本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

溶接技術科 ​〔テクニカルメタルワーク科〕


訓練の内容

板金加工、構造物の製作に不可欠な溶接・接合技術の技能と関連知識を身につけ、求人企業から求められている専門知識および技能・技術が習得できます。
一般的に広く使用されている各種溶接法、施工法を実学一体形式の訓練により熟練度の高い技能・技術を学ぶことができるカリキュラムになっています。

訓練に使用するアプリケーションなど

  • 特にありません。

訓練期間・訓練時間

訓練期間

  • 6ヶ月間(土日・祝日、指定された日を除く月~金)

訓練時間

  • 9時05分~15時10分(昼休み:11時45分~12時30分)
    訓練期間中に数日程度16時05分まで訓練を実施する日があります。

訓練の流れ

1ヶ月目:金属加工基本

工作法・ガス溶接・切断作業に関する知識・技能を習得します。
金属加工基本作業
  • 製図基本
  • 工作基本(機械工作法、測定法)
  • ボール盤とせん断(機械によるせん断)
  • 自由研削といし取り替えの業務に係る特別教育
  • ガス溶接技能講習
  • ガス切断・プラズマ切断

2ヶ月目:炭酸ガスアーク溶接

炭酸ガスアーク溶接(半自動溶接)に関する知識・技能を習得します。
  • 薄板下向き溶接
  • 水平すみ肉溶接・薄板下向き溶接
  • 下向き溶接・曲げ試験
  • 立向き溶接
  • 立向き溶接・曲げ試験
  • 横向き溶接
炭酸ガスアーク溶接作業

3ヶ月目:溶接施工計画・非破壊検査

施工計画、非破壊検査作業に関する知識・技能を習得します。
炭酸ガスアーク溶接施工計画
炭酸ガスアーク溶接施工計画
  • 炭酸ガスアーク溶接施工管理
溶接部の検査
  • 引張試験、硬さ試験、マクロ組織試験
  • 放射線透過試験、浸透探傷試験、磁粉探傷試験
  • 超音波探傷試験

4ヶ月目:被覆アーク溶接

被覆アーク溶接(手溶接)作業に関する知識・技能を習得します。
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育
  • 下向きビード置き
  • 水平すみ肉溶接 薄板下向き溶接
  • 下向き溶接
  • 下向き溶接・曲げ試験
  • 立向き溶接
  • 立向き溶接・曲げ試験
被覆アーク溶接作業

5ヶ月目:ステンレス鋼の溶接

ステンレス鋼のTIG溶接(アルゴン溶接)に関する知識・技能を習得します。
TIG溶接作業
  • 下向きビード置き
  • 重ね継手溶接
  • 突合せ溶接
  • 角溶接
  • 水平すみ肉溶接
  • 立向き溶接・曲げ試験
  • 横向き溶接・曲げ試験

6ヶ月目:アルミニウム合金の溶接、機械板金加工

アルミニウム合金のTIG溶接(アルゴン溶接)、機械板金加工に関する技能・知識を習得します。
アルミニウム合金のTIG溶接
  • 下向きビード置き
  • 重ね継手溶接
  • 突合せ溶接
  • 角溶接
  • 水平すみ肉溶接
機械板金加工
  • 展開寸法の算出と展開加工図面
  • 展開加工図面の作り方、展開計算
  • プレスブレーキによる曲げ加工、操作と点検、金型の取り扱い
  • 曲げ工程、加工作業
アルミニウム合金のTIG溶接

受講要件

各訓練科共通要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。
受講希望者が多数の場合は受講要件を満たしていても受講できないことがあります。
  • 訓練コースに関連する職種への再就職を希望されている方
  • 訓練内容を理解するとともに受講熱意のある方
  • 訓練内容を理解するために必要な基礎学力のある方
  • 訓練コースの受講・修了に支障(健康状態・受講態度・協調性等)がない方

受講要件の詳細については「
応募から訓練開始までの手続きの流れ 」をお読みください。

受講料等

受講料

  • 無料です。

経費

  • 教科書代 15,000円程度
参考に記載していますので変更になる場合があります。合格手続き時に正確な金額をご連絡します。

入所後必要なもの

  • 作業服(長袖、長ズボン)、作業帽(キャップ形状のもの)、安全靴、
    USBメモリ、ファイル(テキスト、資料等を綴じるために使用)
参考に記載していますので変更になる場合があります。
入所後、指導員が説明しますので、事前に購入いただく必要はありません。

訓練後に目指せる主な仕事、就職率

訓練後に目指せる主な仕事

就職率

  • 2017年度(平成29年度)実績
    92.6%
  • 2016年度(平成28年度)実績
    72.0%

取得できる資格〔もしくは目指せる資格〕

訓練修了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証
(埼玉労働局長登録教習機関第32号/有効期限:2024年3月30日)

  • 労働安全衛生法第61条で事業者はガス溶接等の業務については下記の者でなければ就業させてはならないこととされております。当センターは、(2)の都道府県労働局長の登録を受けた教習機関となっており、訓練修了者に対してガス溶接技能講習修了証が当センター所長名で交付されます。
  1. ガス溶接作業主任者免許の所持者(都道府県労働局長が交付)
  2. ガス溶接技能講習修了証の所持者(都道府県労働局長の登録を受けた教習機関が交付)
  3. その他、厚生労働省令で定める資格の所持者
  4. 上記に該当し満18歳以上の者

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

  • 労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、アーク溶接等の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育を実施することが義務づけられています。
  • 本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証

  • 労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育を実施することが義務づけられています。
  • 本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

任意に目指せる資格

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。 (※ただし合格を保証するものではありません。)

溶接技能者評価試験〔一般社団法人日本溶接協会〕

  • 被覆アーク溶接技能者評価試験
  • 半自動アーク溶接技能者評価試験
  • TIG溶接技能者評価試験

受験内容の詳細については、実施機関へ問い合わせください。

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー《有料》) を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、(社)日本溶接協会の手溶接技能者のその他の種目を受験したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター埼玉 【訓練第一課・受講者第一係】

TEL

  • 048-882-4138

FAX

  • 048-882-4070
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る