本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

福祉住環境リフォーム科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

住宅の構造とCADによる住宅図面作成、福祉住環境に配慮したプランニング方法、施工実習を通して、建築分野、福祉住環境分野への関連業務に必要な知識と技能の習得を行います。

訓練全体(6ヵ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 木造住宅の改修に必要な構造、法規、各種申請について理解し、図面作成ができる。
  • 木造住宅の構造部材、内装の施工及び改修ができる。
訓練課題例

実習課題

訓練課題例

実習課題

総訓練時間

669時間

訓練到達目標

1.「木造住宅設計」

木造住宅設計に必要な知識(計画・法規・構造・製図)と技能を習得します。

木造住宅設計
木造住宅設計

2.「パソコン活用・CAD(図面作成ソフト・3D-CAD)」

ワード・エクセルの基本操作とCADソフト(JW_CAD)を利用し木造住宅設計図面(平面図・矩計図・立面図等)の作成を通して、住宅図面に必要な技能・技術及び知識を習得します。
また、3Dマイホームデザイナーを利用し、設計した住宅を3D化し、高さを意識した設計に関する技能・技術及び知識を習得します。

パソコン活用・CAD(図面作成ソフト・3D-CAD)
パソコン活用・CAD(図面作成ソフト・3D-CAD)

3.「木造住宅施工1」

木造住宅の施工で使用される一般的な工具・電動工具の使い方及び使用方法を学び、住宅施工で用いられている木材加工の基本技術を習得します。

木造住宅施工1
木造住宅施工1

4.「木造住宅施工2」

木造住宅の構造部材の加工、建て方を実践しながら、実際に家屋を施工することで住宅の構造部材・管理に必要な技術・技能及び知識を習得します。また、洋室・和室の内装施工や建具の取付施工の技能・技術及び知識を習得します。

木造住宅施工2
木造住宅施工2

5.「福祉住環境整備」

在宅における高齢者の特性や介護問題及び、介護保険制度を理解し、住環境整備に必要な知識・手法等を習得します。

福祉住環境整備
福祉住環境整備

6.「住宅改修技術」

実習で施工した家屋を使って実際に手すりの取り付けや段差の解消等を行い、住環境整備に必要な住宅リフォームの実践的な技術を習得します。

住宅改修技術

改修前

住宅改修技術

改修後


受講要件

過去の住宅リフォームに関する経験

特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約 6,500円)及び作業帽等代、職業訓練生総合保険料(任意)等約1,000~5,000円は実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

未経験の方でも、下記のような溶接と関連する職種に就職されています。
(ただし、必ずしも下記の通り就職できるとは限りませんのでご了承願います)
 (前職)    (修了後の職種)
・事務    → CADオペレータ
・サービス業 → 現場管理
・サービス業 → 大工


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

建築施工技術者、建築設計技術者、介護職員

建築施工技術者の仕事

住宅等の施工にかかわる多くの職種がこれにあたり、その市場についても新築住宅のみならず、リフォームへの関心の高まりから、今後更なる拡大が見込まれています。また、福祉用具の種類や在宅介護の基礎知識を活かし、今後の社会的ニーズを見込んだ福祉住環境整備も手がける事業者も増加しています。

職種との相性(こんな方に向いている)

建築や住環境整備に興味があり、細かな作業が好きな方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 現場管理に関する業務
  • 住宅営業の業務
  • 福祉に関する業務

求人票に記載されている職種名

現場管理者、現場工事管理、住宅営業、建築現場管理・設計、内装業、住宅リフォーム業、
CADオペレータ、福祉用具販売

就職後の仕事例(求人票より)

  • 建築現場での管理業務
  • 木造住宅の建築
  • モデルハウス等での接客業務
  • 設計事務所での住宅設計
  • 福祉用具の販売
  • 福祉施設等の介護職員

就職率

平成27年度実績93.3%
平成28年度実績92.6%
平成29年度実績95.9%(速報値)


修了生の主な就職先

  • 上田工業㈱
  • ㈱内山建設
  • ㈱おりなす建材
  • ㈱キサヌキ
  • (有)大興不動産日向
  • トーモク      等

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練では、【住宅施工技術】、【改修計画】、【住宅改修技術】を主として習得していきます。
改修計画は「段差解消」や「手すりの取付」といった高齢者を対象としたものに重点を当てて習得していくため、高齢者への理解・かかりやすい疾病、介護技術、福祉用具、介護保険制度等についても幅広く習得していきます。訓練内容に深く関係する「福祉住環境コーディネーター2級」を取得する方もいます。
 【住宅施工技術】、【住宅改修技術】を活かし、経験を積むことで現場での大工作業、内装作業ができるようになります。
「福祉住環境コーディネーター2級」や福祉用具、介護保険制度に関する知識を活かし、さらに福祉用具専門相談員の資格を取得(講習修了により取得)することで、福祉用具販売・レンタル等の業務に従事した時に必要となる適切な福祉用具等の選定ができるようになります。
 また、CADの操作技術や建築製図の知識を活かしCADオペレータとして製図をすることができます。


任意に取得できる資格

訓練期間中に皆さんが習得した技術・技能を活かして任意に受験して取得できる資格です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。
(ただし、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問合せください。)

福祉住環境コーディネーター 東京商工会議所

コンピューターサービス技能評価試験 中央職業能力開発協会

建築CAD検定試験 全国建築CAD連盟


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。


修了者の就職事例・活躍事例

お問い合わせ先

ポリテクセンター延岡 【訓練課】

TEL

0982-37-0649

FAX

0982-37-1857

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る