本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ICTシステムサポート科 (訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

ICTは、私たちの日常生活はもちろん、企業にとって今後の活動を有利に進めていくためにも、必要不可欠な要素となっていきます。
事業所内のネットワークの保守・管理ができるようになることや、生産工程を理解し、生産管理・在庫管理システムを構築できるようになることを目標にしています。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 情報インフラの知識を有し、Web連携技術を活用した事業所内ネットワークの保守・管理ができる。
  • 生産工程管理を理解し、生産管理・在庫管理システムを構築できる。
  • 情報処理技術を高度に活用した事務処理を行い、事業所内のICT化を推進できる。

総訓練時間

  • 672時間

訓練到達目標

(1)工場内ネットワーク構築技術

機器を制御しているPLCをネットワークに接続するための技術、ネットワーク構築に関する技術及び関連知識を習得します。
※PLC(Programmable Logic Controller)の基本・応用知識・技術を習得後、ネットワーク構築のために必要な知識・技術を習得します。

工場内ネットワーク構築技術
(2)生産支援サーバ構築技術

TCP/IPを用いたC/Sシステムネットワークを構成する要素とWebサーバ構築に関する技術及び関連知識を習得します。
※LANの概要を理解し、ネットワークシステムの構築作業、各種設定について、知識・技術を習得します。

生産支援サーバ構築技術
(3)生産支援情報発信技術

生産管理システムの入力画面(フロント・エンド)を開発、また、連携するデータベースの技術及び関連知識を習得します。
※生産管理システムの入力画面をHTML、CGI等の技法で作成し、連動するデータベースの設計、作成、設定等の知識・技術を習得します。

生産支援情報発信技術
(4)生産管理

工程計画や日程計画、資材計画などの生産計画と進度管理、現品管理、余力管理などの生産統制を学びます。生産性を向上するためのIE手法や改善、コスト削減手法について学びます。

生産管理
(5)在庫・品質管理

在庫管理、品質保証の仕組み、品質問題の再発防止・未然防止の考え方等を理解し、品質に関する企画推進ができる技術及び関連知識を習得します。
※表計算を使って、在庫管理について知識・技術を習得します。また、労務管理、原価計算等の知識・技術について習得します。

在庫・品質管理
(6)シーケンス制御技術

シーケンス制御の基本回路及び電動機制御回路について理解し、制御回路配線に関する技術及び関連知識を習得します。
※シーケンス制御とは、機械の動作順序を制御するという意味で、工場、ビル等の制御盤に欠かせない技術となっています。

シーケンス制御技術

受講要件

過去の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンの基本操作(文字入力等)ができること。
    ※ネットワークシステムの構築作業等で、キーボード入力、パソコンの設定作業などが多くなりますので、ご了承の上お申し込みください。

各訓練科共通要件

次の要件をすべて満たす方

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度等)
  • ハローワークで相談して、受講の指示等を受けることができる方
  • 当センターが行う選考に合格した方

受講料

無料です。ただし、教科書代等(6,000円程度)は、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種

当該訓練分野の経験が無い方でも、下記のような関連職種に就職されています。
(前職)   →(修了後の職種)

製造・検査  → 生産管理・品質管理
販売(小売業)→ 総務、一般事務、広告企画
営業     → サーバ管理・運用


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 情報技術を活用した工場等の生産管理事務員
  • 企業内システム部門(システム管理者、サーバ管理者、ネットワーク管理者など)
  • その他ICTを活かした関連仕事

生産管理事務員の仕事

情報処理技術を活用して、ものづくりの現場で効率的な生産を行うためにサポートする仕事。生産管理業務や在庫管理システムなどのシステム開発はもちろん、ネットワーク構築・保守、サーバ運用保守などの生産現場におけるICT化の構築・推進を行い業務改善を行う。

職種との相性(こんな方に向いている)

  • ICT分野に興味がある方
  • 新しい事にどんどんチャレンジしたい方(情報技術は日々進歩しています)
  • 集中して細かい仕事をすることが好きな方

訓練により就職可能な主な仕事

  • 情報技術を活用した生産管理事務員
  • 企業内システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • プログラマ(PG)
  • システム運用・保守
  • 電気設備保守
  • 情報通信工事

求人票に記載されている職種名

  • 生産管理事務員
  • 企業内システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバ保守管理者
  • プログラマ(PG)
  • システム運用・保守
  • 電気設備保守(PLC、シーケンス)
  • 情報通信工事(LAN工事)

就職後の仕事例(求人票より)

  • 製造現場などの生産管理事務員
  • 受注・生産・販売に関する業務の管理等
  • 製造現場における社内システムエンジニア(SE)、プログラマ(PG)
  • サーバの運用業務、保守、構築等
  • ネットワークエンジニア
  • 電気設備保守(PLC、シーケンス)

就職率

95.5%(平成28年度)


修了生の主な就職先

  • JFEスチール株式会社西日本製鉄所(生産管理、品質管理)
  • ビジネスセンター岡山株式会社(サーバ運用)
  • アサゴエ工業株式会社(総務、人事)
  • 三宅重機株式会社(ICTによる重機の運行管理)
  • 株式会社永燃(商品発注)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)

  • 30歳未満 平均18万円から25万円
  • 30歳台  平均18万円から25万円
  • 40歳台  平均18万円から25万円
  • 50歳台  平均18万円から25万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

  • 生産管理及び品質管理の様々な手法を学び、生産性を向上する手法やコスト削減手法を習得できた。
  • Excelのプログラム、Accessのシステム構築法などの基本をしっかり習得できた。
  • ネットワーク・サーバ構築、管理法を学び、企業内ネットワーク環境の構築に必要な技術・知識を習得できた。
  • 生産現場のライン制御で使用されているPLCを用いた制御技術を習得できた。

訓練修了時に取得できる資格

なし。


任意に取得する資格

ITパスポート試験

中央職業能力開発協会「技能検定 電気機器組立て[シーケンス制御作業](1級、2級、3級)」


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター岡山 訓練課

TEL

086-241-0940

FAX

086-241-1909

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る