ページの先頭です
ここから本文です

環境・省エネルギー技術


太陽光発電システムの施工と検証


訓練内容 住宅用及び公共・産業用太陽光発電システムの構成を理解し、屋根への架台取付実習を行い、実践的技能を習得します。また、太陽光発電システムの現状課題と対策を検証します。

1.太陽光発電システム概要
 (1)住宅用
 (2)公共・産業用
2.太陽光発電システム施工実習
 (1)陸屋根
 (2)和瓦・洋瓦
 (3)スレート
3.太陽光発電システム現状の課題
訓練対象者 −−−
使用機器 太陽光発電システム2種類、模擬家屋4種類(陸屋根、和瓦、洋瓦、スレート)、系統連系
持参品 筆記用具、作業服、作業帽
定員 10 人
訓練時間 12 時間
受講料 13,200 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1151 10/16,17
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



現場における太陽光発電システムの保守とメンテナンス技術


訓練内容 住宅用及び公共・産業用太陽光発電システムの構成を理解し、PVテスターを利用した実践的保守技能を習得します。

1.太陽光発電システム概要
 (1)システム構成
 (2)各機器の動作と特性
 (3)点検項目と要領
2.実習
 (1)測定器使用法
 (2)日射量測定、I−V測定、パワコン測定
3.故障箇所探索法
訓練対象者

「太陽光発電システムの施工と検証」受講の方、または同等の技術をお持ちの方

使用機器 太陽光発電システム2種類、模擬家屋4種類(陸屋根、和瓦、洋瓦、スレート)、PVテスター
持参品 筆記用具、作業服、作業帽
定員 10 人
訓練時間 12 時間
受講料

13,200 円

コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1161 7/13,14
(9:15〜16:00)
 
1162 2018/1/22,23
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



省エネルギーのための電気管理


訓練内容 建築物における保守・点検の技能高度化をめざして、省エネルギー対策を進めるための技能・技術を習得します。

1.関係法令
 (1)省エネ法
 (2)温対法
 (3)条例
2.省エネの進め方
3.省エネ手法
 (1)デマンド管理
 (2)電気機器の損失と省エネ対策
4.データ解析
訓練対象者 −−−
使用機器 クランプメーター、電力計測器、二酸化炭素濃度測定器、検電器、インバータ、三相誘導電動機、パソコン
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10 人
訓練時間 18 時間
受講料 13,200 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1171 6/14,15,16
(9:15〜16:00)
 
1172 12/6,7,8
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



計測・検証による省エネルギーシミュレーション


訓練内容 建築設備における保守・点検の技能高度化をめざして、省エネ対策に必要な計測及びデータ解析をするための技能・技術を習得します。

1.ESCO事業概要
2.計測・検証
 (1)事務用・民生用機器の消費電力
 (2)産業機器の消費電力
3.多変量解析によるモデル化実習
訓練対象者 −−−
使用機器 空調設備、太陽光発電システム、電力計測器、パソコン
持参品 筆記用具
定員 10 人
訓練時間

12 時間

受講料 10,600 円
コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1181 9/14,15
(9:15〜16:00)
 
1182 2018/1/15,16
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



電気設備の省エネルギー設計技術(照明設備編)


訓練内容 一般電気設備の省エネ効率化をめざして、環境に配慮した照明設計方法により、機能と省エネを両立した照明設備設計技術を習得します。

1.照明の基礎
2.照明設備
3.LED照明
4.事例紹介
5.照明設計演習

講師:株式会社センダイ技術士事務所 千代 和夫
訓練対象者

電気設備設計業務に従事する技能・技術者等であって省エネに関心のある方

使用機器 各種照明設備、照度計、照度計算ソフト、パソコン
持参品 筆記用具、作業服、関数電卓
定員 10 人
訓練時間 12 時間
受講料

14,500 円

コースNo. 日程(実施時間帯) 備考
1191 6/19,20
(9:15〜16:00)
 
1192 12/18,19
(9:15〜16:00)
 
特記事項  



お問い合わせ先

事業課 事業主支援係
TEL:06−6383−0064
FAX:06−6383−0961
E−Mail:kansai-poly03@jeed.or.jp