本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電子機器技術科(社会人基礎講習付きコース)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

テレビや洗濯機などの家電製品、携帯電話や小型音楽プレーヤーなどの電子機器、車や電車などの乗り物、私たちの身近にあるものの動作はどの部分が決めているのでしょうか?実は、それらの機器には、小さなコンピュータ(マイクロコンピュータ)をベースとする電子回路が組み込まれています。その回路が機器に命令を送ることによって、さまざまな動作を実現しています。そのため企業が求めている人材は、ハードウェア(回路)とソフトウェア(プログラム)のどちらにも精通する技術者です。
電子機器技術科では、ハードウェアからソフトウェアまでの幅広い技術・技能を習得します。家電やコンピュータ等のものづくりに興味のある方、また、現場ではプロジェクトの一員として開発することになるので、協調性やコミュニケーション能力を高めたい方をお待ちしております。
みなさんが様々なフィールドで活躍できるよう、私達は全力でサポートします。

訓練全体の仕上がり像(訓練目標)

  • 電気・電子回路の製作ができる。
  • マイコン及びパソコンによる制御・計測ができる。
訓練課題例1

訓練課題例1

訓練課題例2

訓練課題例2

訓練到達目標

1.社会人基礎講習

将来の働き方のキャリアビジョン(自分のありたい姿・理想)や訓練志望動機を再確認しながら、就職活動や訓練受講に必要なビジネスマナーやパソコン操作及びコミュニケーション能力等の基礎的能力を習得します。

2.電気理論基礎

電気回路について基礎から学びます。オームの法則、回路で使用する部品、工具や計測機器の使用方法を身に付けます。

電気理論基礎
3.マイコン制御

電子機器を動かすためには、小さなコンピュータ(マイクロコンピュータ:マイコン)が必要です。マイコンを動かすためには、専用の言葉で命令を書き込む必要があります。訓練では、C言語を用います。

マイコン制御
4.デジタル回路

デジタル回路とは、電気が流れているか流れていないかを、1と0で表す回路です。実際に回路を組み立てながら基礎から学びます。また、ICの中にデジタル回路を作るVHDLについても学びます。応用課題として、デジタル時計を作ります。

デジタル回路
5.シーケンス制御

工場内の制御で用いられる、リレー、PLC制御の図面の見方等を理解し、配線・回路製作法を習得します。

シーケンス制御
6.アナログ回路

トランジスタ回路やオペアンプ回路の基礎、電子回路シミュレーションを用いた解析に関する技術を習得します。応用として、オーディオアンプ回路やリニア電源回路の製作を行います。

アナログ回路
7.基板製作

プリント基板を製作するためのCADの使用方法について学びます。

基板製作
8.自走ロボット製作

6ヶ月のまとめとして、自走ロボットの製作をグループで行います。製作を通し、モーター回路、センサ回路、マイコン制御について習得します。

自走ロボット製作

受講要件

過去の実務経験

  • 特になし

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 電気の基礎知識(オームの法則等)を有している方が望ましい。
  • 基本的なパソコンスキル(Windows の基本操作、Word・Excelでの文字入力)を持っていること。

各訓練科共通要件

  • 【1】現在、積極的に就職活動をしている方
  • 【2】訓練期間中も、積極的に就職活動を持続できる方
  • 【3】希望訓練コース内容を充分理解し、自分の職歴等も加味して具体的に再就職をイメージしている方
  • 【4】全日程を受講することができる方
  • 【5】公共職業安定所長の受講指示、受講推薦、支援指示を受けることのできる方

※訓練を受講するためには上記【1】~【5】の要件に加え、「受講者選考」を受け合格する必要があります。

(「受講者選考」については「 応募から訓練開始までの手続の流れ 」をご覧ください。)

※以下の1~3に該当する方は受講できません。

  1. 訓練開始日及び訓練期間中に在職中の方
  2. 他の公共職業訓練又は求職者支援訓練を受講修了後、1年以内の方
  3. 過去1年以内に受講された公共職業訓練又は求職者支援訓練を正当な理由なく中途で辞められた方

受講料

無料です。ただし、教科書代等(約4,000円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種

電子機器技術科で訓練を受講し、以下のような関連する職種に就職された方がいます。

(前職)    (修了後の職種)
検査業務  → 電子回路製作
サービス業 → プログラマ
営業    → サービスエンジニア
回路設計  → 制御盤設計
電気工事  → 電子回路設計


訓練に関する職種と仕事内容

職種との相性(こんな方に向いている。)

  • 家電やコンピュータ等の仕組みに興味のある方
  • 回路図が読めるプログラマーになりたいという方
  • 協調性やコミュニケーション能力を高めたい方

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気・電子機器の製作、評価、検査、修理
  • 電子機器組み立て
  • プログラムのデバッグ作業

求人票に記載されている職種名

  • 電子回路製作
  • 組込みマイコンプログラマ
  • システムエンジニア
  • 技術営業、サービスエンジニア

就職率

90.5%(平成27年度実績)


賃金情報

 
プリント配線工
41.1才
259.2千円
軽電機器検査工
40.3才
213.1千円
システム・エンジニア
38.0才
400.6千円
プログラマ
32.7才
299.1千円

出展 厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」平成28年2月発表


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

「電子回路の製作」、「組込み型マイコンによるソフトウェア開発」、「PLC制御技術」に関する知識、技能を習得することにより、製造業における電子機器の製作、ソフトウェア開発、制御盤設計の業務に従事することができます。
 

任意に取得できる資格

訓練で習得した技術を活かして、任意に受検して取得できる資格の一例です。
※ただし、合格を保証するものではありません。また、資格の詳細については各実施機関へお問い合わせ下さい。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

基本情報技術者試験

電子機器組立て2級技能士検定


就職後のスキルアップ

就職後は、就職先の実務経験を活かしながら、当センターで実施している短期間の在職者向けの職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講することにより、さらなるスキルの向上を目指すことができます。

当センターでは、各種 在職者向け職業訓練 を用意しておりますので、お気軽に 事業課 までご相談ください。
 

お問い合わせ先

指導課 受講者係

TEL

06-6383-9711

FAX

06-6383-0961

E-Mail

kansai-poly02@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る