新潟職業能力開発短期大学校

住居環境科●専門課程●二年制/自然と住まいの心地よい関係を創りだすために。住空間の計画や設計、幅広い知識・技術を学ぶ

住居環境科の特色

1.住環境計画・設計
情報を読み取りイメージを形にする

土地固有の情報を読み取り、建物と人との関わり方、これからの建築空間のあるべき姿についての認識を深めます。さらには身に付けた製図・CAD・CG・建築模型の技能を駆使して、自らの建築設計案を具体的な形に表し、プレゼンテーションまでを行います。

2.材料・構造
災害から生活を守る

建物を構成している材料の性能や耐久性について実験を通して知り、この材料から柱・梁等が作られる仕組みを学びます。構造力学や構造設計では、安全な建物について知り、地震などの災害から人の命を守るための技術を修得します。

3.施工
「知っている」から「出来る」へ

木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造などの知識をもとにして、建築構造物を実際に竣工させるために、施工方法、安全衛生、施工管理、施工図などについて学びます。また、施工実習では自らの手で材料を加工し構造物を施工する実習を行います。

カリキュラム

住み手の期待にどう応え、快適で強く、長く住める住環境をどのように創るか。今、その大きな社会的役割を担う建築技術者が求められています。 住居環境科では、基礎・専攻学科でその理論を学び、多くの実験・実習を通して建築の技術と技能を身に付けることで、建築空間、住環境づくりにおいて、企画・設計及び施工管理領域で活動できる実践技術者の育成を目標としています。また、建築物は独りでつくることは不可能であり、コミュニケーション力が要求されます。住居環境科では、様々な実習において協力して作業し、目標を達成することで、コミュニケーション力の向上も図ります。

総合制作実習課題・作品/各種競技大会

住居環境科では各種競技会に積極的に参加しています。競技の結果はもちろんですが、他大学の学生や社会人との交流は視野を広げ学生を成長させます。また、2年生は1年間を通してつくり上げる「総合制作実習」に取り組みます。総合的判断力や実践的技術の習得が目的ですが、社会貢献の視点を持って取り組んでいます。

【平成28年度総合制作実習テーマ一覧】
●新発田市米倉活性化計画
●長岡市土地活用健康増進施設の計画
●丸山大橋周辺の設計構想
●新発田諏訪神社神輿の計測および図面作成~明治期造営神輿~
●合板による組立式椅子の製作
●木造住宅の実大部分断面模型の製作
●技能習得度による強度性能の推移(金輪継手の引張試験)
●建築大工 技能検定1級課題
●テーブル製作
●新発田市における既存木造住宅の耐震性能に関する研究
●新発田市における歴史的建築物の耐震性能に関する研究
    -昭和11年に建築された写真館の場合-
●1/2住宅模型を用いた振動実験
●テンセグリティの研究
●関川村活性化計画
●新潟短大新実習棟の設計提案
日本建築家協会主催:学生課題設計コンクール
日本建築構造技術者協会新潟主催:構造模型コンテスト
新発田諏訪神社神輿写真(左) 点群による3D画像(右)
建築大工1級技能士課題写真              3Dモデル

国家資格への挑戦

在学中に取得可能な資格
●2級建築施工管理技士(学科のみ)
●技能検定(建築大工3級)
●建築CAD検定
修了後の目標資格
●2級建築士(実務経験無しで受験可)
●1級建築士(4年間の実務経験の後、受験可)
●2級建築施工管理技士(2年間の実務経験の後、受験可)
●1級建築施工管理技士(5年間の実務経験の後、受験可)

在校生からのメッセージ

自分の未来の可能性を広げるために頑張ってください

住居環境科 平成27年入校
吉岡 珠菜/新潟県立長岡大手高等学校出身

短期大学校の2年生は授業、実習は専門性が高い授業が多くなり、社会に出て働く際に重要な内容が多いですが、教員方のサポートのおかげでクラスの仲間と楽しく建築技術や知識を身につけることができます。資格取得に向けての勉強も始まりますが、勉強だけでなく多彩な学校行事があり、仲間とともに行事を学生自身が作り上げていく有意義な学生生活を送ります。
入学したら夢や希望を叶えるために2年間を大切にしてください。また、学生時代の仲間は一生の友人になりますので、仲間とともに充実した学生生活を過ごしてください。

興味のあることを学ぶことは楽しいですよ

住居環境科 平成28年入校
鷲尾 玲稀/学校法人北越高等学校出身

インテリアに興味があり入校しました。クラスの人数が少ない分、先生が一人ひとり見てくれるし、友達と仲良くなれ楽しい学校生活を過ごしています。住宅設計実習では、建物のコンセプトから図面、模型などを作り、プレゼンテーションまで行います。授業で学んだものを活かすため、建物の使い勝手や動線計画、光の取り入れ方などを考えるのは難しかったです。プレゼンテーションでは教員や友人との意見交換でより良いものを作るための勉強になっています。目標や夢への気持ちを持って学べば、充実した学生生活が送れます。ぜひ一緒に学びましょう。

教員からのメッセージ

好きな建物を実際に見に行って、空間を体験してほしい

坂下 先生/専門 建築施工、CAD/CG、 インテリア

ものづくりは、これをつくった者のみが味わう人生の充実です。ものづくりにも色々ありますが、住居環境科で学ぶものづくりは「安全かつ快適な建築空間の創造」という事になるでしょう。当校には色々な専門性を持った先生がいますから、建築的な創作欲求があればきっと実現できます。ものづくりの充実感を味わってみませんか。
好きな建物や建築家はいますか?まずは建築に興味を持ち、好きな建物を見に行って下さい。建築を理解するには、空間を体験するのが一番です。たくさんの良い建築物を体験し感性を磨いてください。

教員紹介(担当教科&専門分野)

時田 一雄
担当教科構造力学Ⅰ・Ⅱ、構造設計Ⅰ・Ⅱ、構造設計実習、構造設計演習、建築材料実験
専門分野建築構造
坂下 哲也
担当教科建築施工実習Ⅰ・Ⅲ、施工図実習Ⅱ、仕様及び積算、インテリア計画、インテリア設計実習、居住プレゼンテーション、CG制作実習
専門分野建築施工、CAD/CG、インテリア
矢部 俊太郎
担当教科建築施工Ⅰ・Ⅱ、建築材料Ⅰ・Ⅱ、建築材料実験、インテリア施工実習
専門分野建築施工、木質構造
佐畑 友哉
担当教科建築構法、建築施工実習Ⅰ・Ⅲ、施工図実習Ⅰ、CAD実習
専門分野建築施工(木質系施工)
伊藤 良子
担当教科建築史、建築計画、建築法規、基礎製図、建築設計実習Ⅰ、コンピュータ基礎、コンピュータ基礎実習
専門分野建築計画、建築設計、CAD/CG

学科紹介

本校の特色
入試日程
在校生100人に聞きました!