本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

テクニカルオペレーション科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

最近の機械加工製品は軽量コンパクトになっており、それにつれこれに必要な部品も高精度で作らなければならず、今では10μm(0.01mm)以下の精度を要求されることも珍しくありません。
そんな部品の多くは切削加工(金属の塊を削る)によって作られます。
テクニカルオペレーション科は、そのような機械関係のものづくり技術者を目指す方を対象に、CAD(図面作成ソフト)による部品図面の作成方法からNC(コンピュータ制御)工作機械を使用した最新のものづくりに関する技能技術を実学一体で習得できます。

訓練全体(6ヵ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し、CADシステムによる製図ができる。
  • 旋盤及びフライス盤加工と、NC機械のプログラミング及び加工ができる。
訓練課題例
訓練課題例

総訓練時間

674時間

訓練到達目標

1.「IT基本及び機械製図」

IT基本操作、活用技術(ワード、エクセル)等一般事務や事務補助といったような業務に必要なパソコン技能及び機械製図(製図一般、機械製図及び関連規格、機械要素)に関する技能及び関連知識を習得します。
・文書データ処理
・表計算データ処理
・プレゼンテーション技法
・JIS機械製図に基づく機械製図基本作業

IT基本及び機械製図
IT基本及び機械製図

2.「2次元CAD基本作業」

2次元CADシステムによる図面作成に関する技能及び関連知識を習得します。
・図形の作成、寸法記入法
・図面の修正方法
・異尺度図面の作成
・ブロック図形の使用方法

2次元CAD基本作業
2次元CAD基本作業

3.「2次元CAD応用作業と3次元CAD」

2次元CAD応用技術、3次元CADシステムの概要とモデリング及び図面編集に関する技能及び関連知識を習得します。
・部品図から組立図への移行
・3次元モデリング
・3次元モデル→2次元図面の作成
・3Dプリンタへの出力

2次元CAD応用作業と3次元CAD
2次元CAD応用作業と3次元CAD

4.「測定及び汎用工作機械作業」

測定作業、ボール盤、普通旋盤、普通フライス盤の操作及び切削加工を習得し、NC加工の基礎となる要素を学びます。
・測定作業(ノギス、マイクロメータなど)
・手仕上げ及びボール盤作業(やすり、タップ、穴あけ加工)
・普通旋盤作業(外径、内径、突切、ねじ切り)・・・円筒形状の部品加工作業
・フライス盤作業(正面フライス、エンドミル加工)・・・角物形状の部品加工作業

測定及び汎用工作機械作業
測定及び汎用工作機械作業

5.「NC旋盤作業」

NC旋盤の基礎知識、マニュアルプログラミング手法、及びNC旋盤作業に関する技能と知識を習得します。
・NC旋盤概要
・NC旋盤プログラミング
・NC旋盤機械操作
・刃先R補正
・複合固定サイクル
・加工実習

NC旋盤プログラミング
NC旋盤プログラミング

6.「マシニングセンタ作業」

マシニングセンタの基礎知識、プログラミングの手法、加工に関する技能と知識を習得します。
・マシニングセンタ概要
・マシニングセンタプログラミング
・工具長、工具径補正
・マシニングセンタ機械操作
・固定サイクル
・サブプログラム
・加工実習

マシニングセンタ工作作業
マシニングセンタ工作作業

受講要件

過去の機械工やCADの経験

特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

パソコンによる文字入力及びファイル操作

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約 11,000円)及び作業帽等代、職業訓練生総合保険料(任意)等約1,000~6,000円は実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

CADによる機械製図や機械加工が未経験の方でも、下記のような関連職種に就職されています。
(ただし、必ずしも下記の通り就職できるとは限りませんのでご了承願います)
 (前職)    (修了後の職種)
・フリーター → 機械設計技術者
・配管工   → NC機械オペレータ
・流通業   → NC機械オペレータ


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

CADオペレータ、機械加工技術者、NC機械オペレータ

機械加工の仕事

工作機械を使い、さまざまな材料を切る・削る・穴をあける・溝を切る・磨き仕上げなどの加工を行うことが機械加工の仕事であり、この仕事に従事する者を機械加工技術者と言います。機械加工技術者はまず部品図面から製品を作らなければならないため、図面を読むという能力が必要です。部品図面を見て、加工方法などを決めてから実際の加工に入るわけですが、機械の選定から刃物の選定、回転数や送り速度の決定などを行います。少量の生産であれば専ら昔ながらの汎用機械を使用しますが、大量生産となる場合、通常、削るためのプログラムを組んで運転するNC工作機械を使用します。修了生が就職した場合、企業により様々ですが、簡単な加工作業的なことから徐々に複雑な加工作業に携わっていくことが多いようです。

職種との相性(こんな方に向いている)

“ものづくり”に興味があり、何かを作ったり組み立てたりすることが好きな方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • CADを使用した機械図面の製作
  • 汎用工作機械(旋盤・フライス盤)を用いた機械加工
  • NC工作機械を使用した加工及びオペレーション

求人票に記載されている職種名

CADオペレータ、機械設計技術者、機械加工技能者、NC工作機械オペレータ、金属加工技能者、
機械技術者、機械メンテナンス技術者、工程管理技術者、メカエンジニア、生産技能職、製造職、
生産技術職、生産管理職など

就職後の仕事例(求人票より)

  • CADを使用した設計及び製図
  • 旋盤、フライス盤を使用し、金属やプラスチックの切削加工を行う
  • NC工作機械を使用した量産品製作、新しい製品の段取りを行う
  • 機械組み立て作業
  • 工場の生産設備保全(メンテナンス)業務
  • 自動車や建設機械などの整備

就職率

平成27年度実績96.4%
平成28年度実績89.1%
平成29年度実績95.3%(速報値)


修了生の主な就職先

  • ㈱昭和(部品加工製造業)
  • ㈱中園工業所(部品加工製造業)
  • ㈱にへい精機(生産設備製造業)
  • マツタ工業㈱(金型加工製造業)
  • ミツワハガネ㈱(部品加工製造業)

〔順不同、敬称略〕


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

テクニカルオペレーション科を修了することにより”ものづくり”の面白さと難しさが分かります。加工技能の基本はできていますが、あくまでほんの入口の技能ですので、仕事をしながらOJTにより技能を高めていただく必要があります。就職後は、個人差もありますが、1~2年で一人立ちができるようになります。


訓練修了時に取得できる資格

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証

研削砥石(といし)とは、加工物を研磨したり切断したりする機械工具の一種です。
サンダー、グラインダーを使用する業務については必要な資格です。
特別教育を修了すると、自由研削作業、研削砥石の取替えの業務に就くことができます。


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講生の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受検手続の説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。
(ただし、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問合せください。)

コンピュータサービス技能評価試験 中央職業能力開発協会

教育訓練施設や事業所において、コンピュータの操作方法を学習した方々やコンピュータを活用した各種のサービスを行う方々を対象に、その操作能力を評価する試験です。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。


修了者の就職事例・活躍事例

お問い合わせ先

ポリテクセンター延岡 【訓練課】

TEL

0982-37-0649

FAX

0982-37-1857

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る