本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住環境CAD科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

建築の基礎知識を理解し、福祉住環境計画、2次元CADによる住宅図面・設備図面の作成、3次元ソフト操作・模型製作等のプレゼンテーション技法、内装施工、改修の施工技術、安全衛生作業に関する知識や技能を習得します。
また、訓練修了時の目標人材像を2つ設定し、関連職種に幅広く対応できるようにしています。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 建築業務において必要となる、建築概論、福祉住環境計画、法規等を理解し、2次元CADによる建築製図、建築模型・3次元モデルの作成等のプレゼンテーション技法を習得します。
  2. 住宅改修業務において必要となる、内装工事等の施工手順習得や2次元CADによる設備図面の作成等の知識と技能を習得します。

    (下記写真の訓練課題例参照)

訓練課題例

訓練課題例の画像

総訓練時間

  • 680時間程度

1.1ヶ月ごとの訓練目標

1.住宅建築の基礎知識

お客様の要望を叶える建物を建てるためには、用途に応じた作り方やルールを知る必要があります。
ここでは、建物の基礎知識(建築物の構造・法律)、高齢者対応の住環境計画方法などを学びます。

建築基礎知識の画像

2.建築プレゼンテーション技法

お客様にご納得いただくには、要望を立体的にわかり易く説明する必要があります。
ここでは、模型やパソコンを使ってイメージを伝える技術を学びます。

建築プレゼンテーション技法の画像

3.建築CAD製図

建物を建てるためには、いろいろな種類の図面が必要になります。 ここでは、パソコンを使って建物の間取りや外観の図面を作図する方法などを学びます。

建築CAD製図の画像

4.住宅リフォーム施工

お客様の要望にあった部屋づくりを提案するためには、内装材料や工事の知識が必要です。
ここでは、自分たちで内装(床・壁・天井)工事をすることで、その知識・技能・手順などを学びます。

住宅リフォーム施工の画像

5.住宅設備の基礎知識と施工

快適で豊かな暮らしを実現するためには、設備(電気・衛生)が大きな役割を果たします。
ここでは、自分たちで設備(照明・コンセント、衛生器具)などの工事をすることで、その知識・技能・手順などを学びます。

住宅設備の基礎知識と施工の画像

6.設備CAD製図

住宅に設備(電気・衛生)の工事をするためには、基となる図面に様々な加工をする必要があります。
ここでは、パソコンを使って建物の間取り図を基にして、設備図面を作図する方法などを学びます。

福祉住環境計画の画像

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンを使用した訓練になりますので、パソコンを使用したことがある方(起動・終了、ワープロソフト、表計算ソフト)は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

    ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。

受講料

無料です。
ただし、教科書代(約15,000円)、作業服・安全靴(約9,500円)については実費負担となります。

※作業服、安全靴等については、現在持っているもので当該科講師の了解を得られれば購入の必要はありません。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例(過去の居住系コース)

建築関連の職種が未経験の方でも、下記のような職種に就職されています。
(ただし、必ずしも下記のとおり就職できるとは限りませんので、ご了承願います。)

(前職)  (修了後の職種)
システムエンジニア 建築事務所の設計補助
食料品製造業の一般事務 インテリア製品製造の
CADオペレーター兼一般事務
販売業の接客 内装工
製造業の製造職 型枠工
教育学習支援業の一般事務 不動産の営業・販売

訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

建築設計・建築技術者(施工、施工管理)・住宅販売営業

建築設計・建築技術者(施工、施工管理)・住宅販売営業の仕事

  • 建築設計
    建築基準法や消防法などの各種関係法令に基づき、住宅やビルなどさまざまな建築物の設計図を描く仕事です。建設会社や住宅メーカー、設計事務所などで働いていることが多く、個人の事務所を開いている人も多数います。
  • 建築技術者(施工、施工管理)
    工事現場で図面に従って、材料の加工や組み立てなどの様々な専門的工事をする施工部門とそれら施工部門と建築設計を橋渡し、工事が図面通りに行われているか、品質管理が適切か、工期が守られるかなど施工を指揮・監督する施工管理部門があります。建築工事は様々な工事がかかわり合いながら進んでいきますので、各種専門性はもちろんのこと、業種を超えた幅広い知識が必要となります。
  • 住宅販売営業
    住宅や土地、オフィスビルなど不動産の分譲、賃貸、販売の仲介業務を行う仕事です。間取りや建築材料、施工方法、構造概要などの情報はもちろん、住宅購入における融資制度などについても説明し、住宅に関する幅広い知識を必要とします。

建築関連の職種との相性(こんな方に向いている!)

  • 建築設計
    デザイン力や立体を把握する能力が必要になります。また、正確な図面を描く知識と技術が必要になるので、建築が好きで、集中力がある方に向いています。
  • 建築技術者(施工、施工管理)
    建築設計とは異なり、施工や施工管理は実際に使用される建物を自らの手で造ります。正確に図面を読み解く知識と施工技術が必要となるので、「ものづくり」に興味がある人や丁寧な仕事ができる人、また様々な人と話ができる協調性がある人や、仕事のチェック・スケジュール管理ができる几帳面な人に向いています。
  • 住宅販売営業
    主にお客さまに接することが多い仕事です。住宅の購入は、お客様にとっては一生に一度の大きな買い物となるので、第一に信頼を必要とします。このため、お客様の信頼を得るためにも、建築物に関する幅広い知識が必要となります。人と人との関係が重要になるため、人と接することが好きで建築物に興味のある人などに向いています。

訓練により就職可能な主な仕事 

  • 建築物の設計・設計補助の業務
  • CADオペレーターの業務
  • リフォームの設計・施工等の業務
  • 住宅営業・不動産営業等の業務
  • 家具製造関連の業務

求人票に記載されている職種名

設計職、建築設計、施工管理、現場管理、建築技術者、設計デザイン・パース作成、建築デザイン、建築スタッフ、設計デザイナー、CAD作図、住宅設計(CAD)、ハウスアドバイザー、住宅営業、家具企画・製造

就職後の仕事例(求人票より)

  • 木造住宅の建築設計及びプランニング業務
  • 構造設計図面作成及び構造計算書作成
  • 新築、リフォームプラン作成(企画提案)
  • 提案プランの設計・法規・構造・デザインのアドバイス
  • CADソフトを使った建築図面の作図業務
  • CADを使った機械設計
  • 建築デザイン・パース作成
  • 建築現場での作業
  • アパート・賃貸マンション等の仲介管理業務
  • 物件等のお客様案内

就職率

89.1%(2017年度住環境CAD科2回修了分実績値の平均)


修了生の主な就職先(過去3年間の実績 過去の居住系コース)

  • 有限会社境木工(家具製造業)
  • 住友不動産株式会社(不動産取引業)
  • セキスイハウスフォーム西日本株式会社(建築業・総合工事業)
  • 株式会社東馬(家具製造業)
  • 福岡工務店株式会社(建築業・総合工事業)
  • 山口産業株式会社(製造業・テント構造物)

賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)
平均18万円から25万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を受講することで、建築基礎知識をもとにしたCAD製図技術、プレゼンテーション技法、内装仕上げ工事、福祉住環境計画を習得することができます。この技術と知識を基に、就職先企業の業務を担当することになります。
建築関連の業種は幅広く、6ケ月間で習得した各種知識が横断的に生かされます。
就職先の仕事内容によって異なりますが、訓練で習得した職業能力の具体的な活用例として、建築設計・設備設計であれば建築知識やCAD製図技術を、建築施工であれば内装仕上げ工事を、販売営業であれば建築基礎知識やプレゼンテーション技法が活用できます。

建築関連の職種と相性(こんな方に向いている!)


訓練修了時に取得できる資格

特にありません。


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
(※ただし、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

建築CAD検定試験 ((一)全国建築CAD連盟)

建築CADソフトの技量を測る試験で、与えられた課題図面について、CADソフトを使って正しくトレースする技能を測る、あるいは、与えられた条件に基づき建築一般図面を作成する実力を測るなど、CAD技術のみでなく基本的な建築知識が必要になる試験です。(以下削除)

福祉住環境コーディネーター検定試験 (東京商工会議所)

高齢者や障がい者等利用者の立場に立ち、住みやすい住環境の整備を円滑化するために、医療・福祉・建築についての体系的で幅広い知識や、建築士やケアマネジャーなど各種専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示する手法、福祉用具や諸施策情報など、福祉住環境のアドバイスに必要な知識等をはかる民間の検定試験です。

訓練に関する各種資格等関係一覧 (294.04 KB)

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦するなど、さらにスキルを向上させることができます。

当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター佐賀(佐賀職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0952-26-9516

FAX

0952-26-9494

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る