本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

本コースは"電気設備工事"、"制御盤製作"に対する施工を中心とした2職種の就職に向け訓練を提供します。さらに、平成23年度より「太陽光システム」の訓練を導入しましたので、"環境・省エネ"に対する技能・技術・知識のある省エネ推進者として貢献できます。
"頭を使い体も使う仕事"であること、"長期的に物事を考えられる方"、"物事の全体像を捉えることができる方"、そして"熱意のある意欲的な使命感・責任感のある方"の挑戦をお待ちしております。

訓練全体(6ヵ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 電気設備工事ができる。
  • シーケンス制御及びPC制御回路の設計・施工ができる。
電気工事実習風景

電気工事実習風景

太陽光工事実習風景

太陽光工事実習風景

制御盤製作実習風景

制御盤製作実習風景

継電器試験実習風景(高圧受変電設備)

継電器試験実習風景(高圧受変電設備)

訓練到達目標

1.電気工事基礎

電気工事を行うにあたり、労働現場における安全の理解と施工法を学び、読図に関する技能・技術を習得します。

電気工事基礎
2.電気工事応用

工場内における電気設備工事に係る工具の使用方法や施工に関する知識及び技能・技術等を習得します。

電気工事応用
3.太陽光システム工事・温暖化防止の省エネ

太陽光発電システムの構成・施工に関する内容やPDCAによる環境・省エネ推進方法や回帰分析に関する知識及び技能・技術等を習得します。

太陽光システム工事・温暖化防止の省エネ
4.有接点シーケンス制御

電気回路の基礎・図面の見方等を理解し、リレーシーケンス制御回路に関する知識及び技能・技術を習得します。

有接点シーケンス制御
5.PLC制御

制御盤の製作やPLC制御に関する知識及び技能・技術を習得します。

PLC制御
6.インバータによる省エネ・高圧受変電設備

ファン・ポンプのインバータ化による省エネ対策に関する内容や受変電設備の構成機器を理解し、継電器試験に関する知識及び技能・技術等を習得します。

インバータによる省エネ・高圧受変電設備

受講要件

過去の実務経験

  • 特になし

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 基本的なパソコンスキル(Windows の基本操作、Word・Excelでの文字入力)を持っていること。

各訓練科共通要件

  • 【1】現在、積極的に就職活動をしている方
  • 【2】訓練期間中も、積極的に就職活動を持続できる方
  • 【3】希望訓練コース内容を充分理解し、自分の職歴等も加味して具体的に再就職をイメージしている方
  • 【4】全日程を受講することができる方
  • 【5】公共職業安定所長の受講指示、受講推薦、支援指示を受けることのできる方

※訓練を受講するためには上記【1】~【5】の要件に加え、「受講者選考」を受け合格する必要があります。

(「受講者選考」については「 応募から訓練開始までの手続の流れ 」をご覧ください。)

※以下の1~3に該当する方は受講できません。

  1. 訓練開始日及び訓練期間中に在職中の方
  2. 他の公共職業訓練又は求職者支援訓練を受講修了後、1年以内の方
  3. 過去1年以内に受講された公共職業訓練又は求職者支援訓練を正当な理由なく中途で辞められた方

受講料

無料です。ただし、教科書代等(約10,000円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

電気設備技術科で訓練を受講し、以下のような関連する職種に就職された方がいます。

(前職)   (修了後の職種)
機械保全 → 設備保全(機械・電気)
営業   → 電気工事、制御盤設計・製作
製造業  → ビル管理


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 電気工事作業者
  • 電気通信機械器具組立工・修理工

    ※ハローワーク・インターネットサービス(職業分類逆引き)より

仕事の内容

電気工事作業者は、建物を建設するときに、電気の配線を行い、分電盤やコンセント、照明器具などを取り付けて、電気が使える状態を作ります。また、修理や修復工事も行います。設計図に基づいて、日程、人数、資材などの作業プランを立て、設計図を基に電線を通す配管と配線を作ります。木造建造物の場合は、天井や壁に主な配管を行い、そこからコンセントやスイッチに通じる配線を行います。作業は、災害の発生を防ぐための、安全法令や基準を守らなければなりません。通常、数人のグループで行われるため、相互のコミュニケーションが重要になります。また、現場では、天井裏や床下での作業、ビルの場合は高所での野外作業や、厳しい気象条件の中で行う場合もあります。キャリアアップしていくに従い、現場だけでなく、施工管理、設計、積算などの仕事もします。作業が終わると、誤りがないか確認や試験を行います。(私のしごと館 JOBJOBWORLD「電気工事作業者」より)

職種との相性(こんな方に向いている。)

  • 電気が好きで習得・就職意欲の高い方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気工事(動力設備、制御盤、高圧電気、住宅など)
  • 施設管理(ビル管理、工場内電気設備、遊技場など)
  • 保守保全(ビル設備、工場内電気設備、遊技場など)
  • 電気設計・組立(制御盤、配電盤)

求人票に記載されている職種名

  • 電気工事
  • 制御盤設計・製作
  • ビル管理

就職率

94.1%(平成27年度実績)


賃金情報

 
電気工
39.8才
326.2千円
重電機器組立工
42.2才
251.7千円

出展 厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」平成28年2月発表


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

電気設備科には、地球温暖化防止及び省エネルギーに関するカリキュラムがあります。訓練では、当センターの設備をもとに現状把握及び提案を行います。
2010年4月の温対法及び省エネ法の規制強化や2011初旬のISO50001発行により、多くの企業が環境対策を行う必要があります。
電気設備の技術だけでなく、省エネ技術の習得により、就職活動力が向上し、就職先でもなくてはならない人材となります。
 

任意に取得できる資格

訓練で習得した技術を活かして、任意に受検して取得できる資格の一例です。
※ただし、合格を保証するものではありません。また、資格の詳細については各実施機関へお問い合わせ下さい。

・第一種電気工事士

・第二種電気工事士


就職後のスキルアップ

就職後は、就職先の実務経験を活かしながら、当センターで実施している短期間の在職者向けの職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講することにより、さらなるスキルの向上を目指すことができます。

当センターでは、各種 在職者向け職業訓練 を用意しておりますので、お気軽に 事業課 までご相談ください。
 

お問い合わせ先

指導課 受講者係

TEL

06-6383-9711

FAX

06-6383-0961

E-Mail

kansai-poly02@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る