇用促進事業団滋賀職業訓練短期大学校として開校
機械システム系(生産技術科)、電気・電子システム系(電子技術科)、情報システム系(情報処理科)、居住システム系(住居環境科)
平成5年4月 職業能力開発促進法の一部改正により、滋賀職業能力開発短期大学校と改称
平成8年12月 専門課程に社会人推薦入学制度を導入
平成11年4月 近畿職業能力開発大学校附属滋賀職業能力開発短期大学校となる情報処理科を情報技術科に改編
平成11年10月 雇用・能力開発機構の設立に伴い、雇用促進事業団から事業を継承
平成16年3月 雇用・能力開発機構が解散し、独立行政法人雇用・能力開発機構設立
平成21年4月 電子技術科と情報技術科を電子情報制御システム系(電子情報技術科)に改編
平成23年10月 独立行政法人雇用・能力開発機構から独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構へ事業を継承
ページトップへ