本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

ポリテクセンター佐賀便り 平成26年度

ポリテクセンター佐賀便りでは、当センターで行われているイベント等を随時掲載していきます。

平成26年度

「さがものづくり技能フェスタ2014」にて“ものづくり体験教室”を開設!(H26.11.16)NEW!

平成26年11月16日(日)、多久市にある佐賀県立産業技術学院において、「さがものづくり技能フェスタ2014」が佐賀県技能振興コーナー(佐賀県職業能力開発協会内)の主催で盛大に開催されました。当日は天気も大変良く、昨年を大きく上回る多くの方が来場されました。
当ポリテクセンターも同フェスタにおいて昨年に引き続き“ものづくり体験教室”を開設し、LED点滅回路づくりに21名、木製貯金箱づくりに58名の参加をいただきました。幼児、小学生が多かったのですが、中には熟年の方も童心に返って一生懸命になっておられました。

セレモニー会場でもある来場門の写真

セレモニー会場でもある来場門

当ポリテクセンターのコーナーの写真

当ポリテクセンターのコーナー

LED点滅回路作りのパネルの写真

LED点滅回路づくり

はんだ付けをする小学生の写真

はんだ付け、気をつけてね。

貯金箱づくりのパネルの写真

木製貯金箱づくり

貯金箱をつくる小学生の写真

この貯金箱で、お金いっぱい貯めるぞー!

消防避難訓練を実施しました。(H26.10.24)

平成26年10月24日(金)14時50分より、当センター構内にて訓練生と職員を対象に佐賀消防署職員立ち合いの下、消防避難訓練を実施しました。
実習場から出火したという想定の下に、火災発生の通報、避難誘導、人員把握・確認等の訓練を行い、続いて消防設備点検業者の指導を受けて、水消火器による模擬消火訓練と実際に消火栓を使った放水訓練を行いました。イメージでは分っているつもりでも実際に行ってみると勝手が違う消火の仕方に参加者は初めのうちは戸惑いがちでしたが、消防設備点検業者の丁寧な手ほどきにより次第に方法が理解できたようでした。
佐賀消防署員の全体講評の後、火災通報の手順や初期消火の方法についてビデオ上映(職場で取り組む防火管理)を行い、16時30分に訓練を終了しました。

水消火器による消火訓練の写真

「火元に狙いを定めて…」
水消火器による消火訓練

消火栓による放水消火訓練の写真1

「水圧に押されないように、しっかりと踏ん張って!」

消火栓による放水消火訓練の写真2

消火栓にホースを繋いで、放水の実践練習

初期消化や通報の仕方等のビデオによる学習の写真

ビデオ上映による初期消火や通報の仕方等の学習

伊万里市立南波多中学校が当施設を見学に訪れました。(H26.9.10)

平成26年9月10日(水)、伊万里市立南波多中学校1年生29名と引率教諭2名による当施設の見学が行われました。これは、厚生労働省の若年技能者人材育成支援等事業を、佐賀県職業能力開発協会が委託を受けて実施している取り組みの中の「ものづくり現場、訓練施設見学会」として実施したものです。
実習場の見学では、初めて目にする各種工作機械や訓練風景に興味深く見入り、担当者の説明に熱心にメモを取る姿が見受けられました。また、見学後には多くの質問が飛び交い、生徒たちの「ものづくり」に対する関心の高さを伺うことができました。

主な感想

  • 職に就くために訓練に頑張っている方の姿を見ることができました。この見学で得たものを生活に活かしていきたい。
  • 施設見学を通して、自分の進路について少し考えることができました。
  • ポリテクセンターは何をしているところか初めのうちは判りませんでしたが、見学してみて色々な訓練職種があり、社会に役立つ「もの づくり」の技術を学んでいることを知りました。
  • 質問に対して、判りやすく丁寧に教えていただきありがとうございました。
旋盤を使って加工した工作物の説明を行う写真

旋盤を使って加工した工作物の説明

シールドを持ってアーク溶接作業を見学する中学生の写真

シールドを持ってアーク溶接作業を見学

模擬家屋の屋内配線実習風景の写真

模擬家屋の屋内配線実習風景

自動制御のデモンストレーションの写真

自動制御のデモンストレーション
ロボットによる材質の分別作業

マシニングセンタのデモンストレーションの写真

マシニングセンタのデモンストレーション

初めて見る数値制御工作機械と正確な切削作業に生徒の目は釘付け

初めて見る数値制御工作機械と正確な切削作業に生徒の目は釘付け

訓練生が「先生」になってCAD操作を教える微笑ましい風景の写真1

訓練生が「先生」になってCAD操作を教える微笑ましい風景

訓練生が「先生」になってCAD操作を教える微笑ましい風景の写真2
オペレーションに興味津々

オペレーションに興味津々

平成26年度親子ものづくり体験教室を開催しました。(H26.8.3)

平成26年8月3日(日)、当センターにおいて「親子ものづくり体験教室」を開催しました。これは、将来の日本の「ものづくり」を担う小学生の高学年を対象に「ものづくり」に関心を持ってもらう契機となるよう、平成21年度から取り組んでいる事業です。早朝からの激しい雨にもかかわらず、佐賀市内と神埼市内の小学生及びその保護者63組142名の参加があり、「ものづくり」の楽しさと素晴らしさを味わっていただきました。コースごとに各会場に分かれて体験教室が始まり、先生の指示に従って慣れない手つきで工具を持ち、組立作業をする子供たちの表情は真剣そのもの。先生や保護者の手助けを受けながら設計図に沿って作業を進めていき、作業終了時には自分だけのオリジナル作品を作り上げた喜びと満足感が満ち溢れていました。

《体験教室作品及び作業風景》 「銅板昆虫」、「キーホルダー」、「玄関表札」、「LED懐中電灯」、「ベンチ」

銅板昆虫

お母さん頼もしく見守る写真
お父さんも手を出さずにいられない
かっこいいでしょ!

【参加者の感想】

(子供)チョー楽しかった!特に作品を薬に浸して変色していく過程が楽しかったです。
(保護者)初めての経験でしたが、楽しいことばかりでした。

キーホルダー

キーホルダーづくり写真1(まず、イニシャル字をきれいに切って)
キーホルダーづくり写真2(お父さん手を添えて)
キーホルダーづくり写真3(もうすぐできるよ)

参加者の感想】

(子供)ポンチの使い方が難しかったが、作る工程は楽しかったです。
(保護者)工具等に触ったことがなかったので、新鮮さと難しさが入り混じっていました。しかし形が作られていく過程の楽しさを感じました。

玄関表札

玄関表札づくり写真1(型紙に沿って)
玄関表札づくり写真2(きちんと仕上げるよ)
玄関表札づくり写真3(どうです、よくできたでしょ)

【参加者の感想】

(子供)ポンチで型を出す細かい作業が難しかったが良い経験ができました。ものづくりが社会人になる第一歩と手応えを感じました。
(保護者)子供がやってみたいと言うので応募しました。経験したことがないことばかりでしたが先生のアドバイスを受けて順調に進みました。

LED懐中電灯

LED懐中電灯づくり写真1(結構、部品が多い)
LED懐中電灯づくり写真2(狙いを定めてはんだ付け)
LED懐中電灯づくり写真3(完成したよ)

【参加者の感想】

(子供)ハンダ付けが楽しかった。ものづくりは最初は難しいと思っていましたが、やってみると以外と楽しかったです。
(保護者)ものづくりの体験を子供にさせたかったので、ポリテクセンターでのイベントは絶好の機会でした。

ベンチ

木製ベンチづくりの写真1(電動ドライバー、お父さんもおっかなびっくり)
木製ベンチづくりの写真2(桐を使ってねじ穴づくり)
木製ベンチづくりの写真3(一家五人で作り上げたよ)

【参加者の感想】

(子供)最初のうちは難しかったが、作業が進んでいくうちに楽しくなってきました。
(保護者)家で作ってみたいという気持ちはありましたが、実行に移すことが無かったので、こういう機会が持てて良かったです。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る