本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械ものづくり科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

機械部品製造業などに就職するために必要な機械製図、CAD技術、機械加工の基本、旋盤やフライス盤による加工技術の他、ものづくりに関する知識や技術を習得します。
また、約1ヶ月間の企業実習により実践的な技能・技術を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 機械製図、CAD及び機械加工の基本を理解し、旋盤及びフライス盤作業による加工ができる。
  2. 汎用工作機械が操作でき、ものづくりができる。
    (下記写真の訓練課題例参照)

訓練課題例

訓練課題例1の画像
訓練課題例2の画像

総訓練時間

  • 約720時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.機械工作基本

製品は図面を見て、図面通りなのか測定をしながら作ります。また、手作業の部分もあり、工具を、回転している砥石で研ぐこともあります。
ここでは、図面の読み方、測定、手作業の基本、研削といしの取替え作業などを学びます。

機械工作基本の画像

2.旋盤作業

旋盤とは、回転している材料に刃物を当てて削り、目的の部品形状を作る機械です。段がついている円筒やねじなど、色々な円筒形状の加工ができます。
ここでは、旋盤を使い、切削加工の知識・技能を学びます。

旋盤作業の画像

3.フライス盤作業

フライス盤とは、工具(刃物)を回転させて手動で操作しながら材料を削る機械です。段や溝がついている形状など、様々な立方体形状の加工ができます。
ここでは、フライス盤を使い、切削加工の知識・技能を学びます。

フライス盤作業の画像

4.NC旋盤基本、マシニングセンタ基本

旋盤とフライス盤をコンピュータ制御による自動加工が可能にしたものをそれぞれNC旋盤、マシニングセンタといいます。
ここでは、NC旋盤とマシニングセンタを使い、切削加工の知識・技能を学びます。

NC旋盤基本、マシニングセンタ基本の画像

5.企業実習

機械関連企業において、ものづくりや機械加工の現場の体験をします。
ここでは、企業における就労体験を通して、現場で必要な知識及び技能の確認をし、現場力を高めます。
企業実習期間の訓練時間は、実習先会社の就業規則により行われます。(1日あたり8時間程度で、約1ヶ月間)

企業実習の画像

6.フォローアップ

企業実習(現場体験)で得た体験を振り返り、不足していると思われるスキルを補完します。
ここでは、実際に使えるものを課題とし、その製作を通して組立て部品加工の知識・技能を学びます。

フォローアップの画像

受講要件

概ね45歳未満の方

過去の経験

  • 不要

事前に習得していることが望ましいスキル

NCプログラム作成ではパソコンを使用しますので、パソコンを使用したことがある方(起動・終了、ワープロソフト、表計算ソフトなど)は、さらに高い訓練効果が期待できます。

※あくまで"望ましいスキル"なので、初めての方でも問題はありません。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

    ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。

受講料

無料です。
ただし、教科書代(約7,500円)、作業帽子・安全靴・作業服(約10,000円)、職業訓練生総合保険料(4,800円)については、実費負担となります。

※作業帽子・安全靴・作業服については、現在持っているもので当該科講師の了解を得られれば購入の必要はありません。
※機械ものづくり科の入所者は、必ず職業訓練生総合保険へ加入していただきます。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

機械製図・機械加工が未経験の方でも、以下のような関連する職種に就職されています。

(前職) (修了後の職種)
飲食業店長 機械部品の製造にかかる汎用工作機械工(正社員)
土木作業員 切削工具の製造にかかるNC工作機械オペレーター(正社員)
製造業(カメラ組立) 家電製品の製造にかかるNC工作機械オペレーター(正社員)
ガソリンスタンド 機械部品の製造にかかるNC工作機械オペレーター(正社員)
大工 機械製品の製造、組立(正社員)
営業 金型の製造にかかるNC工作機械オペレーター(正社員)

訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

機械工
汎用工作機械工
NC工作機オペレータ

機械工の仕事

  • 工作機械のオペレータ
    製造業の現場(工場)で、各種の工作機械を使用し図面に従って加工を行う仕事
  • NC工作機械オペレータ
    製造業の現場(工場)で、各種のNC工作機械を使用し図面に従って加工する仕事
  • NC工作機械のプログラマ
    製造業の現場(工場)で、プログラム装置を使用し図面に従って加工プログラムの作成を行う仕事
  • 検査
    製造業の現場(工場)で、製品の検査(傷の有無や寸法が正しいかなど)を行う仕事

機械職種との相性(こんな方に向いている!)

  • 「ものづくり」に興味のある方。
  • 忍耐力があり、粘り強く、根気のある方

訓練により就職可能な主な仕事 

  • 工作機械のオペレーターの業務
  • NC工作機械のプログラミングの業務
  • 機械加工製品検査の業務
  • 機械部品製造の業務
  • 機械図面作成の業務

求人票に記載されている職種名

旋盤工、フライス盤工、NCオペレータ、マシニングセンタオペレータ、機械工、機械加工、部品加工、製品検査工

就職後の仕事例(求人票より)

  • 工作機械のオペレータ
  • マシニングセンタのオペレータ
  • NC旋盤のオペレータ
  • 製品検査
  • 旋盤工
  • フライス盤工

就職率

100.0%(2017度機械加工技術科3回修了分実績値の平均)


修了生の主な就職先(過去3年間の実績)

  • ケイエスケイツール株式会社
  • 株式会社鶴沢鉄工所
  • 西鉄車体技術株式会社
  • 株式会社東洋空機製作所
  • 東亜工機株式会社
  • 株式会社鹿島製作所

賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)
平均16万円から25万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると、汎用工作機械の操作、NC工作機械のオペレーションとプログラムの操作ができるようになります。この基本技術を活用し、工作機械を使用している関係業種の様々な職場で活躍できます。


訓練修了時に取得できる資格

自由研削用といし、機械研削用といしの取替え業務に係る特別教育修了証

  • 労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
  • 本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

技能検定 機械加工3級(普通旋盤・フライス盤)(中央職業能力開発協会)

  • 普通旋盤を使用し、内外径削り、テーパ削り、ねじ切り、偏心削り等の切削加工を行い、課題製品を製作する実技試験と学科試験によって評価されます。
  • 立フライス盤を使用し、直みぞ部、こう配部等の切削加工を行い、課題製品を製作する実技試験と学科試験によって評価されます。
訓練に関する各種資格等関係一覧 (294.04 KB)

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦するなど、さらにスキルを向上させることができます。

当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター佐賀(佐賀職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0952-26-9516

FAX

0952-26-9494

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る