本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気・通信施工技術科(企業実習付き)

訓練目標

訓練受講に必要な基礎的能力等を付与したうえで、電気通信設備の施工、保守管理、光ファイバの施工およびLAN、ネットワークシステム技術、電気・通信分野の技能、技術を習得します。


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

本訓練では、大きく2つの分野として電気工事と通信工事の技能技術を習得します。具体的には、照明・コンセント配線工事、光ファイバー・LANケーブル配線工事について座学や実習を通して学習します。
訓練期間中に企業実習(インターンシップ)で実際の現場を経験・見学ができ、業界での働き方や仕事内容を知ることができます。
(電気通信関係の訓練を受講する前に1ヵ月間の必要な基礎的能力等を橋渡し訓練を受講するコースもございます。)

本訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 電気の基礎を理解し、電気設備の設計・施工及び保守管理ができる。
  2. 情報通信機器の取扱いを理解し、通信設備(光ファイバー)の設計・施工及び保守管理ができる。 (下記写真の訓練課題例参照)
訓練課題例

光ケーブル布設実習

訓練課題例

フリーアクセスフロア実習

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「電気配線工事」

電気設備設計及び工事に関する技能及び関連知識を習得する。

・器工具使用法と電線接続法

・配線図(屋内)

・電気測定(基本)

・ケーブル配線(設計・施工)

・金属管配線(設計・施工)

・可とう電線管・金属線ぴ配線

電気配線工事

2.「光ファイバー施工」

通信設備(光ファイバー)の設計・施工に関する技能と関連知識を習得する。

・有線通信技術

・電気通信の基礎

・光ファイバー接続法

・余長処理

・光伝送路測定技術(OTDR) 

・昇柱作業

光ファイバー施工

3.「通信設備工事」

電気設備に含まれる通信設備に関する技能及び関連知識を習得する

・データ通信の基礎

・通信サービスの種類

・LANの基礎

・LANの利用

・LAN構築(工事・測定)

・TVアンテナ設備

通信設備工事

4.「電灯配線工事及びCAD活用技術」

住宅配線に関する技能及び関連知識を習得する。

CADを用いて屋内配線図の作成に関する技能を習得する

・木材加工と組立

・CAD(基本操作)

・CAD(屋内配線図)

・住宅配線(施工1)

・住宅配線(施工2)

・総合課題(住宅配線及び通信配線課題)

電灯配線工事及びCAD活用技術

5.「企業実習」

訓練修了後に即戦力で活躍するために、企業実習を行うことにより、その業務の工程、施工技術を習得する。

企業実習

6.「フォローアップ訓練」

企業実習先で経験した業務を報告書にまとめて、発表する。
また、企業実習で気づいた弱点や必要とされる技術を補い、就職に備える。

総訓練時間

  • 668時間(6ヶ月コース)
  • 747時間(導入訓練付き7ヶ月コース)

受講要件

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に不要。

訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

電気通信技術者

電気通信技術者の仕事

社会のコミュニケーション手段の「通信」を、技術の面で支えるのが、電気通信技術者の仕事です。電気通信技術は、インターネットなどの普及で、社会全体にとって、欠かせないものとなっています。電気通信技術者は、通信ネットワーク構築専門の会社や、通信機器を開発・製造するメーカーなどに所属して、働きます。

ネットワークづくりが専門の会社に所属する電気通信技術者の場合、依頼してきた企業の担当者から要望や条件などを、細かな点までくわしく聞き、目的にあったネットワークのイメージを作ります。そして、十分な専門知識を持った技術者がチームを組んで、使用する「通信機器」「回線」プログラム」などを選びます。ネットワークにトラブルが発生すれば、企業活動が停止してしまうため、技術者は、設計段階から慎重な検討を数多く重ねて、信頼性や安全性を厳重に確認した後、はじめて施工に移ります。そして、ネットワーク完成後は、その運用状態を常にチェックして、もしもトラブルが発生した場合には、全速力で対応します。

電気通信技術者職種との相性(こんな方に向いている!)

主に建設現場での作業になり、高所、狭所での作業となりますので、平衡感覚が優れていることが求められます。また、一瞬の気の緩みが大事故につながりますので、慎重で、安全に対する責任感が必要です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 屋内配線設計保守管理業務
  • 電気設備機器据え付け管理業務
  • 電気通信設備施工業務
  • 電気通信設備保守管理業務

求人票に記載されている職種名

電気工事士、電気通信工事、ネットワーク工事、セキュリティ工事

就職後の仕事例(求人票より)

  • 一般電気工事
  • 自家用電気工事
  • 太陽光発電システム設置工事
  • エアコン設置工事
  • 携帯電話基地局工事
  • 通信工事(電話工事、光ケーブル工事)
  • 電話設備の保守
  • 防犯カメラ設置
  • オール電化施工
  • BS・CS・地上デジタル放送設備
  • 防災設備工事・保守点検

就職率

94.4%(平成29年度実績)


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると電気設備や通信設備の施工及び保守管理が出来るようになります。この基本技能を活用して、各種資格も任意で取得し、就職先企業で活躍できます。

●修了生の声

訓練校では、色々な職種で活躍されていた方々と知り合うことができました。多くの方々の意見・経験をお聞きすることができ、自分にとってプラスになることが数多くありました。同じクラスの仲間と「就職」という目標に辿り着くために、就職への不安を感じながらもお互いを励ましあって訓練を共に受けた日々は、私にとって一生の財産です。


訓練修了時に取得できる資格

ありません。


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。
(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

高所作業車運転特別教育講習

高所作業車は、高所における工事・補修・点検などの作業のために使用されます。高所における作業を行うために人が乗る作業床を持ち、昇降装置により上昇下降し、自走できる機械です。特別教育を修了すると、作業床の高さが1m以上10m未満の高所作業車を運転することができます。

第二種電気工事士

電気工事士の資格は、電気工事の際に必須となる国家資格です。従事できる電気工作物の範囲によって、第一種と第二種に分かれています。第二種電気工事士は、暮らしに直結した家庭や商店の屋内配線工事の電気工事を行うエキスパートであり、一般の住宅や商店で利用する小型の電動機や電気器具、照明等の低電圧で比較的受電電力の小さい電気施設の電気工事に従事します。

工事担任者DD第3種

工事担任者の資格は、電気通信の工事や監督を行う際に必要となる国家資格です。AI第3種から第1種、DD第3種から第1種、AI・DD総合種の合計7種類に分かれています。AIはアナログ伝送路設備、DDはデジタル伝送路設備の工事に対応しています。DD第3種は、通信速度が1Gbps以下のインターネット回線の接続工事を行うことができます。複雑化・高度化する電気通信業界で「工事担任者」の力が必要とされています。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る