本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声/能力開発セミナー(ページ2)


共同工業株式会社╱教育担当者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、╱共同工業株式会社 総務部 部長 川内 政雄 様 からお話を伺いました。

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、╱利用されてのご感想をお聞かせください

弊社は、埼玉県越谷市に本社・工場を置き、主に工業用用途に特化した、産業別の需要に対する水処理設備の建設、純水製造装置の組立及び建設工事、廃水(排水)処理設備の建設工事、製缶品樹脂加工品の製造、配管付属特殊部品等の製造、工場プレファブ配管、現地配管工事まで幅広く対応しています。

その他、上下水道設備工事、医療用途向けの純水製造装置の組立製造、表面処理設備の設計監理等も永年に渡り事業を支えて参りました。

人とかかわるのを厭わず、ものづくりや深く考えることが好きで、仕事を通じて成長を求める人達にとって、きっと面白い仕事であり職場だと思います。

総務部 部長 川内 政雄 様

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や利用されてのご感想をお聞かせください

弊社では、特定の分野に特化せず、電子、食品、医薬、バイオなどのさまざまな工業分野の水処理設備の製作を行っていますが、今後、新たな水処理設備の開発・実用化を進めるためには、ものづくり現場における技術力の維持と向上、そして人材の確保と育成が重要と考えていました。

OJTをベースとした社内での人材育成を行っていますが、現場で必要とされる技術のスキルアップ、生産を効率的に進めるための新たな技能・技術の習得のために必要な部分については、外部の技術研修を取り入れることも必要と考え、ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを活用することといたしました。

社員一人ひとりの知識・技能等にあうように、能力開発セミナーの体系に沿って複数コースを
段階的に受講しましたので、効率的にスキルアップを図ることができました。

今後は、品質管理や検査・試験の知識・技能の向上を進めるための能力開発セミナーの受講も検
討して行きたいと考えています。

取材にご協力いただいた企業のご紹介
  • 共同工業株式会社(埼玉県越谷市増森2830-15)〔本社・工場〕

(平成30年2月16日掲載)


YKT株式会社╱教育担当者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、╱YKT株式会社 総務部 総務課 主任 杉山 和隆 様 からお話を伺いました。

事業内容についてお聞かせください

当社は1924年の創業以来90余年、欧米の工作機械や産業機械を取り扱う機械専門商社です。

当社の特徴は、高速・精密加工を行うハイエンド&ニッチな商材を取り扱うことです。また機械を提供するだけでなく、機械の据え付けから技術提案・メンテナンス・最新技術の紹介など、お客様がより良い製品を作るために必要なサービスを当社が機械メーカーに代わり総合的に提供いたします。

総務部 総務課 主任 杉山 和隆 様

総務部 総務課 主任 杉山 和隆 様

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、╱利用されてのご感想をお聞かせください

社員研修につきましては、従来から社内で実施していたところですが、実機を使用しての実践的な研修も人材育成には不可欠と考え、平成28年度は社員研修の一環としてポリテクセンター埼玉での金属加工を研修計画に加えました。

また、日本工作機械輸入協会会員企業の受講希望者の方々と合同で実施することといたしました。研修は、当社の要望を基に「切削加工の理論と実際」及び「NC旋盤技術(プログラム~加工編)」の2コースをオーダーメイド型セミナーとして計画していただきました。

工作機械を実際に動かす機会の少ない社員にとりまして、旋盤、フライス盤、ボール盤の扱い方や動きを学び、製作課題の「文鎮」と「コマ」を仕上げるまでの工程を通して、ものづくりの難しさと楽しさを実感する貴重な経験となりました。

また、受講者一人ひとりが工作機械を使いながら実習できたことで機器の構造等をより深く理解し、安全に対する心構えや意識の向上にも繋げることができました。

受講者からは他社の方々と一緒に受講したことでの相乗効果があり、関連する他のセミナーを希望する声もありました。

今後もポリテクセンター埼玉のオーダーメイド型セミナーを、社員教育の一環として活用して行きたいと考えています。

YKT株式会社╱セミナー受講者の声

曽根原 光一 様 / 照山 僚 様 / ルシュ 麻緒 様

今回の研修を受講して、工作機械の動かし方や専門用語について学ぶことができました。

また、加工の技術だけではなく、数値の出し方等についても理論的に教えていただきましたので大変勉強になりました。

NC旋盤加工の課題実習では「コマ」を製作したのですが、形状が想像しやすかったためプログラミングもスムースに進み、楽しみながら研修を受けることができました。

曽根原 光一 様 / 照山 僚 様 / ルシュ 麻緒 様

曽根原 光一 様 / 照山 僚 様 / ルシュ 麻緒 様

今回の研修をとおして、工作機械を販売する上で役立つ知識が多く身につき、自社が扱う製品をより深く理解できるようになりました。

今後、営業していく中で現場の加工者の意見を耳にすることも多いと思いますので、今回の経験を活かしてお客様によりよい提案をしていきたいと思います。

取材にご協力いただいた企業のご紹介
  • YKT株式会社(東京都渋谷区代々木5-7-5)

(平成29年1月18日掲載)


蓼科情報株式会社╱人事企画部 部長 松戸 賢二さん

人事企画部 部長 松戸 賢二さん

人事企画部 部長 松戸 賢二さん

埼玉県情報サービス産業協会様からの紹介でポリテクセンター様でのセミナーに参加して数年になります。

これは埼玉県情報サービス産業協会様が多くの会員企業から、今必要な研修、これから必要なIT技術をアンケートやヒヤリングなどでの情報集約と分析をして、ポリテクセンター様にオーダーメイド型でのカリキュラムを作成して頂いている、というニーズにマッチしたものなので、安心して若手からベテランSEまで参加し、業務において良い実績を残すことにつながっています。

この連携は今後も続けるということなのでこれからも期待して活用したいと考えています。これまでに実施したオーダーメイド型セミナーについて、受講したほとんどの社員が大変役にたったという報告を上げています。

また、受講途中でのセミナー内容等の改善要望を聞き入れてくれるところは素晴らしいと感じます。これはポリテクセンター様には独自のPDCAサイクルを回すマインドセットがあるようですので、安心して社員を受講させることができる要因でもあります。

労働者人口の減少と高度IT化の社会で、社員の技術レベルの維持と向上は、中小企業単独では困難になっています。これからも社員の成長支援を研修という形で提供して頂けることは非常に心強く思います。

(平成28年5月12日掲載)


川口機械工業協同組合╱事務局長 佐野 元昭 さん

事務局長 佐野 元昭 さん

事務局長 佐野 元昭さん

当組合は、川口市内の機械工業を営む事業者により組織され、昭和9年に創立し80余年の歴史ある組合です。

地場産業を代表する有力な経済団体としての地歩を築き、機械業界の振興発展と組合員の繁栄を目指し、幅広い事業活動と交流を推進しています。

昨今、技術革新、グローバル化に対応した幅広い知識と専門性をもった人材が求められる中、ポリテクセンター埼玉様のご支援ご協力をいただきながら、人材育成にも力を入れています。

過去にも「中小企業人材確保推進事業」や「地域高度技能活用推進事業」などの傘下組合員の能力開発の推進の取り組みにご協力をいただいてきました。

是非、これからもご指導ご支援をいただきながら、時代にマッチした人材育成にご協力をいただければと思っております。

(平成27年11月24日掲載)


株式会社 武蔵野ホールディングス╱エンジニアリング部 エリアリーダー 山田 嘉彦さん

当社では「おいしく食べるさいわいしあわせを、すべての人にお届けしたい」をモットーに、お客様から喜ばれるお弁当・おにぎり・調理パン等を開発・お届けしています。

また、衛生管理の徹底・品質管理の向上・コンプライアンスの徹底等を通してお客さまに満足していただける商品を提供し、継続的に成長していくためには、社員一人ひとりが成長していくことが必要不可欠であると考えています。

エリアリーダー 山田 嘉彦さん

エリアリーダー 山田 嘉彦さん

その一環として各工場のエンジニアリング部社員を対象に、現場に密着した実践的な研修を体系立てて実施することといたしました。研修内容及び日程については、ポリテクセンターの担当講師と事前調整を重ね、当社の要望を基に効果的な研修をオーダーメイド型セミナーとして実施することとしました。

オーダーメイド型セミナーでは、実践に即したカリキュラムと解り易いテキストや講義により、理論的な確認を行ったことで知識がより深まり、機器トラブル時の原因把握と的確な問題解決等の手法に活かすことができました。

また、1人1台の機器を使いながら実習できたことで機器の構造等を深く理解し、新たな知識・技術を習得することもできました。

多くの研修成果を、今後の設備維持管理等業務の向上とお客様に満足していただけるより良い商品づくりに繋げていきたいと思います。

(平成26年12月10日掲載)


有限会社 野川切断所╱専務取締役 野川 英人さん

当社は埼玉県川口市で創業から約40年間、虹枝株式会社の連続鋳造鉄棒デンスバーを主体に砲金、アルミニウム、ステンレス、各種特殊鋼などの、バンドソーによる切断販売を行っています。

特に主力商品のデンスバーは関東地方でナンバーワンの在庫量を誇り、その豊富なラインナップと、長年積み重ねてきた技術で、お客様のニーズに、短納期、ベストプライスでお答えしています。

専務取締役 野川 英人さん

専務取締役 野川 英人さん

今回、「フライス盤実践加工技術」と「被覆アーク溶接実践技術(各種姿勢溶接)」を受講したきっかけは、納入した製品のお客様の加工工程を理解し、オーダーにより合致した製品作りを目指したかったこと、また、切断加工に切削加工を加え製品に付加価値を高めて業務の幅を広げたいとの思いからです。

セミナーでは、一人一台の機械を使う事ができ、実習課題を通して新たな手法を理解し、各種工程についての知識を深めることができました。座学のテキストも、担当講師が分かりやすくオリジナルで作成しており、受講後も役立つ資料として重宝しています。

また、他社のセミナー受講者と情報交換を行い、交流を図ることもできました。

今後も、新たな知識の習得と技能・技術の向上を図るために、ポリテクセンターのセミナーを活用したいと考えています。

(平成26年9月16日掲載)


マテックエンジニアリング株式会社╱鋳造課課長補佐 田沼 秀和 さん

鋳造課課長補佐・田沼秀和さん

鋳造課課長補佐 田沼 秀和 さん

当社は、1976年創業から鋳造を行っており、現在は国内・国外を顧客としステンレス鋳物によるリファイナープレート鋳造を、加工も含め一貫工程で生産しています。

「各種材料の熱処理実践技術」を受講したきっかけは、これまで熱処理についてのトレーニングはOJTが主体で、体系的に学んだことがなく、また年々お客様の要求されるレベルも高くなるにつれて、会社全体としても熱処理に関するレベルアップが課題となってきました。そんな中、会社よりセミナーへの参加を打診されたことからでした。

実際に受講して、座学・実技共に丁寧に教えていただき、熱処理と材料に対する理解が深まったと感じます。またその知識が土台となり、別の機会で新しいことを学んでも理解が容易になりました。セミナーを受けた後、熱処理技能士1級の勉強を始め筆記試験に合格することが出来ました。次は実技試験合格に向け頑張りたいと思います。

今後も、技術力向上のため、他のセミナーを受講したいと思います。

(平成25年12月26日掲載)

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る