応用課程(3,4年次) 建築施工システム技術科

建築生産現場に対応した、施工管理技術者を目指す!

応用課程建築施工システム技術科の活動風景の写真1枚目
応用課程建築施工システム技術科の活動風景の写真2枚目

概要

建築施工システム技術科では、建築生産現場に密接に関連した課題を取り上げた、「ものづくり」をとおした教育訓練を展開することにより、建築物の企画から竣工までの建築生産プロセスにおける品質・工程・コスト・安全業務を管理担当できる高度な実践技術者の育成をおこなっています。

木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造さらにその複合構造に対応できるように、施工管理、施工・構造実験、施工図書作成、建築生産設計、建築生産情報処理等の技術を習得し、また企業実習をとおして、専門知識の適用・検証を行い、建築生産における品質検査・性能試験および評価・省力化等に関する高度なものづくりに対応する技術・技能の習得をめざします。

履修科目単位表

主な教科

実験・実習

就職情報

卒業生の主な就職先(過去3年)

住友林業ホームエンジニアリング(株)、岩出建設(株)、大日本土木(株)、(株)淺沼組、 大木建設(株)、(株)フジタ、東急建設(株)、(株)合田工務店 等