学校案内

学校概要

学校概要

職業能力開発大学校とは

沖縄職業能力開発大学校(沖縄ポリテクカレッジ)は仕事(職業)に必要な力(能力)を身につける(開発する)」ために厚生労働省が設置している大学校のひとつです。

産業界では技術の進歩を理解できる知識と、自らのモノを創ることができる能力を持つ、「実践技術者」の需要が増加しています。

当大学校は「ものづくり」を担うこうした実践技術者を育てることを目的に平成4年に開校しました。さらに沖縄の産業界のニーズに対応した「物流情報科」と「ホテルビジネス科」が設けられ、これまでに約4000人の卒業生が社会で活躍しています。

POINT.1 少人数授業

クラス定員が20名〜25名。機材を少人数で使用でき、先生と学生の距離も近く、学生一人一人をきめ細かくサポート!


POINT.2 設備が充実

実習機器・設備が充実。現場に近い設備環境で、就職後に必要とされる技能・技術を確実に習得!




POINT.3 実習重視

授業の約70%を実習・実験にあて、即戦力として活躍できる人材を育成!実習・実験時間は国立大学の2倍以上!


POINT.4 グループワーク

実習ではグループワークを多く取り入れ、企画力、問題解決力、チームワーク・コミュニケーション能力をアップ!

POINT.5 高い就職実績

一人ひとりに寄り添った就活サポートにより、就職希望者の就職率はほぼ 100%!企業からも高い評価!(平成28年度卒業生 100%達成)









MENU

各種お問い合わせ

受験生の方へ 在校生の方へ
卒業生の方へ 企業・一般の方へ
卒業後の進路
調達情報 採用情報
FAQ 個人情報の取り扱い
著作権とリンク 関連リンク
サイトマップ
町かどの機構 メールマガジン