中国職業能力開発大学校

大学校+企業の共同サポート(メカトロにクス科のイメージ)

メカトロニクス技術科

概要

生産システムの設計・製作から保守・点検までを行うことができる人材の育成を目的としています。 メカトロニクス技術科では基礎的な機械加工・CAD・メ カトロニクス・ シーケンス制御技術を習得し、 簡易的な生産システムの構築ができるように教育訓練を行います。また、企業内技術教育訓練では、 産業界の現場 に密着し、即戦力 となる実践的な技能・技術を習得します。

メッセージ

受験生へのメッセージ
メカトロニクス技術科 大谷 直史
メカトロニクス技術科
大谷 直史
機械加工と制御、これらはものづくりの基本技術です。メカトロニクス技術科では、この両方の技術を学ぶことができます。
学科と実習でそれぞれの技能・技術を習得していくと、興味のある仕事に気付き、幅広い就職活動が可能になります。
また、就労型実習で「仕事」を体験するので、職業意識も高まります。さあ、ものづくりへの一歩を踏み出しましょう。

カリキュラム

企業実習に携わるために基礎となる知識を学習します
職業社会論、安全教育、電気工学概論、制御工学概論、情報工学概論、基礎工学実験、電気工学基礎実験、情報処理実験
必要となる専門的・応用的な技能・技術を学習します
機械工学、制御工学、メカトロニクス工学、機械加工実習、制御工学実験、メカトロニクス実習、コンピュータ制御実習
職業人となるための素地を育てます
(大学校内教育訓練では対応できないことを現場で学びます。)
仕事に関する姿勢、他の従業員との協調、現場に即した安全行動、お客様に対する配慮と責任、お客様への提案力
全訓練期間の集大成として、基礎レベルではなく、より実践的な課題を設定し修了者の能力レベルを向上するための期間です。
能力評価試験、総合制作実習

卒業生の就職分野

メカトロニクス技術科は総合的なものづくりのエキスパートとして、機械分野、電子分野、情報分野を教育訓練します。 そのため、卒業後はそれらの個々の技術を生かした現場への就職のみならず、 製造業生産現場での各部署の橋渡し役としての実務に従事することができます。 金属製品・ 自動車部品製造、自動化機器製造、鉄鋼・化学プラント、機械化された 第一次産業等、幅広い業種に就職しています。
主な就職先
享栄エンジニアリング(株)、井原精機(株)、(株)桃谷順天館、(株)エイムテクノロジー、大阪富士工業(株)、 (株)テクノス、(株)岡山村田製作所、巧伸製作所、三井造船(株)、夢みずきデイサービスセンター、 (株)栄工プラント、グリー ンツール(株)、エムテック(株)、ユーサン精密(株)、東豊精機(株)、 ゼノー・ テック(株)、坂本産業、城南マイクロデバイス(株)、(株)小野製作所、三乗工 業(株)、 坪井鉄工所、ヒルタ工業(株)、桜田工業(株)、松井精機、オカネツ工業(株)、エムイシーテクノ(株)、 玉野エンジニアリング(株)、(株)ガモウ鉄工、アシスト、新興工業(株)、渡辺工作所、ユアサシステム機器(株)、 マックエンジニアリング(株)、山陽設計工業(株)、タマデン工業(株)、三田エンジニアリング(株)、東海電機(株)、日進ゴム(株)

実習風景

実習風景 機械加工実習
機械加工実習
このページの先頭へ戻る