新潟職業能力開発短期大学校

進学実績

大学校への進学
全体の20%

大学校の応用課程へ進学することも選択が可能で、毎年約20%の学生が進学しています。応用課程修了後は大卒と同じ扱いとなり、職種やスキルの可能性が広がっていきます。就職先は民間だけではなく、職業訓練指導員になることもできます。また、条件によっては大学院への進学も可能です。

高校からの進路例

就職・キャリア

本校の特色
入試日程
在校生100人に聞きました!