新潟職業能力開発短期大学校

沿革

職業能力開発促進法に基づき、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(旧:雇用促進事業団)が設置運営する2年制の工科系短期大学校として、平成4年4月に開校しました。また平成12年4月大学校化に伴い、北陸職業能力開発大学校附属新潟職業能力開発短期大学校に校名を変更しました。

平成4年4月 雇用促進事業団
新潟職業訓練短期大学校として設立
平成5年4月 新潟職業能力開発短期大学校に改称
平成11年10月 雇用・能力開発機構
新潟職業能力開発短期大学校
平成12年4月 雇用・能力開発機構
北陸職業能力開発大学校附属新潟職業能力開発短期大学校
平成16年3月 独立行政法人 雇用・能力開発機構
北陸職業能力開発大学校附属新潟職業能力開発短期大学校
平成23年10月 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
北陸職業能力開発大学校附属新潟職業能力開発短期大学校
平成27年4月 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構新潟支部
北陸職業能力開発大学校附属新潟職業能力開発短期大学校として現在に至る

本校について

本校の特色
入試日程
在校生100人に聞きました!