ページの先頭です
ここから本文です

機械加工技術


旋盤のテクニック


訓練内容 旋盤作業において、各種加工(外径・内径切削、ローレット加工、ねじ切り加工、テーパ加工等)を高精度に行うための切削理論や加工のための手法を理解し、実践的な知識と技能を習得します。

1.概要
2.高精度部品の加工
3.各種加工法
 (1)外径加工・段付け加工
 (2)溝加工
 (3)ローレット加工
 (4)ねじ切り加工
 (5)テーパ加工
 (6)内径加工
4.総合課題実習 (複雑形状部品)
5.仕上げ面精度の確認・評価
訓練対象者 機械加工業務に従事し、ノギス、マイクロメータ等の基本的な測定器が使用できる方
使用機器 汎用旋盤、各種切削工具、各種測定器
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 9 人
訓練時間 24 時間
受講料 24,300 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2011 9/5,6,7,8
(9:15〜16:00)
 
2012 9/26,27,28,29
(9:15〜16:00)
 
2013 2018/3/13,14,15,16
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



フライス盤のテクニック


訓練内容 フライス盤作業において各種加工(六面体加工、溝削り、勾配合わせ等)を高精度に行うための切削理論や加工のための手法を理解し、実践的な技能・技術を習得します。

1.概要
2.高精度加工
3.総合課題実習
 (1)六面体加工
 (2)溝削り
 (3)勾配合わせ
4.精度評価
訓練対象者 機械加工業務に従事し、ノギス、マイクロメータ等の基本的な測定器が使用できる方
使用機器 フライス盤、各種切削工具、各種測定器
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 9 人
訓練時間 30 時間
受講料 30,000 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2031 6/26,27,28,29,30
(9:15〜16:00)
 
2032 12/11,12,13,14,15
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



旋盤加工技術(技能トライアル編)


訓練内容 機械部品加工における旋盤加工作業の技能高度化や高能率化をめざして、要求される精度や加工効率を満足するために求められる技術・技能や改善・問題解決能力を、技能検定課題を例に使用工具、加工手順、作業時間等の分析を通じて習得する。

1.コース概要及び技能検定概要
2.加工工程の考え方と作業手順書
 (1)技能検定(普通旋盤作業)の実技課題について
 (2)加工工程の考え方と注意点及び作業手順書の作成
3.切削工具とツーリング
4.加工条件と作業時間
 (1)検定課題を例にした加工条件の考え方及び加工時間の計算方法
5.課題加工実習による検証と対策
訓練対象者 「旋盤のテクニック」を受講された方又は相当の技能を有する方
使用機器 汎用旋盤、各種切削工具、各種測定器
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 10 人
訓練時間 18 時間
受講料 19,000 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2051 2018/3/27,28,29
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



フライス盤加工技術(技能トライアル編)


訓練内容 機械部品加工におけるフライス盤加工作業の技能高度化や高能率化をめざして、要求される精度や加工効率を満足するために求められる技術・技能や改善・問題解決能力を、技能検定課題を例に使用工具、加工手順、作業時間等の分析を通じて習得する。

1.コース概要及び技能検定概要
2.加工工程の考え方と作業手順書
 (1)技能検定(フライス作業)の実技課題について  
 (2)加工工程の考え方と注意点及び作業手順書の作成  
3.切削工具とツーリング
4.加工条件と作業時間
 (1)検定課題を例にした加工条件の考え方及び加工時間の計算方法
5.課題加工実習による検証と対策
訓練対象者 「フライス盤のテクニック」を受講された方又は相当の技能を有する方
使用機器 フライス盤、各種切削工具、各種測定器
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 9 人
訓練時間 18 時間
受講料 21,400 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2061 9/12,13,14
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



工具研削実践技術


訓練内容 旋盤作業で使用される切削工具(バイト)の知識及び工具研削に必要な切削理論、工具研削の実践技能を習得します。

1. 両頭グラインダーによる研削基本作業
2.旋盤用バイト活用技術
3.ドリル活用技術
4.総合課題
訓練対象者 −−−
使用機器 両頭グラインダー、旋盤、ボール盤
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 8 人
訓練時間 18 時間
受講料 21,500 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2701 8/21,22,23
(9:15〜16:00)
 
2702 9/13,14,15
(9:15〜16:00)
 
2703 11/14,15,16
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



難削材の切削加工技術


訓練内容 旋削作業における難削材加工の技能高度化をめざして、難削材料の機械的性質及び加工特性と各種工具の特性について理解し、加工精度と工具損傷の評価から最適な切削条件の設定及び加工法について習得します。

1.難削材の特性
2.難削材に適した切削工具
3.難削材の切削加工
4.難削材加工とトラブル対策

講師 : 株式会社タンガロイ
訓練対象者 −−−
使用機器 普通旋盤、各種工具、フライス、NC旋盤
持参品 関数電卓、筆記用具
定員 12 人
訓練時間 12 時間
受講料 調整中
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2721 9/12,13
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



切削加工のトラブルシューティング


訓練内容 切削加工作業の最適化・効率化をめざして、切削加工における工具材料や工具損傷状態、また切り屑生成等を理解することにより、適正な切削工具を選定するための知識・技術を習得する。

1.工具材料について
2.工具形状について
3.工具損傷について
4.チップブレーカと切り屑生成
5.切削実験
6.まとめ

講師:株式会社タンガロイ
訓練対象者 −−−
使用機器 普通旋盤、各種工具、切削動力計
持参品 関数電卓、筆記用具
定員 12 人
訓練時間 12 時間
受講料 調整中
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2801 2018/1/10,11
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



実践旋盤加工技術(営業・事務職編)


訓練内容 機械製造業務の効率化をめざして、切削理論から汎用旋盤加工を通して、製造現場や顧客の要望に円滑に対応できる知識と技術を習得する。

1.各種測定法
2.切削理論と加工条件
3.旋盤工具について
4.旋盤加工実習
訓練対象者 −−−
使用機器 −−−
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 10 人
訓練時間 18 時間
受講料 16,300 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2101 11/7,8,9
(9:15〜16:00)
 
2102 12/20,21,22
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



実践フライス盤加工技術(営業・事務職編)


訓練内容 機械製造業務の効率化をめざして、切削理論から汎用フライス盤加工を通して、製造現場や顧客の要望に円滑に対応できる知識と技術を習得する。

1.各種測定法
2.切削理論と加工条件
3.フライス工具について
4.フライス盤加工実習
訓練対象者 −−−
使用機器 −−−
持参品 作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
定員 10 人
訓練時間 18 時間
受講料 17,900 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
2111 10/25,26,27
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



お問い合わせ先

事業課 事業主支援係
TEL:06−6383−0064
FAX:06−6383−0961
E−Mail:kansai-poly03@jeed.or.jp