本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気・通信施工技術科 (訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

電気は、今や生活に欠かせないライフラインであり、通信においても、今はインターネットなどネットワーク技術が最も求められています。
電気の基礎理論から電気設備の工事方法、消防設備に関する技術、ネットワーク技術に必要なLANの構築・設定方法及び光ファイバの施工方法等、幅広く学びます。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 電気設備(電気、防災、制御)の設計・施工および保守管理ができる。
  • 情報通信機器の活用技術を理解し、情報配線(光ファイバ、LAN)の設計・施工および保守管理ができる。

総訓練時間

  • 672時間

訓練到達目標

(1)電気配線工事1 

電気設備の工事に関する技術及び関連知識を習得します。
※電気工事の基礎的な技術、知識を学び土台をしっかり作っておくと、資格取得にも役立ちます。

電気配線工事1
(2)電気配線工事2

電気設備工事、住宅配線技術や関連知識、工場、ビル等の配電盤に使用されているシーケンス制御に関する技術及び関連知識を習得します。
※「①電気配線工事1」での基本的な電気工事技術、知識からの応用で、電線管工事に必要な管の曲げ、加工技術を習得します。
※シーケンス制御とは、機械の動作順序を制御するという意味で、工場、ビル等の配電盤、制御盤に欠かせない技術となっています。

電気配線工事2
(3)消防設備・空調機器

自動火災報知設備の施工・点検に関する技術及び関連知識や空調機器の取り付け、取り外しの知識及び技術を習得します。
※自動火災報知設備は施工後、定期的に点検、報告の義務があります。施工・整備・点検業務は資格が必要です。

消防設備・空調機器
(4)通信設備工事

通信設備、LANに関する技術及び関連知識を習得します。
※LANは近年の高度情報化社会において欠かせない技術となっています。コネクタの作成、ネットワーク構築、測定技術を習得します。

通信設備工事
(5)光ファイバ施工

通信設備(光ファイバ)の設計・施工に関する技術と関連知識を習得します。
※近年、高速通信の普及に伴い、FTTH(Fiber To The Home)化が進み、電気ケーブルから光ファイバへの切り替えが行われています。

光ファイバ施工
(6)情報活用・CAD活用技術

ビジネスアプリケーションソフト(文書作成、表計算)活用に関する技術及び関連知識を習得します。CADを用いて、建築平面図及び屋内配線図の作成に関する技術及び関連知識を習得します。
※仕事においてドキュメント等を作成する機会は多く、ビジネスアプリケーションソフトの習得は必須です。現在手描きの製図はほとんどなく、電子データ化している企業が大半であるため、CADを用いた製図の作成技術が必要不可欠となっています。

情報活用・CAD活用技術

受講要件

過去の電気工事・制御回路作成の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ありません。

各訓練科共通要件

次の要件をすべて満たす方

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度等)
  • ハローワークで相談して、受講の指示等を受けることができる方
  • 当センターが行う選考に合格した方

受講料

無料です。ただし、教科書代7,500円程度、作業服・作業帽などをすべて新規に購入する場合は5,500円程度、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種

電気関連の仕事が未経験の方でも、下記のような電気関連の職種に就職されています。
(前職)      →(修了後の職種)

販売員       → 電気工事
事務        → 電気工事
飲食接客      → 電気設備管理
ルート営業     → 情報システム施工
自動車整備     → 光ファイバ施工・ネット通信網の伝送設備の設計
自動車解体・部品販売→ 空調機器保守・電気通信工事


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

電気工事、制御盤組立・配線

電気技能者の仕事

一般家屋などの電気設備工事の新設・リフォームの仕事
工場などの生産設備を自動的に動かす電気制御・空気圧制御機器のメンテナンス、制御回路組立、設計の仕事
病院やテナントビルなどの電気設備工事や保守・管理の仕事

職種との相性(こんな方に向いている)

「電気」に興味があり、規則に従った丁寧な作業ができる方。性別は問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気工事
  • 電気設備保守・管理
  • 防災設備保守・管理
  • 電気通信工事

求人票に記載されている職種名

電気工事士、電気通信工事、電気設備の保守・点検、設備・空調工事、電気組立・配線工、電気技術者、工程技術者(設備設計)

就職後の仕事例(求人票より)

  • 電気設備設置工事
  • 一般家屋やビルなどの電気配線工事
  • リフォーム電気工事
  • 工事(太陽光発電システム)
  • 設備・空調工事
  • 電気設備の保守・点検
  • 電気通信工事
  • ルート営業(電設資材)
  • 電気組立・配線工
  • 施設管理員(空調設備保守)
  • 制御盤組立・設置
  • 電気技術者

就職率

88.9%(平成28年度)


修了生の主な就職先

  • 協栄電設工業株式会社(電気通信施工)
  • 三和電設株式会社(消防設備工事)
  • セトアクア工業株式会社(電気工事)
  • 瀬戸電設工業株式会社(自動制御機器のシステム設計・施工・保守)
  • 株式会社日建(ビル設備管理)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)

  • 30歳未満 平均18万円から25万円
  • 30歳台  平均18万円から25万円
  • 40歳台  平均18万円から25万円
  • 50歳台  平均18万円から25万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると一般家屋などの電気配線についての知識・技術・技能が習得できていますが、配線工事などの主たる電気工事作業に従事するには第二種電気工事士の資格が必要となります。資格取得までは電気工事に係る補助的な作業に従事し、第二種電気工事士免状を取得後に経験に応じて電気工事作業を任されることになります。  
 また、電気制御機器についての知識・技術・技能を習得することで生産現場などで必要とされる省力化制御機器の保守・管理、回路設計、組立の仕事につくこともでき、さらに実践的な経験を積むことで、シーケンス技術者としての仕事に従事することになります。


訓練修了時に取得できる資格

なし。


任意に取得する資格

「第二種電気工事士」

「第一種電気工事士」

「消防設備士乙種第4類」

「工事担任者(DD第3種)」


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先での実務経験を活かして、上級の電気工事士試験に挑戦したり、技能検定に挑戦したりすることで、さらにスキルアップをはかることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やスキルアップに係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

ポリテクセンター岡山 訓練課

TEL

086-241-0940

FAX

086-241-1909

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る