ページの先頭です
ここから本文です

NC加工技術


切削加工におけるコストダウンと利益改善〜新原価計算とコストダウン技術〜


訓練内容 切削加工における効率化・最適化をめざして、経済性を重視した生産効率の向上を実現するために必要なツーリング技術、切削工具、切削条件、工具寿命や原価計算などを理解し、切削加工における生産性の改善・向上、コストダウンのポイントを習得する。

1.経済性を重視したツーリング
2.切削加工の効率化
3.原価計算のポイント
4.実習課題

講師:切削加工技術アドバイザー 小坂 弘道
訓練対象者 NC工作機械で使用される切削工具の知識のある方(ツーリングシステム)
使用機器 −−−
持参品 関数電卓、筆記用具
定員

12 人

訓練時間 12 時間
受講料 13,800 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2161 6/14,15
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



カスタムマクロ実践技術


訓練内容 NC工作機械の段取りやプログラム作成の高能率化、新機能の作成など、NCのカスタムマクロによるカスタマイズ方法と特徴を理解し、業務を効率化するためのカスタマイズ手法を習得します。

1.カスタムマクロとは
2.プログラムの機能
3.システム変数
4.マクロプログラムの呼び出し方法
5.自動測定
6.実行のタイミング
訓練対象者 「マシニングセンタ技術(プログラム〜加工編)」を受講された方又は同等の知識をお持ちの方
使用機器 マシニングセンタ(牧野フライス製作所V56)
持参品 関数電卓、筆記用具
定員 10 人
訓練時間 18 時間
受講料 14,400 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2221 6/20,21,22
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



NC旋盤技術(プログラム〜加工編)


訓練内容 基本的なプログラムを理解し、プログラミングをより効率化する知識、およびノーズR補正の適切な使い方を理解し、高精度加工に対応した知識等により、実践的なプログラミング・加工方法を習得します。

1.概要
2.各種機能と応用
3.プログラミング課題実習
4.加工実習
訓練対象者 −−−
使用機器 NC旋盤(森精機)
持参品 作業服、関数電卓、筆記用具
定員 10 人
訓練時間 24 時間
受講料 17,400 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2241 5/23,24,25,26
(9:15〜16:00)
 
2242 6/6,7,8,9
(9:15〜16:00)
 
2243 9/25,26,27,28
(9:15〜16:00)
 
2244 2018/1/16,17,18,19
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



マシニングセンタ技術(プログラム〜加工編)


訓練内容 基本的なプログラムを理解し、プログラミングをより効率化する知識、および工具径補正の適切な使い方を理解し、高精度加工に対応した知識等により、実践的なプログラミング・加工方法を習得します。

1.NC加工概論
2.マニュアルプログラミング
3.課題解説
4.プログラミング課題実習
5.加工実習
訓練対象者 −−−
使用機器 マシニングセンタ(牧野フライス製作所V56)
持参品 作業服、関数電卓、筆記用具
定員 10 人
訓練時間 24 時間
受講料 17,600 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2281 7/11,12,13,14
(9:15〜16:00)
 
2282 9/19,20,21,22
(9:15〜16:00)
 
2283 11/14,15,16,17
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



お問い合わせ先

事業課 事業主支援係
TEL:06−6383−0064
FAX:06−6383−0961
E−Mail:kansai-poly03@jeed.or.jp