学科紹介 応用課程 生産機械システム技術科 専門課程 生産技術科から進学

応用課程とは

急激な産業構造の変化により、企業は製品等の高付加価値化や新分野への展開が不可欠となっております。このような状況に対応するために、高度な知識や技能・技術に加え、企画・開発力や幅広い応用力を持つ人材が必要とされています。応用課程では、グループ学習や課題学習を中心とした新しい教育訓練システムにより、産業界で必要とされている生産現場のリーダーとしての素地を習得することを目標としています。

学科概要

標準課題実習作品

  • パレタイジング装置の設計・製作
    パレタイジング装置とは、工場などで荷物を運ぶ時、荷台(パレット)への荷物の積み下ろし作業を行う機械装置のことです。
    実際には、供給側と組立側の二つのテーブル間でワークの組立・分解を行う装置を自分たちで一から製作します。
    設計・加工・制御の技術を身に付け、グループワークによってリーダーシップ力やコミュニケーション力を高めます。

卒業生の声

  • 2015年度卒 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構

    亀井 良寧

    首里高校出身

    私は現在熊本県荒尾市のポリテクセンター荒尾で職業訓練指導員をしています。日々離転職者や在職者の方々に向けて図面の書き方、機械加工などモノづくりのイロハを教えています。在学中は開発課題を通して海洋ロボットの製作に携わりました。他学科と協力し、1からロボットを製作したのち、そのロボットで海洋ロボコンに出場し優秀な成績を残すことが出来ました。このような貴重な経験ができるのも沖縄能開大ならではだと思います。将来的に私が指導員として開発課題に携わる際には、この経験を活かした取り組みをしていきたいです。

  • 2013年度卒 株式会社アコール

    照屋 尚志

    南部高校出身

    現在、板金の設計をしています。主にはNC工作機械のカバーの設計をしており、まだ、簡単な形状の設計しかできないですが、今後、複雑な形状の設計ができる様になりたいと思っています。
    応用課程では、卒業研究の時に企業と合同で装置を製作することが出来るので、仕事に近い状況で学ぶ事が出来ました。その経験が現在の仕事にも役立っています。

教員から一言

  • 生産機械システム技術科

    平田 彰先生

    生産機械システム技術科では、生産現場におけるリーダーとしての能力を養うことを目的としています。
    ワーキンググループ学習方式を通して"ものづくり"の楽しさ、面白さを体験することができます。
    "もの"が完成したとき、きっと自分の成長を実感できます。
    生産現場のリーダーとして大きく成長できるように私たち職員が支援します。

主な就職先
(過去3年の進路状況)

県内企業

金秀アルミ工業(株) / 沖縄菱電ビルシステム(株) / 沖縄ゼロックス(株) / 長嶺電機(株) / (株)アドバンス・オキナワ / 北調工業(株) / 沖食スイハン(株) / 沖縄三和シャッター(株) 他

県外企業

(株)ダイハツディーゼル / (株)牧野技術サービス

MENU

各種お問い合わせ

受験生の方へ 在校生の方へ
卒業生の方へ 企業・一般の方へ
卒業後の進路
調達情報 採用情報
FAQ 個人情報の取り扱い
著作権とリンク 関連リンク
サイトマップ
町かどの機構 メールマガジン