訓練分類別セミナー 詳細 : 機械系コース

訓練分類別セミナー検索

各セミナーのコースについて、訓練分類別に検索できます。

機械系コース

精密測定技術
~“ものづくり”を支える測定技術~

コース概要 機械・精密測定/機械検査の生産性向上をめざして、長さ寸法測定の適正化に向けた測定実習を通して、精密で信頼性の高い測定を行うための理論を学び、測定器の定期検査方法を含めた正しい取り扱いと、測定方法、データ活用、誤差要因とその対処に必要な技能・技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.測定の重要性
3.長さ測定実習
4.まとめ
受講対象者 機械加工作業及び測定・検査業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 ノギス、マイクロメータ、ダイヤルゲージ、ブロックゲージ、その他測定器
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10
受講料 8,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MD111 4/22、23 [2日間]
各日10:00~16:45
12 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

マシニングセンタプログラミング技術
~基本から習得したい方に最適です~

コース概要 NC機械加工の生産性向上をめざして、工程の最適化(改善)に向けたプログラミング課題実習と加工・検証実習を通じて、要求される条件を満足するためのプロクラム、工具補正の設定法などマシニングセンタ作業に関する技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.各種機能とプログラム作成方法
3.プログラミング課題実習
4.加工の検証と評価
5.まとめ
受講対象者 機械加工作業に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 マシニングセンタ(FANUC ROBODRILL α-D14MIA®)
持参品 筆記用具、関数電卓、作業服
定員 10
受講料 19,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MB111 5/26、27、28、29 [4日間]
各日10:00~16:45
24 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

機械設計のための総合力学
~機械に関する力学全般を学びたい方に最適です~

コース概要 機械の設計や保全業務に不可欠な知識である、機械力学や材料強度設計、機械要素(ねじ・軸・軸受・歯車)など、詳細設計に必要な力学全般の基礎知識を復習し、実用面でのノウハウを紹介します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.強度設計の重要性
3.機械の力学
4.材料の静的強度設計
5.機械要素設計
6.機械設計課題及びまとめ

講師:龍設計コンサルタンツ  山中 利幸(予定)
受講対象者 機械設計製図関連業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
※設計業務の知識が多少必要ですので、初めて当該業務に就く方が受講を希望される場合は、ご相談ください。
使用機器 関数電卓(四則電卓でも可)
持参品 筆記用具、関数電卓(四則電卓でも可)、『JISにもとづく機械設計製図便覧』(オーム社、ISBN-13:978-4-274-21830-9)を事前に購入してお持ち下さい。旧版のものでも構いません。
定員 15
受講料 15,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA111 6/1、2、3 [3日間]
各日10:00~16:45
18 本コースは泉北地域の貸会場で実施しますので、お問い合わせください。 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

設計に活かす3次元CADソリッドモデリング技術NEW

コース概要 製品設計業務における生産性の向上をめざして、効率化、最適化(改善)に向けた「製品(部品)機能=フィーチャー」と捉えた開発・設計への3次元CAD活用方法、図面の活用および設計検討などの検証方法を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.設計とは
3.モデリング時のポイント
4.開発・設計のモデリング手法
5.設計検証
6.総合実習
7.まとめ
受講対象者 製品設計・開発・生産技術業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 3次元CAD
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 17,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA121 6/8、9、10 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

実践機械製図
~JISに基づく機械製図を習得します~

コース概要 機械設計/機械製図の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化、技能継承に向けた設計現場で求められる機械製図の組立図及び部品図に関する総合的かつ実践的な知識、技能を実習を通して習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.製図一般
3.機械製図上の留意事項
4.実践的設計図面の描き方
5.製図総合課題
6.まとめ
受講対象者 機械設計関連の業務に従事する技能・技術者
使用機器 製図機器(ドラフター®)、製図道具
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 13,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA131 6/17、18、19 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

機械の解析ツールを活用した疲労寿命設計法

コース概要 製品開発の高付加価値化をめざして、疲労強度の考慮が必要な機械製品及び構造物の設計で与えられた設計仕様(環境、負荷応力、形状寸法、表面状況等)から、疲労寿命に及ぼす種々の因子を考慮した実部材の疲労設計が遂行できる能力を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.疲労寿命設計の必要性
3.疲労試験データから疲労寿命を推定する手法
4.変動荷重を受ける場合の疲労寿命測定法
5.設計解析支援ツールによる疲労寿命評価実習
6.まとめ
受講対象者 機械製品及び構造物等の設計開発業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 パソコン、表計算ソフト、3次元CAD、解析ソフト
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10
受講料 22,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
C0861 6/17、18、19 [3日間]
各日9:15~16:00
18 ポリテクセンター関西 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

板金製作を考慮した板金部品の設計技術
~サーボプレスブレーキを利用する設計者のための板金展開法~

コース概要 多品種少量生産を行うことを目的にサーボプレスブレーキを利用するための板金展開法を学びます。
主な訓練内容 1.設計手順の検討
2.曲げ部品の設計
3.板金部品の組み立て設計
4.板金展開及び図面作成
受講対象者 板金設計に従事する設計者
使用機器 CAD、サーボプレス、コーナーシャー、タレットパンチ
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 11,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA141 6/18、19 [2日間]
各日10:00~16:45
12 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

マシニングセンタ加工技術
~段取り作業及び加工作業について基本から習得したい方に最適です~

コース概要 NC機械加工の生産性向上をめざして、効率化、最適化(改善)に向けたテーマを持った加工課題実習を通じて、ツーリングや治具・取付具、各種工具等に関する知識と、加工精度に影響する諸要因や各種加工のための段取り作業のポイント、より精度向上やサイクルタイム短縮等に役立つ技能・技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.段取り作業のポイント
3.プログラミング時間の短縮
4.加工課題実習
5.改善のための確認・評価
6.まとめ
受講対象者 マシニングセンタによる機械加工に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 マシニングセンタ(FANUC ROBODRILL α-D14MiA®)、NCシミュレーションソフト
持参品 筆記用具、関数電卓、作業服
定員 10
受講料 14,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MB121 6/24、25、26 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

精密形状測定技術

コース概要 機械・精密測定/機械検査の生産性向上をめざして、最適化に向けた測定実習を通して、形状測定機器のシステム上の特徴とその精度を理解し、形状測定に必要な技能・技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.形状測定の重要性
3.形状測定
4.測定実習
5.まとめ
受講対象者 測定・検査作業に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 真円度測定器、輪郭・表面粗さ測定器
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10
受講料 10,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MD121 7/9、10 [2日間]
各日10:00~16:45
12 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

旋盤加工技術

コース概要 汎用旋盤作業における各種加工及び工程(穴あけ、外径、内径)に関する知識と技能を習得します。
主な訓練内容 1.旋盤の概要
2.穴あけ加工
3.外径、内径加工
4.はめあい、各種公差の精度評価
受講対象者 生産技術部門(機械加工関係)に従事する若手技術者
使用機器 汎用旋盤(WASINO LEO80A®)、各種切削工具、測定器
持参品 筆記用具、作業服、作業帽子、安全靴、保護メガネ
定員 10
受講料 12,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MB131 8/3、4、5 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

曲げ加工の理論と実際
~サーボプレスブレーキを利用する設計者のための板金展開法~

コース概要 板金加工の生産性の向上をめざして、効率化、最適化(改善)に向けた塑性学、曲げ加工についての理論を理解し、曲げ加工の実験・検証を通してデータ収集・処理方法と材料強度評価法を習得します。
主な訓練内容 1.降伏条件
2.応力とひずみ
3.曲げ理論・曲げ加工
4.曲げ試験
受講対象者 板材成形分野で試作・開発業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 CAD、サーボプレス
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 13,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MB141 8/3、4、5 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

2次元CADによる機械製図技術
~機械図面の作成方法とテンプレートなどの環境の構築を習得します~

コース概要 機械設計/機械製図の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)、安全性向上に向けた構想段階から具体的加工の指示を出すための図面の作図を通して、CADを使用する場合の環境の構築、効果的かつ効率的使用法及びデータ管理方法について習得します。
主な訓練内容 1.コースの概要及び留意事項
2.構想から図面への考え方
3.機械製図の留意事項
4.製図効率を向上させるための準備
5.実践課題
6.図面作成
7.まとめ
受講対象者 製造業全般の製品企画、設計、生産業務などに従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 2次元CAD
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 21,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA151 8/3、4、5、6 [4日間]
各日10:00~16:45
24 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

フライス盤加工技術
~業務でフライス盤を使用したい方に最適です~

コース概要 汎用機械加工の生産性の向上をめざして、効率化、最適化(改善)に向けた加工実習を通して、加工方法の検討や段取り等、実践的な旋盤作業に関する技能・技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.フライス加工
3.総合課題実習
4.まとめ
受講対象者 機械加工作業に従事する技能・技術者
使用機器 フライス盤(Etuki2MF®)、各種切削工具、測定器具
持参品 筆記用具、作業服、作業帽子、安全靴、保護メガネ、関数電卓(四則電卓でも可)
定員 7
受講料 19,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MB151 8/4、5、6 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

機械組立仕上げのテクニックNEW

コース概要 仕上げ加工の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化に向けた機械装置の仕上げ・組立・調整実習を通して、高精度で高能率な機械組立仕上げのテクニックを習得し、後進に作業をさせる際の指導法に必要な技能・技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.課題図の検討
3.工具・測定具の調整
4.やすり仕上げ
5.組み立て調整
6.まとめ
受講対象者 機械組立・調整業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 やすり各種、きさげ各種、測定器具各種、定盤、けがき用具、ボール盤、直角度測定器
持参品 筆記用具、作業服、作業帽子、安全靴
定員 10
受講料 13,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MB161 8/11、12、13 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

機械の解析ツールを活用した疲労寿命設計法

コース概要 製品開発の高付加価値化をめざして、疲労強度の考慮が必要な機械製品及び構造物の設計で与えられた設計仕様(環境、負荷応力、形状寸法、表面状況等)から、疲労寿命に及ぼす種々の因子を考慮した実部材の疲労設計が遂行できる能力を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.疲労寿命設計の必要性
3.疲労試験データから疲労寿命を推定する手法
4.変動荷重を受ける場合の疲労寿命測定法
5.設計解析支援ツールによる疲労寿命評価実習
6.まとめ
受講対象者 機械製品及び構造物等の設計開発業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 パソコン、表計算ソフト、3次元CAD、解析ソフト
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 10
受講料 22,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
C0862 8/19、20、21 [3日間]
各日9:15~16:00
18 ポリテクセンター関西 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

設計者CAEを活用した振動解析
~3次元CAD/CAEを使用した振動解析技術を習得します~

コース概要 製品設計の品質の適正化、最適化(改善)、安全性向上をめざして、振動解析の理論及び実習を通じて、設計プロセス上で、固有値、応答解析の結果を用いた方向性の判断、仕様に対する検証を行うための手法を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.設計と振動解析概要
3.振動解析のポイント
4.固有値解析演習
5.応答解析演習
6.総合課題
7.まとめ
受講対象者 機械設計・解析業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 パソコン、CAD/CAEシステム、振動測定システム
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 8,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA161 9/24、25 [2日間]
各日10:00~16:45
12 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

機械設計のための総合力学
~機械に関する力学全般を学びたい方に最適です~

コース概要 機械の設計や保全業務に不可欠な知識である、機械力学や材料強度設計、機械要素(ねじ・軸・軸受・歯車)など、詳細設計に必要な力学全般の基礎知識を復習し、実用面でのノウハウを紹介します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.強度設計の重要性
3.機械の力学
4.材料の静的強度設計
5.機械要素設計
6.機械設計課題及びまとめ

講師:龍設計コンサルタンツ  山中 利幸(予定)
受講対象者 機械設計製図関連業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
※設計業務の知識が多少必要ですので、初めて当該業務に就く方が受講を希望される場合は、ご相談ください。
使用機器 関数電卓(四則電卓でも可)
持参品 筆記用具、関数電卓(四則電卓でも可)、『JISにもとづく機械設計製図便覧』(オーム社、ISBN-13:978-4-274-21830-9)を事前に購入してお持ち下さい。旧版のものでも構いません。
定員 15
受講料 15,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA112 9/28、29、30 [3日間]
各日10:00~16:45
18 本コースは泉北地域の貸会場で実施しますので、お問い合わせください。 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

実践機械製図
~JISに基づく機械製図を習得します~

コース概要 機械設計/機械製図の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化、技能継承に向けた設計現場で求められる機械製図の組立図及び部品図に関する総合的かつ実践的な知識、技能を実習を通して習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.製図一般
3.機械製図上の留意事項
4.実践的設計図面の描き方
5.製図総合課題
6.まとめ
受講対象者 機械設計関連の業務に従事する技能・技術者
使用機器 製図機器(ドラフター®)、製図道具
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 13,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA132 9/30、10/1、2 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

現場に密着した機械・生産設計の技術ノウハウNEW

コース概要 機械設計/機械製図の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化、故障対応・予防に向けた現場に密着した機械要素の設計事例を参考に、実践的な機械設計のノウハウを習得します。
主な訓練内容 1.コース概要及び留意事項
2.機械設計と設計上の留意事項
3.機械要素と設計事例
4.生産設計と設計事例
5.機械設計課題実習
6.まとめ

講師:龍設計コンサルタンツ  山中 利幸(予定)
受講対象者 機械設計製図関連の業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
※設計業務の知識が多少必要ですので、初めて当該業務に就く方が受講を希望される場合は、ご相談ください。
使用機器 関数電卓(四則電卓でも可)
持参品 筆記用具、関数電卓(四則電卓でも可)、『JISにもとづく機械設計製図便覧』(オーム社、ISBN-13:978-4-274-21830-9)を事前に購入してお持ち下さい。旧版のものでも構いません。
定員 15
受講料 20,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA171 10/19、20、21、22 [4日間]
各日10:00~16:45
24 本コースは泉北地域の貸会場で実施しますので、お問い合わせください。

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

設計に活かす3次元CADアセンブリ技術NEW

コース概要 機械設計業務の生産性向上をめざして、製品開発時の効率化、最適化(改善)に向けた、類似設計や新規開発時の効果的な検証ツールと「アセンブリ=機能展開」と捉えた設計手法や図面を活用した検証方法を習得します。
主な訓練内容 1.コースの概要及び留意事項
2.設計とは
3.アセンブリを活用した製品設計のポイント
4.設計検証実習
5.設計変更実習
6.まとめ
受講対象者 製品全体の設計・開発業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 3次元CAD
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 17,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA181 11/16、17、18 [3日間]
各日10:00~16:45
18 近畿職業能力開発大学校

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

板金製作を考慮した板金部品の設計技術
~サーボプレスブレーキを利用する設計者のための板金展開法~

コース概要 多品種少量生産を行うことを目的にサーボプレスブレーキを利用するための板金展開法を学びます。
主な訓練内容 1.設計手順の検討
2.曲げ部品の設計
3.板金部品の組み立て設計
4.板金展開及び図面作成
受講対象者 板金設計に従事する設計者
使用機器 CAD、サーボプレス、コーナーシャー、タレットパンチ
持参品 筆記用具
定員 10
受講料 11,000
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MA142 12/10、11 [2日間]
各日10:00~16:45
12 近畿職業能力開発大学校

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)

三次元測定技術

コース概要 機械・精密測定/機械検査の生産性向上をめざして、効率化、最適化(改善)に向けた測定実習を通し、三次元測定機による測定結果のばらつきの要因を理解し、測定結果の信頼性を判断できる能力と、生産活動に見合った測定品質(測定点数や測定位置など)の改善に関する技能・技術を習得します。
主な訓練内容 1.コース概要
2.三次元測定概論
3.三次元測定実習
4.製品の測定
5.測定の評価と改善
6.まとめ
受講対象者 一般機械器具製造業等において、測定・検査業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者またはその候補者
使用機器 三次元測定機
持参品 筆記用具、関数電卓
定員 6
受講料 18,500
備考  
コース番号 訓練日程 訓練時間(H) 開催場所 申込状況
MD131 8/19、20 [2日間]
各日10:00~16:45
12 近畿職業能力開発大学校 受付終了

一覧に戻る 受講方法(申込書ダウンロード)