新潟職業能力開発短期大学校

企業インタビュー

産業界とのつながり

繊細な日本のものづくり。 その基礎をきちんと学んで欲しい

新発田建設株式会社 渡辺 明紀 様
●代表取締役社長 ◎産業教育振興協議会 副会長

 新潟職能短大は、建学時に地域にオープンでありたいと「塀」を作らなかったそうです。学校活動にもイベントを組み込んで地域と交流する努力をされています。平成12年に当社がパソコン・CADを導入した際も、快くオーダーメードのカリキュラムを組んでくださり社員全員で受講。お陰様でレベルが一気に上がりました。当社にも修了生が多くいますが、その印象は「真面目」。派手さはないが、仕事と真摯に向き合っています。面接で緊張から話せず不採用になりかけた学生も、現場では水を得た魚のよう。「ものづくりをしたい」と入校し、その心を失わないまま伸びてきた感があります。当社はものづくりの会社、技術で生きている会社なので新潟短大校とベクトルが合っています。どうぞ、当社の現場も見学に来てください。いつでも歓迎します。そして、社会に出て日本を支える人材になることを大いに期待しています。

Profile ● 新発田建設株式会社
大正9年、名大工であった初代が創業。新発田城三階櫓の復元やカトリック新発田教会の建築など高度な技と情熱から歴史に残る建造物を誕生させてきた。デザイン性が高く、災害に強い近代建築も多数手がけ、新潟県内はもちろん、全国各地の施主から厚い信頼を獲得している。社是は「真・善・美」。

※産業教育振興協議会とは……
産業教育振興協議会は、新発田市及び近隣地域内産業界と新潟職業能力開発短期大学校とが深い理解と緊密な連携を保持し、業界の人材育成研鑽の場として、産業技術教育の研究、その他必要な情報の提供等を図り、もって相互の発展向上に寄与することを目的としています。

良い人材を輩出することで新発田市と貴校の存在感を示してください

松山重車輌工業株式会社 大滝 和男 様
●取締役管理部長

 新潟職能短大は、新発田市の短大、テクノスクールを大きくした大学というイメージがまだ強いようですが、企業にとって即戦力は最高の魅力。新発田市外や近郊の県などに貴校の “即戦力の人材育成”をもっと自信を持ってアピールするべきだと感じます。それには、地域の中小企業とのパイプを太くし、良い人材を輩出することが、新発田市と新潟職能短大の存在感を示すことにつながると考えます。当社は、貴校の修了1期生より採用してきました。途切れた年もありましたが、貴校を第一優先と考えており、いつか修了生が当社を支えるような時期が来るのではないかと思っています。企業は、求める人材に対して希望が多いですが、考え方、努力を惜しまなければ、必ず楽しい人生、社会人になれると思います。

Profile ● 松山重車輌工業株式会社
鉄道保線用軌道モータカー・保線機器・各種産業用車輌・機器の製作・改造・修理等の事業を展開。社会の中できわめて重要な軌道輸送を根幹で支えている。創業以来、常に現在よりもレベルアップした技術の開発と、より安全性が高く、保線に従事する方々に使いやすく設計された製品づくりを目指している。

新潟県内に根ざした各企業へ今後も優秀な人材供給を期待しています

新潟原動機株式会社 田村 和好 様
●東港地区統括責任者

 当社には1998年から合計10名の修了生が働いています。それぞれ個性がありますが、概ね、仕事に対し熱心で、与えられた業務に前向きに取り組み、「早く一人前になろう」という気持ちが強く感じられます。新潟職能短大は工業系であることに加え、“ものづくり”に力を入れていらっしゃる。当社もコストだけを注視するのではなく、製造業の本来の姿である“ものづくり”に注力しております。ですから、貴校の考え方(姿勢)に共感するとともに、そのエッセンスを吸収した学生に大いに期待しています。今後も、新潟県内の地域に根ざした各企業への優秀な人材供給をお願いいたします。学生のみなさんも、我々と一緒に世界に向けて“ものづくり”をしていきましょう。

Profile ● 新潟原動機株式会社
ディーゼルエンジン、ガスエンジン、ガスタービンといった原動機(内燃機関)を約100年前から製造。原動機のパイオニアといっても過言ではない。4つある工場では、部品の加工、製品の組立及び製品の試運転などを行っている。製造した原動機は国内はもちろん、海外からの信頼も高く、世界各国で稼働している。

今後も多くの修了生を輩出し地元企業に就職を希望する学生を支援!

新菖工業株式会社 荒井 英之 様
●代表取締役社長

 当社は、新潟職能短大の開校当時より多くの修了生から入社していただき、今春も採用を予定しています。みなさん勉強熱心で、入社後も専門分野への理解を深め、資格取得のため一生懸命勉強しています。しかし、仕事の合間に勉強することはなかなか難しい。勉強に打ち込める環境がどれほど恵まれているかを理解し、学生のうちに基礎的な知識を身に付け、社会に出たら即戦力として活躍できるように準備してください。地域に若者が多くいると、その地域は元気になる。高校の卒業生が地元に残る選択肢となる貴校は、地域に無くてはならない存在です。当社も貴校と一緒になって地域社会・地域産業のために尽力して参りたいと思います。

Profile ● 新菖工業株式会社
公共施設からビル、一般住宅の各種設備の新設リフォーム(増改築)の設計施工からメンテナンスまで一貫して取り扱う。新潟県発注の公共工事において優れた施工管理と技術力による優秀な工事であること、施工管理を行った技術者の証である「優良工事証及び優秀技術者証」を取得。

在学中は、時間や周囲の人々、そして新潟能開短大とご自身を大切に。

北陸電々株式会社 河内 康志 様
●代表取締役

 新潟職能短大の学生は、2002年に初めて採用、その後もつながりが強く、継続して採用させていただいています。もっと以前からつながっていれば良かったと感じるほどです。学生たちの印象は、家族思いで、素直でおとなしい人が多い。引っ込み思案というより、まだ世の中に揉まれていない風です。自分の視野を広げていけば、さらに実力を発揮すると思います。学生時代は地域行事に参加して、地域の方々と積極的に情報交換を行ってください。そして社会に出たら、オフィスのデスクワークの人と現場の最先端で働く人をつないでいける、そんな人材に成長することを期待しています。また、学校と住まいの往復だけでなく、意欲的に外へ出て、視野を広く持ち、自分自身のペースで一歩ずつ目標や理想を明確にしていってください。

Profile ● 北陸電々株式会社
電気通信設備工事、情報通信ネットワーク、弱電設備のコンサルティング、設計、施工、保守、販売など情報通信技術を基盤とした継続的な事業展開を通じて社会に貢献している。

就職・キャリア

本校の特色
入試日程
在校生100人に聞きました!