本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

生産管理技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

生産管理技術科のカリキュラムは大きく2つに分かれます。1つは機械部品の加工基本技術及び電気配線・制御の基本技術、もう1つは工場における生産・品質・資材・労務の管理技術です。どちらも工場における改善の提案、問題の発見及び解決の知識・技能に主眼を置いています。グループ討議形式を多く取り入れ、コミュニケーション能力、リーダーシップ能力等、仕事に欠かせないスキルを身につけます。グループ討議の結果はアプリケーションソフトを駆使し、全員の前で発表していきますので、プレゼンテーション能力・パソコンスキルも向上します。

訓練全体(6ヵ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 工場改善を図るための治工具の製作及び電気設備の点検ができる。
  • 生産管理の目的である品質管理・原価管理・工程管理を体系的に理解し、生産のプロセス、及び工場の管理、改善の推進ができる。
訓練課題例1

訓練課題例1

訓練課題例2

訓練課題例2

訓練到達目標

1.生産管理

生産計画と生産統制、生産性分析、生産方式、管理監督者の役割等について理解し、生産管理の企画推進のための関連知識を習得します。

生産管理
2.労務管理・フォークリフト技能講習

労働基準法と就業規則、労働安全衛生、労災保険のしくみを習得します。
また、フォークリフト運転の技能講習を実施します。

労務管理・フォークリフト技能講習
3.品質管理

品質保証の仕組み、工程での品質の作りこみ、品質問題の再発防止、未然防止の考え方、やり方等を理解し、品質に関する企画推進のための関連知識、手法を習得します。

品質管理
4.機械基本

機械図面の読図、図面作成及び機械要素、機械の構造に関する関連知識を習得します。

機械基本
5.自動化システム構築

自動化システムの技術及びシステム構築に関する関連知識を習得します。

自動化システム構築
6.自動化システム製作
自動化システム製作

生産現場に即した制御盤製作を行うことができる実用的な配線技法を習得するとともに、自動化システムの構築ができる技能及び関連知識を習得します。


受講要件

過去の実務経験

  • 製造現場経験のある方が望ましい。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 基本的なパソコンスキル(Windows の基本操作、Word・Excelでの文字入力)を持っていること。

各訓練科共通要件

  • 【1】現在、積極的に就職活動をしている方
  • 【2】訓練期間中も、積極的に就職活動を持続できる方
  • 【3】希望訓練コース内容を充分理解し、自分の職歴等も加味して具体的に再就職をイメージしている方
  • 【4】全日程を受講することができる方
  • 【5】公共職業安定所長の受講指示、受講推薦、支援指示を受けることのできる方

※訓練を受講するためには上記【1】~【5】の要件に加え、「受講者選考」を受け合格する必要があります。

(「受講者選考」については「 応募から訓練開始までの手続の流れ 」をご覧ください。)

※以下の1~3に該当する方は受講できません。

  1. 訓練開始日及び訓練期間中に在職中の方
  2. 他の公共職業訓練又は求職者支援訓練を受講修了後、1年以内の方
  3. 過去1年以内に受講された公共職業訓練又は求職者支援訓練を正当な理由なく中途で辞められた方

受講料

無料です。ただし、教科書代等(約10,000円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

生産管理技術科で訓練を受講し、以下のような関連する職種に就職された方がいます。

(前職)       (修了後の職種)
製造(生産)    → 品質管理職
機械オペレーター  → 工程管理職
CADオペレーター → 設計アシスタント


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 生産(製造)者
  • 工場管理職
  • 品質管理職
  • 検査・研究開発職
  • 資材購買事務
  • 物流管理職
  • 工程管理職
  • 営業
  • 設計アシスタント

仕事の内容

ものづくりの現場における活動を支援する部門として(生産管理・資材購買管理事務・品質管理・納期管理)の分野で活躍をめざす方。

職種との相性(こんな方に向いている。)

  • 再就職を目指す職業訓練ですから当然就職意欲の高い方
  • 生産活動における改善能力やマネジメント能力を身につけたいとお考えの方
  • コミュニケーション能力やパソコンスキルを仕事で活用できるレベルをお考えの方
  • ものづくりに興味をお持ちの方で再就職の方向が製造業をお考えの方

訓練により就職可能な主な仕事

  • 工場管理業務
  • 生産管理業務
  • 品質管理業務
  • 労務管理業務
  • 機械設計の補助的業務
  • 自動化制御の補助的業務

求人票に記載されている職種名

  • 上記の記載内容と同じ

就職率

93.2%(平成27年度実績)


賃金情報

生産工程・労務の職業
30~34才
218千円
40~44才
233千円
管理的職業
30~34才
255千円
40~44才
311千円

出典:大阪労働局「職業別中途採用時賃金(月額)平成28年1月~3月」


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

この訓練では訓練内容(生産基本技術・管理技術)はもとより、チームでの活動を重視していきますので、コミュニケーション力・チームプレー・リーダーシップ及びパソコンを使ったプレゼンテーション能力を職場において発揮できます。
さらに、訓練期間中に、フォークリフト運転技能講習(大阪労働局登録番号59号)、普通救命講習、ISO9001/14001内部監査員養成講座を実施します。


任意に取得できる資格

訓練で習得した技術を活かして、任意に受検して取得できる資格の一例です。
※ただし、合格を保証するものではありません。また、資格の詳細については各実施機関へお問い合わせ下さい。

・品質管理検定(QC検定)2,3級


就職後のスキルアップ

就職後は、就職先の実務経験を活かしながら、当センターで実施している短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))
を受講することにより、さらなるスキルの向上を目指すことができます。

当センターでは、各種 在職者向け職業訓練 をご用意いたしておりますので、お気軽に 事業課 までご相談ください。
 

お問い合わせ先

指導課 受講者係

TEL

06-6383-9711

FAX

06-6383-0961

E-Mail

kansai-poly02@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る