本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

求職者向け職業訓練のご案内

当センターでは、求職者の方(主に雇用保険を受給されている方)を対象に、地域企業の人材ニーズに即した訓練カリキュラムによるものづくり分野に 関する専門的技能・知識を習得するための6か月又は7か月の職業訓練を行っています。 求職者の方は、就職に必要な実践的技能・知識について、基礎から応用まで学ぶことができます。

当センターが実施している職業訓練


コース内容の紹介

各コースの訓練科名・訓練目標等をご紹介します。

訓練目標

機械部品・装置等の製作に必要な加工技術と製図技能の習得を目指します。加工技術では、汎用工作機械による加工知識の習得、NC工作機械のプログラミング技能及び機械操作を行います。製図技能では、機械製図の知識の習得、2次元CAD・3次元CADの操作及び作図技能の習得を目指し、ものづくりに必要な知識・技能を有する人材を育成します。

開講日程
授業風景
機械・CADオペレーション科
訓練目標

製造業で働く事務系人材が身に着けていると役立つ3つのスキルの習得を目指します。3つのスキルとは、①経理・簿記の知識、②機械図面の知識と2次元CAD操作技術、③企画・プレゼンテーション技術です

開講日程
授業風景
ものづくりサポート科
訓練目標

3DCAD活用科の訓練は、3次元CAD技術をコアの技術と考え、3次元CADの操作スキルの習得を目指しています。また、その周りを固める技術・技能として、機械製図・2次元CAD技術・金属加工技術・3Dプリンターを使ったラピッドプロトタイピング技術(RP技術)・射出成形金型関連技術を学んでいきます。

開講日程
授業風景
3D CAD活用科
訓練目標

ものづくり分野である金属加工の中で溶接とは金属の接合方法の一つであり、造船や構造物等幅広い分野で使用されている重要な技術です。訓練ではその溶接施工方法とともにものづくりに必要な知識・技能の習得及び安全知識の習得を目指します。

開講日程
授業風景
溶接施工技術科
訓練目標

電気システム科では、近年の高度化、IT化に対応した電気設備分野の各種仕事に対応できる人材育成を目標に、電気設備工事、電気設備の保守・管理の技能・技術が習得できる訓練を実施します。電気設備工事として、配線設計、電気工事、情報通信工事(LAN)業務に必要な技能・技術を習得します。電気設備の保守・管理(メンテナンス)業務に必要な、電気制御技術(シーケンス制御)、消防設備、受変電設備、空調設備(エアコン)の技能・技術を習得します。

開講日程
授業風景
電気システム科
訓練目標

屋内電気工事について、住宅・ビル・工場における電気設備の設計・施工及び電気設備の保守管理業務に関する関連知識を習得します。配線設計に関する関連知識を習得するとともに、制御盤製作に関する技能及び関連知識を習得します。また、消防設備(自動火災報知設備)の施工・点検に関する知識・技能も習得します。最後に1ヶ月間の企業実習とそれに対するフォローアップ訓練を行い、より実践的な訓練内容となっています。

開講日程
授業風景
電気システム科(若年者)
訓練目標

木造住宅(在来軸組構法)工事を中心に、建築の基礎知識および技能について習得することで、建築業界や不動産業界などの様々な関連職種への再就職を目的とした訓練コースです。具体的には、木造住宅の構造などの基礎知識をはじめ、関係法令やCADによる建築図面作成手法などに関するカリキュラムにより、建築図面作成ができることを目的とした訓練を3ヶ月間取り組みます。また、大工手工具、電動工具などの取扱いなどの基礎技術を習得後、模擬家屋などを活用しながら、木工事・内装工事・リフォーム工事などに関連する技術の習得を目的とした訓練を訓練を3ヶ月間取り組みます。

開講日程
授業風景
建築CAD・リフォーム技術科
訓練目標

工場・住宅に施設されている設備への基本的な施工について、またその保守と故障個所の発見と対処の方法について学びます。ビルの空調・給排水衛生設備の保守管理技術及びPCによるデータ作成、電気設備とシーケンスについて、ボイラーの取扱い技術、空調設備の保守管理技術などの技能や工場内に多く存在する油圧・空気圧回路の基礎的な知識と保全を身に付けるとともに、企業から求められている専門知識及び技術・技能が習得できます。また、訓練修了時の仕上がり像を2つ設定し、関連職種に幅広く対応できるようにしています。

開講日程
授業風景
設備技術科

【導入講習とは??】

 実践的、専門的な職業訓練を受講するために、訓練開始前の1ヶ月間に訓練受講に必要な基礎的能力を付与するための講習です。
 講習内容は、就職のための職業能力開発の導入、チームで働く力、仕事を見つける力、考え行動する力、パソコン基礎操作等を学びます。
 平成29年度は、4入所の機械・CADオペレーション科、溶接施工技術科、電気システム科(若年者)、建築CAD・リフォーム技術科、設備技術科で実施します。

【若年者訓練とは??】

(1)目的
若年者訓練は、若年者(おおむね45歳未満の方)に対して、当センターの施設内訓練と企業における現場実習を通して体系的な知識・技能・技術を習得し、より実践的な職業能力の向上を図ることにより、早期の安定した就労への移行を目的としております。

(2)訓練対象者
若年者(おおむね45歳未満の方)の求職者

(3)訓練コースの形態
ポリテクセンター大分で実施する施設内訓練(5ヶ月間)と、事業所等で実施する企業実習(約1ヵ月間)を行います。

※施設内訓練
就職に関連ある職種の基礎的な知識・技能を習得させる(就職に関連ある職種の資格試験に合格できるだけの知識と技能を習得)とともに、一般常識等、社会人としての最低限必要な知識を持たせる訓練です。

※企業実習
事業所などで施設内訓練のカリキュラムに関連した実践的な内容の訓練を行ないます。

●企業実習(たとえば電気工事・設備関係)の内容例
①住宅屋内配線などの補助作業
②工場内電気設備工事・保全などの補助作業

(4)若年者訓練実施科
平成29年度は、電気システム科の「5月」・「11月」入所で実施します。

※ 当センターでは、訓練内容や指導方法に関する知識・ノウハウを有する指導員が、受講する方々の確かな職業スキル習得をバックアップしております。

お問い合わせ先

ポリテクセンター大分 【訓練課 受講者係】

TEL

097-529-8615

FAX

097-522-0170

求職者支援制度による職業訓練

特定求職者の方(雇用保険の失業等給付を受給できない求職者であって、職業訓練その他の就職支援を行う必要があるとハローワーク所長が認める者)を対象として、 民間教育訓練機関が当機構の認定を受けた職業訓練を実施します。
詳しくは、「
求職者支援訓練の受講を希望する方へ 」をご覧下さい。

大分県が実施している職業訓練

大分県が実施している職業訓練です。 詳しくは、「 大分県が実施している職業訓練 」をご覧下さい。 ※ 別ウィンドウで大分県のホームページが開きます。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る