M051:機械保全実践技術(設備点検・対処法)

コース概要

コース名 機械保全実践技術(設備点検・対処法)
コース番号 M051A/M051B/M051C/M051D
訓練日程 M051A:平成29年7月25日(火)~28日(金)
M051B:平成29年11月14日(火)~17日(金)
M051C:平成29年8月22日(火)~25日(金)
M051D:平成29年10月24日(火)~27日(金) 【増設】
実施時間帯 9時15分~16時00分 (昼休み:11時45分~12時30分)
日数(時間) 4日間(24時間)
概要 工作機械をはじめとする機械設備に用いられている潤滑油、油圧・空気圧機器、ベルト、チェーン等の劣化判断基準や異常の発見方法について、,点検表を作成しながら習得します。
対象者 機械及び設備・製造・保全管理に従事されている方
定員 10名
受講料 17,500円
使用機器等 油圧実習装置、空気圧実習装置、伝動実習装置、歯車減速機、Vベルト、伝動チェーン、潤滑油、振動計 他
持参品 筆記用具
備考(講師) ポリテクセンター埼玉 機械系講師
実施場所 ポリテクセンター埼玉

コース内容

教科項目 内容
1.機械保全の重要性 (1)保全の用語
(2)日常点検の果たす役割
2.潤滑管理 (1)潤滑と故障の関係
(2)潤滑油の働きと種類
(3)潤滑油と潤滑装置の管理方法
(4)潤滑油の粘度及び劣化判定
3.空気圧機器管理 (1)空気圧回路と機器の働き
(2)空気圧機器の点検と管理
(3)F・R・Lユニットの保守管理
(4)方向制御弁の構造と動作及び保守管理
(5)シリンダの構造と動作及び保守管理
(6)エアーの漏れ量
4.油圧機器管理 (1)油圧回路と機器の働き(ポンプ圧力制御弁方向制御弁等)
(2)油圧機器の保守管理及び油の漏れ量
5.伝動装置管理 (1)チェーンの種類と用途
(2)チェーンの潤滑と伸び管理
(3)チェーンの張りについて
(4)ベルトの種類と用途
(5)ベルトの張りについて
(6)チェーン・ベルトの保守管理
6.電装機器管理 (1)配線・近接スイッチ等の点検
(2)制御盤の管理
7.安全管理 (1)安全に関する管理項目について
8.点検表作成実習 (1)点検対象機械の構造と動作
(2)点検項目の摘出
(3)点検表の作成(管理基準等の検討)
9.機械の効率化 (1)機械の効率化を阻害する要因
10.総括討議及び評価 (1)質疑応答
(2)訓練コース内容のまとめ
(3)講評・評価
関連コース
レベルアップコース