ページの先頭です
ここから本文です

材料利用技術


金属材料の加工特性と切削加工現場の生産性


訓練内容 鉄鋼材料は元素の組み合わせでいろいろな種類が作られています。また、その鋼材を加工する切削工具も元素からできています。鋼材の特性をもたらす元素や結晶につい て理解することにより切削工具や条件の選定方法を習得します。

1.元素から見た鉄鋼材料の知識
2.添加元素と熱処理
3.材料の特性に合わせた切削加工の知識
4.加工改善と生産性
5.材料別の成分表を読み説く

講師:横山 明宜
訓練対象者 −−−
使用機器 −−−
持参品 関数電卓、筆記用具
定員 12 人
訓練時間 12 時間
受講料 9,200 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2301 7/5,6
(9:15〜16:00)
 
2302 2018/2/7,8
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



各種材料の熱処理実践技術


訓練内容 鉄鋼材料の一般熱処理(焼入れ、戻し、ならし、なまし)の原理と方法、鉄鋼材料の分類と熱処理特性、各種表面硬化法の概要について、実習を通して習得します。

1.鉄鋼材料の一般熱処理
2.鉄鋼材料の種類と熱処理特性
3.表面硬化法について
4.熱処理作業実習(一般熱処理、サブゼロ処理、固溶化熱処理)
5.熱処理評価実習(金属組織観察、硬さ試験)

※H28年度に開催した「金属熱処理実践技術」のコース名と受講日数を変更しました。
訓練対象者 −−−
使用機器 電気炉、油冷槽、バフ研磨機、腐食液、硬さ試験機、金属顕微鏡
持参品 作業着(上着のみで可)、筆記用具
定員 12 人
訓練時間 14 時間
受講料 13,800 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
0001 6/5,6
(9:15〜17:00)
 
0002 9/13,14
(9:15〜17:00)
 
0003 11/13,14
(9:15〜17:00)
 
特記事項  



お問い合わせ先

事業課 事業主支援係
TEL:06−6383−0064
FAX:06−6383−0961
E−Mail:kansai-poly03@jeed.or.jp