大学校の特色・特徴

専門課程と応用課程の教育訓練システム・教育プラン

近畿職業能力開発大学校では、産業界の変化に対応できる高度な知識と技術を兼ね備えた実践技術者を育成します。

1年次にものづくりに必要な基礎的な理論と基本的な技能・技術を一体的に学習する。
                                2年次にものづくりに必要な高度な理論と技能・技術を学習し、実践技術者としての素質を身につける。
                                2年修了時、就職 専門課程全科修了時短大卒業相当として就職することもできます。就職まで強力にサポート!就職希望者の就職率は100%です。
                                3年次に専門分野の技能・技術を深めるとともに、関連する技能・技術を習得し、それらを活用する能力を習得する。
                                4年次にワーキンググループ方式により、生産現場に密着した製品の企画開発から製作までの創造的・実践的なものづくり能力を習得する。
                                4年修了時、就職 大学卒業相当として就職。就職まで強力にサポート!就職希望者の就職率は100%です。
                                就職支援プログラムは専門課程1年次にビジネスマナー講座、適性検査・一般常識テスト、就職試験対策講座、就職希望企業 決定・活動開始、
                                専門課程2年次に就職フェアとなります。
                                また、応用課程1年次に適性検査・一般常識テスト、就職試験対策講座、就職希望企業決定・活動開始、応用課程2年次に就職フェアとなります。

※応用課程への進学にあたっては、入校試験があります。

キャンパスライフQ&A

 近畿職業能力開発大学校の特色はなんですか?
 特色は色々ありますが、各科に共通するのは次の3点です。
  1. 各科20〜30名という少人数で、学生と講師陣が膝を交える徹底したマン・ツー・マン教育訓練ですので、より高い教育訓練効果が得られます。
  2. 最新の充実した機器・設備が豊富に揃っていますので、十分時間をかけて機器の操作に習熟することができます。
  3. 実験・実習が半数程度を占めるカリキュラムで、実験・実習が重視されています。
    このため、理論と技能・技術を体系的に関連づけることができ、就職後に即戦力として活躍することができます。
 学費はどのくらい?
 平成25年度実績で年間39万円です(別途入校料16万9千2百円)。
前期・後期の分割になっていますので半期では19万5千円になります。
このほかに教科書等の購入費がかかります。
詳しくは「学費紹介(専門・応用課程)」をご覧ください。
 専門課程と応用課程はどう違うのですか?
 専門課程は高校を卒業した後の2年間の課程で、短大もしくは四年制大学の1〜2年次に相当するものです。
応用課程は専門課程を修了した後に進学する2年間の課程で、製造現場のリーダーを養成することを目的にしています。
四年制大学の3〜4年次に相当するものです。
専門課程修了時に短大卒相当として就職することと、応用課程に進んで四年制大学相当として就職することを選択できます。