学科紹介 専門課程 生産技術科

学科概要

私たちの身の回りにある機械は、いろいろな部品からできています。機械を設計・製作する為の必要な知識と技術を学び、各種工作機械で部品を加工し、組立・調整を行い、制御技術にて動作させるという一連のプロセスについて実習を通して習得します。これらの工程で、「ものづくり」の出来るエンジニアを目指します。

生産技術科とは

  • 機械設計

    • 図面の書き方を学ぶJIS機械製図・手書き製図
    • 2次元CAD部品図・組立図の作成
    • 3次元CADモデリング(3Dモデル)/アセンブリ(組立)/図面化
  • 機械加工・組立

    • 手仕上げボール盤・ヤスリ仕上げ
    • 旋盤・フライス盤作業機械操作、部品加工
    • NC工作機械NC旋盤、ワイヤーカット/マシニングセンタ/加工課題製作
  • シーケンス制御

    • 電気工学概論(学科)電気に関する基礎知識
    • シーケンス制御回路に関する基礎知識/PLCプログラミング
    • FAシステム実習メカトロ機械製作・制御

充実した設備

  • 旋盤

  • フライス盤

  • マシニングセンタ

  • NC旋盤

  • 溶接(アーク、TIG 他)

  • CAD室

ものづくりを行う上で必要不可欠な各種工作機械、精密測定機器が揃っています。旋盤、フライス盤、溶接については、技能検定(国家試験)等にも挑戦し、毎年多数の合格者が出ています。

実習風景

  • 機械加工実習

  • 測定実習

  • CAD/CAM実習

  • FAシステム実習

作品紹介

  • PLCを用いた自動缶つぶし機の設計・製作
    供給された空缶を交流モータを用いたクランク装置で潰し、センサによりアルミとスチールに分別し収納する。制御はPLCを用いている。
  • マーブルマシンの設計・製作
    ハンドルを回すと機械要素(平歯車、スプロケット)が回転し、コース内を鋼球が上昇、下降及びループする製作物です。
  • ミニカーを用いた自動駐車システム
    9個のミニカーを用い、指定場所への駐車・排車、色判別による自動駐車・排車ができる。各機構とも、メカニカルな動作を行う。
  • 乾電池で動く車両の設計・製作
    乾電池だけで動く一人乗り用の三輪車であり、手元のハンドル部にて加速/減速を行い、ブレーキ機能も備わっている。

学外での活躍

  • 若年者ものづくり競技大会(全国大会)2016

    旋盤競技 銀メダル、フライス競技 銅メダルを獲得!!

  • 九州PV加工コンテスト(九州)2017

    旋盤・フライス盤競技に参加
    旋盤競技 優勝!

  • 2016年度 沖縄県優秀技能者 表彰

    当学科生2名が県知事より優秀技能者として表彰

在校生の声

  • 生産技術科

    与儀 雄琉

    浦添高校出身

    私が沖縄能開大に進学した理由は、機械分野における実践的な技術を 身に付けることで、将来の就職が安定することができると考えたからです。
    生産技術科では、実習作業が他の大学よりも多く、特に私は旋盤やフライス盤を用いた機械加工に大変興味を持ち、人ー倍努力して技能の習 得に励んでいます。その事もあり、私は今度福岡県で行われる機械加工大会の旋盤競技に、当校の代表として出場します。その為、毎日放課後に練習に励んでおリ、充実した毎日を過でしています。また機械に関する科目以外でも、先生方の熱心な指導と細かなアドバイスを頂くことができるので、普通科出身の私でも工業系の授業についてい<ことができます。
    今後は応用課程に進学して、精密加工や機械設計に関する技能・技術を身に付け、皆の暮らしが少しでも楽になるような製品が開発できる、エンジニアになりたいです。

卒業生の声

  • 応用課程に進学

    2016年度卒 応用課程 生産機械システム技術科進学

    大山 将為

    那覇高校出身

    応用課程では、専門課程に比べて自立をした考え方で、様々な物事に取り組む姿勢がより求められます。1年次から5人1組のグループに分かれパレタイジング装置を製作し、その過程で設計、加工、制御、予算の管理など、ものづくりの知識を学ぶとともに、グループワークを通し、コミュニケーション能力も養うことができます。2年次ではさらに、他の学科の学生とグループを組み、企業と連携を取り制御装置を作るといった課題もあり、実践に近い環境でのものづくりを深く学ぶことができます。

  • 応用課程に進学

    2016年度卒 応用課程 生産機械システム技術科進学

    新里 隆介

    宮古工業高校出身

    今、私が取り組んでいる課題の中に標準課題があります。この科目は、グループにて製品を加工し、1年間をかけて自動制御機器を製作しています。製作工程では、グループ内で意見交換を行い、時にはリーダーシップを取り、お互い協力することで製品を完成へと近づけています。応用課程では、専門課程で学べない加工技術はもちろんのこと、ヒューマンスキルやコンセプチャルスキルといった社会人に必要なスキルを習得することができます。将来は、沖縄能開大の4年間で学んだスキルを生かせる仕事に就職したいです。

教員から一言

  • 生産技術科

    高本 健太講師

    生産技術科では、ものづくりに必要となる、機械設計、加工、測定の知識を習得します。
    また、技能・技術を身につけるために、さまざまな工作機械を使用して実習・実験を行い、基礎から実践力を養います。
    自分の手がけた製品を世に残してみませんか。

取得可能な資格

  • 技能検定 機械加工 普通旋盤作業2級・3級

  • 技能検定 機械加工 フライス盤作業2級・3級

  • 溶接技能者評価試験(A-2F)

  • ガス溶接技能講習修了証

etc…

主な就職先
(過去3年の進路状況)

県内企業

オキコ(株) / 沖縄東京計装(株) / 沖縄三和シヤッター(株) / (株)仲本工業 他

県外企業

ダイキン工業(株) / (株)JFEウィング 他

応用課程生産機械システム技術科

MENU

各種お問い合わせ

受験生の方へ 在校生の方へ
卒業生の方へ 企業・一般の方へ
卒業後の進路
調達情報 採用情報
FAQ 個人情報の取り扱い
著作権とリンク 関連リンク
サイトマップ
町かどの機構 メールマガジン