校長挨拶

校長牧野俊郎

“ものづくり”は現代社会の基盤となるものですが、本大学校は、その“ものづくり”を担う中核的な実践技術者を育成することを目的とする国立の工科系大学校です。本大学校には、おもに高校卒業者が入学する2年制の専門課程とその修了者が進学する+2年制の応用課程を設置しています。これらの課程では、一般の大学におけると同様に教養科目や科学・技術の専門科目も教授しますが、実験・実習をより重視し“ものづくり”に直結する技術・技能の教育を行います。

本大学校は、充実した最新の実験・実習設備を備え、優れた教授陣を擁して、各学科においてきめ細やかな少人数教育を施します。学生は、その教育課程を通じて、技術・技能のリーダーとなるための基礎を身に着けることができます。ものづくり企業からの評価は高く、抜群の就職実績を達成しています。卒業生の多くは企業の実践技術者として活躍しています。

本大学校は、緑のなかで鶯が鳴くすばらしい自然環境のもとにあって、基礎学力・実践技術力・倫理観のみならず構想力・コミュニケーション力などの人間力を備えた“ひとづくり”をめざしています。皆さまからのいっそうのご理解・ご支援をお願いいたします。

なお、本大学校では、上記の能力開発教育のみならず、企業の社員への技術研修や企業への技術支援も行っています。併せてよろしくお願いいたします。

近畿職業能力開発大学校
校長 牧野 俊郎
京都大学名誉教授・工学博士