本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械・CADオペレーション科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

機械部品・装置等の製作に必要な加工技術と製図技能の習得を目指します。

製図技能では機械製図の知識の習得、2次元CADの操作及び作図技能の習得を目指します。

加工技術では、汎用工作機械による加工知識の習得、NC工作機械のプログラミング技能及び機械操作を行い、ものづくりに必要な知識・技能を有する人材を育成します。

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し、CADシステムによる製図ができる。
  • 旋盤及びフライス盤加工と、NC機械のプログラミング及び加工ができる。
訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 670時間

訓練到達目標

1.機械製図作業

製造の現場では、図面がコミュニケーションの道具として利用されています。

訓練では、読図及び基礎的な図面作成スキルの習得を目指しています。

機械製図作業

2.2次元CAD

昨今の図面は、2次元CADと呼ばれるコンピュータソフトを使い描かれます。

ここでは、AutoCADとJw_cadという2種類のソフトの操作スキルの習得を目指しています。

2次元CAD

3.製図・2次元CAD応用作業

機械製図応用作業では、設計補助に必要な考え方の習得を目指し、2次元CAD応用作業では、多種多様な図面をトレースできること、また、異種のCAD(Jw_cad)への対応訓練など、実践的なスキルの習得を目指しています。

製図・2次元CAD応用作業

4.機械加工基本作業

いろいろな金属製品は、工作機械によって形状が製作されます。

ここでは、代表的な加工機械の“旋盤”と“フライス盤”を使って、金属加工の基本の習得を目指します。

機械加工基本作業

5.機械加工(応用)

NC工作機械は、プログラムによって自動加工する機械です。

ここでは、NCプログラムの成り立ちや作り方、NC工作機械を使った加工など、ものづくりの現場に直結した技能の習得を目指しています。

機械加工(応用)

6.応用課題

5ヶ月間の訓練の総括として、訓練生で模擬的な会社を想定し、旋盤班、フライス盤班、NC工作機械班に分かれ、応用課題(機械装置製作)を行います。

応用課題

受講要件

過去の機械関連の経験

  • 特に不要
    ただし、過去にテクニカルオペレーション科及び機械・CAD技術科の職業訓練を修了した方は受講できません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 機械の専門的知識や技能は必要ありません。
  • 訓練内容にパソコンを使った訓練があります。
  • パソコンの基本的操作説明の訓練は行いませんので、自信のない方は訓練の開始前までにご自身で勉強していただくことをお願いします。
    (パソコンの基本的操作とは・・・パソコンの起動と終了、ファイルを開く、保存、コピー、フォルダの作成、ファイルの整理、カット&ペーストなど)
  • ものづくりの訓練では、加工機の訓練で立ち作業がありますので、健康上の不安をお持ちの方は事前にご相談ください。
  • 6ヶ月で機械の製図~加工までと幅広く習得して頂きますので、強い訓練意欲、就職意欲が必要となります。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約8,000円)については、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

製造業や設計業の経験が全く無かった方でも、下記のようなCADや機械加工に関連する職種に就職されています。

関連就職を果たした方の多くは、前向きな受講態度と資格取得などのチャレンジを行い、新しい仕事に対する準備を行っていた方です。
(雇用情勢等により必ずしも関連就職できるとは限りませんので、ご了承願います。)

(前職)     (修了後の職種)
・フリーター  →  機械オペレータ
・飲食店店員  →  機械設計
・一般事務   →  CADオペレータ


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

機械加工工(機械技術) 、CADオペレータ(設計補助)

機械加工工(機械技術)の仕事

工作機械を用い、さまざまな金属に、切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き上げるなどの加工をするのが、機械工です。

試作品のような少量少品種の加工の場合は、人の手で操って加工を行う汎用工作機械を使用します。
大量に同じ部品を加工する場合や、より複雑な形状を加工する場合は、加工を自動で 行うNC工作機械を使用します。

NC工作機械は、自動加工させるために、その動作を指令するNCプログラムが必要です。

機械加工には、期限内に、決められた数量に製品を、精度よく加工するために知識と技能が要求されます。

CADオペレータ(設計補助)の仕事

顧客の計画や意図を満足するように、設計者の指示のもと、図面や3次元モデルを作成するのがCADオペレータです。

CADで作られた図面は、製造の現場だけでなく、見積もり、調達、解析、保全など幅広い分野で利用されます。

CADオペレータには、パソコン操作やCADの操作技能が必要となりますが、設計の補助者としての仕事になれば、さらに、設計者との図面を使った意思疎通が行えるようになる必要があります。

図面を使った意思疎通には、専門用語の知識や、図面に表れる設計者の意図を読み解くスキル、機械加工などの図面の周辺に広がっている技術の知識の習得が大切です。

職種との相性(こんな方に向いている。)

全般的には“ものづくり”に興味があり、些細な事でも丁寧に作業できる方が向いています。性別による向き不向きはありません。

(1)機械加工工(機械技術):現場作業が好きで、機械を使った“ものづくり”に興味があり、グループ作業で協調性を発揮できる方

(2)CADオペレータ(設計補助):パソコンを使った仕事や細やかな作業が好きで、“ものづくり”に興味があり、コミュニケーションを取ることが得意な方

訓練により就職可能な主な仕事

  • CADシステムを利用した設計製図に関わる業務
  • NCプログラムの作成業務
  • CAD/CAMシステムによるNCプログラム作成業務
  • NC工作機械を使用した部品加工業務
  • 機械部品製造・検査業務

求人票に記載されている職種名

CADオペレータ、設計補助、技術管理事務、機械設計製図、CADサポート業務
NCオペレータ、CAD/CAMオペレータ、マシニングオペレータ
NCプログラマー、機械加工技術者、NC工作機械オペレータ、金属加工
生産技術、機械技術者、生産技能職、製造職、生産技術職、測定技術

就職後の仕事例(求人票より)

  • 汎用旋盤、汎用フライス盤による機械加工作業
  • マシニングセンタによる機械部品、各種金型加工作業
  • CADシステムを利用した製図作業

就職率

77.8%(平成30年度5月生)
100%(平成29年度11月生)
90.9%(平成29年度5月生)


賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 平均18万円から20万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

機械・CADオペレーション科では、JIS機械製図による図面の読図、2次元CADの操作、機械加工の基礎、NC工作機械作業に必要なプログラミングや段取り及び加工という流れで学んで頂きます。

これは、ものづくりにおける設計から製造の一連の流れに沿って学んでいることになります。

このことから、初めて機械製造関連に携わる方は、機械製造業における仕事の全体像を理解し、その流れの中のどの業務を希望するかという絞込みができるため、希望職種の明確化がやりやすいと考えております。

また、製造分野に進む人には、図面の知識が必要ですし、設計分野に進む人にも製造技術の知識は必要となりますので、どちらの職種に就くことになっても、バランスよく知識を習得頂けると思います。


訓練修了時に取得できる資格

自由研削といし特別教育修了証

自由研削といしの取替え、又は取替え時の試運転の業務に従事するには、労働安全衛生規則により
特別教育を修了することが 義務付けられています。
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-16/hor1-16-1-1-0.htm

任意に取得できる資格

CAD利用技術者試験

汎用系のCADシステムを利用し、主として2次元図面のトレース業務に従事し、半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。

CADシステムによる製図業務に特化した、操作能力と知識を必要とし、社員としてはもちろん、派遣業務や在宅業務を目指す方が合格者像です。

コンピュータサービス技能評価試験表計算3級

表計算ソフトを用いて、コンピュータの操作方法を学習した方々やコンピュータを活用した各種のサービスを行う方々を対象に、その操作能力を評価する試験です。

※ 資格試験は任意に取り組むものであり、合格を保証するものではありません。
※ 資格試験の各条件等は抜粋です。詳細は必ずHP等で確認してください。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、(社)日本溶接協会の手溶接技能者のその他の種目を受験したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。

当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

ポリテクセンター大分 【訓練課 受講者係】

TEL

097-529-8615

FAX

097-522-0170

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る