ページの先頭です
ここから本文です

低圧電気設備技術


低圧電気設備の機器選定技術


訓練内容 低圧電気設備における選定作業の技能高度化をめざして、環境に配慮した照明及び電動機などの各種低圧機器を理解し、照明設計及びLED化における省エネ効果試算などを習得します。

1.低圧電気設備の概要
2.低圧電気設備用機器(電線、ブレーカ、ELB、分電盤、照明)
3.照度計算
4.省エネルギー技術(法令、電気料金削減量及びCO2削減量試算)
訓練対象者 −−−
使用機器 照明器具(白熱灯、蛍光灯、水銀灯、LED灯)、照度計
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10 人
訓練時間 12 時間
受講料 10,600 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1001 4/13,14
(9:15〜16:00)
 
1002 10/19,20
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



低圧電気設備の保守点検技術


訓練内容 低圧電気設備における保守点検作業の技能高度化をめざして、各種測定器の活用法を理解し、安全な測定技術を習得します。

1.低圧電気設備の保守点検概要
2.低圧電気設備の保守点検実習(検電、接地抵抗、絶縁抵抗)
3.省エネ機器の保守点検実習(電力測定、PWM測定、高調波測定)
訓練対象者 「低圧電気設備の機器選定技術」受講の方、または同等の技術をお持ちの方
使用機器 検電器、回路計、クランプメータ、絶縁抵抗計、接地抵抗計、クランプ形電力計、サーモグラフィ
持参品 筆記用具、作業服、作業帽
定員 10 人
訓練時間 12 時間
受講料 10,600 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1011 5/18,19
(9:15〜16:00)
 
1012 11/9,10
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



低圧配電機器選定と保護協調


訓練内容 配電盤・制御盤設計及び組立において、配線用遮断器や漏電遮断器を選定するにあたり必要となる関連法規や電気回路の計算知識(パーセントインピーダンス法、インピーダンスマップなど)を習得します。また、選択遮断方式における保護協調の取り方を高圧を含めて習得します。

1.保護機器選定の基礎
2.配線用遮断器の選定
3.漏電遮断器の選定
4.保護協調
訓練対象者 「低圧電気設備の機器選定技術」受講の方、または同等の技術をお持ちの方
使用機器 MCCB、ELCB、訓練用高圧受変電設備(開放型、キュービクル)
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10 人
訓練時間 12 時間
受講料 10,600 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1021 9/28,29
(9:15〜16:00)
 
1022 2018/3/15,16
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



お問い合わせ先

事業課 事業主支援係
TEL:06−6383−0064
FAX:06−6383−0961
E−Mail:kansai-poly03@jeed.or.jp