本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

応募から訓練開始までの手続の流れ

1.訓練科選択

 就職を目指して職業訓練の受講を希望される方を対象に、 見学説明会 を開催しております。 見学説明会に参加いただき、実際の施設、実習機器や実習風景を自分の目で見ることで、あなたに最適なコースを見つけてください。小学校就学前の児童の保護者の方へ託児サービス(実費分を除く利用料無料)のご案内をしております。見学説明会をお申込みの際にご相談ください。
 

2.応募

居住地を管轄する ハローワーク(別ウィンドウで開きます) の職業訓練窓口で事前に訓練の受講についてご相談のうえ、「受講申込書」を志望する訓練コースの募集期間中にハローワークの職業訓練窓口へ提出してください。

  • 写真(タテ4cm×ヨコ3cm、最近6ヶ月以内に撮影した正面顔写真)が必要となります。
  • 郵送及び代理申込では受付けておりません
  • 当センターで開講する他の訓練コースとの併願はできません。
  • 「受講申込書」がハローワークの窓口にて受理されますと「応募票」が交付されますので、選考当日にお持ちください。

3.応募要件

ハローワーク(公共職業安定所)(別ウィンドウで開きます) に求職申込をされている方で、公共職業安定所長の受講指示、受講推薦又は支援指示を受けられる方が対象となります。若年者コース(機械加工NC技術科、組込みマイコン技術科)は概ね45歳未満の方が対象となります。詳しくはお近くのハローワークへお問い合わせください。

以下(1)~(3)に該当する方は受講できません。
(1)訓練開始日及び訓練期間中に在職中の方
(2)他の公共職業訓練又は求職者支援訓練を受講修了後、1年以内の方※
(3)過去1年以内に受講された公共職業訓練又は求職者支援訓練を正当な理由なく中途で辞められた方
※求職者支援訓練基礎コースについては、受講修了後1年以内であっても公共職業安定所が必要と認めた場合は受講可能 

4.受講者選考

訓練の受講要件を全て満たしているかを確認をするため、筆記選考と面接を実施し、合計評価点を基に受講候補者を決定いたします。

【受講要件】訓練を受講できるのは次の要件をすべて満たす方です。
(1) 訓練に関連する職種への就職を希望している方
(2) 訓練を受講することに熱意を有する方
(3) 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有する方
(4) 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態や受講態度等)

  • 選考会場 / ポリテクセンター関西
  • 持参する物 / 応募票、筆記用具(鉛筆・ボールペン・消しゴム)
  • 開始時間 / 応募票に記載された選考日時(時間厳守)

注1 筆記選考は、訓練内容を理解するために必要な基礎学力や安全上求められる注意力を確認するため次の分野を出題します。

(1)言語・文章力 (2)計算力 (3)形状把握力 (4)安全に係る注意力

注2 応募者が定員を超える場合は、受講要件を満たしていても受講できないことがあります。

注3 受講要件を一つでも満たしていない方は、十分な技能等を身につけていただくことや実習において安全を確保することに課題が生じる恐れがあるため、定員充足の有無にかかわらず、不合格となる場合があります。

注4 年齢(年齢を特定したコースを除く)や性別など、受講要件に関係ない事項は選考結果には影響しません。

注5 応募者多数の場合、選考当日の面接の際に待ち時間が生じることを、あらかじめご了承ください。

注6 選考日当日に遅刻した場合は選考会場に入場できませんのでご注意ください。

5.選考結果通知

  • 選考結果は、合否に関わらず受験者ご本人様あてにポリテクセンター関西から郵送により通知します。
  • 期日を過ぎても通知がお手元に届かない場合は、お問い合わせください。
  • 合否に関するお問い合わせは、一切お答えできませんのでご了承ください。

6.入所前オリエンテーション

  • あらかじめ指定した日に、入所前オリエンテーションを開催し、必要書類や入所にあたっての留意事項について説明します。

7.訓練開始

  • 受講開始日に入所式を行います。(追加募集選考後本訓練の初日から開講するコースを除く)
  • 受講料は無料です。ただし、教科書及び作業服等の諸経費は実費をご負担いただきます。
  • 通常の訓練時間は、月曜日から金曜日の9:00~15:10 (予定)です。
  • 目指す仕事が決まるまで、訓練と並行して就職活動に取り組んでいただきます。

お問い合わせ先

指導課 受講者係

TEL

06-6383-9711

FAX

06-6383-0961

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る