本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練)


機械加工技術科

平成28年6月修了生

男性・38才

訓練を受講しての感想

 私は今まで主に販売にかかわる仕事をしていましたが、ものづくりに大変興味があり機械加工の技術を学びたくてポリテクセンターに入所いたしました。金属を削るという今までやったことのない体験でしたが、図面のとおりに物を削りだすのは非常に楽しかったです。ここで訓練したことや今までの経験をかわれ、おかげさまで金属加工系の企業に就職が決まりました。ここで学んだことや今までの経験を活かし、就職先の会社に貢献できるようにこれからも学ぶ姿勢を忘れずに頑張っていきたいと思います。

平成28年3月修了生

男性・28才

訓練を受講しての感想

 私は機械加工の技術を学ぶためにポリテクセンターに入所しました。
 実習では失敗することもありますが、図面の寸法通りに加工出来た時にはものすごく達成感を感じることができ、楽しく取り組むことができました。おかげさまで、修了前に機械加工製造の企業に就職が決まりました。ポリテクセンターで学んだことを活かし、就職先でもっと自分の技術を磨いて頑張りたいと思います。

平成26年9月修了

K・Yさん(男性)

訓練を受講しての感想

 私は、地元長崎のニーズに合ったものづくりの技術を身に付けるために機械加工技術科に入所しました。 初めて工作機械を扱うということで、とまどうこともありましたが、疑問に思ったことについては、質問をすればていねいに説明していただき、すぐに操作に慣れることができました。おかげさまで、修了前に機械加工製造業の企業に就職が決まりました。6ヶ月で身につけた技術を活かし就職先でもがんばりたいと思います。


溶接施工科

平成27年12月修了生

女性・42才

訓練を受講しての感想

 Uターンで長崎に戻り、ハローワークに行った際DIYで興味のあった溶接のできるコースがポリテクにあると知り、事務職歴が長かったのですがこの機会に思い切って製造業に転職できないかと淡い期待を持って入所しました。溶接は荒いイメージがありましたが、実際には手ブレや棒の角度などのちょっとしたズレでも品質に反映されてしまう職人技という言葉がぴったりものでした。指導の方が熱心で、いろいろな方を指導された経験からか的確に分かりやすく指導して頂けるので、未経験でしたが、仕事レベルの入り口まで知識と技能は身に付けることができたのではいかと思います。ポリテクセンターの金属加工科は造船関連への就職も視野に入れる事ができると思います。マイペースに淡々と仕事をこなせる性格の人なら、男女問わずこの職業に就きやっていくことができると感じました。最初は上手くできなくでも、やればやる程うまくなると思います。

平成27年9月修了生

男性・28才

訓練を受講しての感想

 色々な仕事をやってきましたが、将来を考え長崎県でできる仕事と考えた時、造船が出てきました。それが入所したきっかけです。初めは不安しかありませんでした。しかし、受講生、指導の方々との人間関係も良く授業面もわかりやすく、丁寧、楽しく受講することができました。金属加工に関して未経験でしたが、将来の仕事へ向けて腕を磨く事ができました。

平成26年6月修了

宮崎 将太さん(男性)

訓練を受講しての感想

長崎ポリテクセンター金属加工科を修了し、就職も決まりました。最初は6ヶ月間という訓練期間を上手にやっていけるか不安な気持ちでいっぱいでしたが、6ヶ月間一緒に訓練した同期の皆さんと助け合いとても充実した日々と訓練を学ぶことができました。丁寧に教えて下さった先生方への感謝を忘れず、学んだ知識と技術をこれから活かしていけるように精一杯頑張っていきたと思っています。6ヶ月間お世話になりました。そして、ありがとうございました。


電気設備技術科

平成28年6月修了生

男性・42才

訓練を受講しての感想

 私は前職で電気工事とは無縁のシステムエンジニアとして働いていましたが、電気関係の仕事に興味を持ち、専門的な技術と資格を取得したいと考え、退職してポリテクセンターの電気設備技術科を受講しました。受講内容は基本的な電気機器の取り付けからシーケンス制御、LAN工事、消防設備、太陽光システム等の施工工事、JW-CADを使った配線図面の作成等、各種電気工事に関する知識と技術を一から学ぶことができました。当初はわからないことが沢山ありましたが、先生方が初心者にもわかりやすく丁寧に教えてくれますし、受講生同士教え合い競い合いながら理解を深めることができたおかげで、LANや消防設備等の工事・保守を行う仕事に就職することができました。また、受講中第二種電気工事の試験対策も盛り込んでいただき、試験勉強にとても助かりました。あっという間の6ヶ月でしたが、訓練と資格試験、就職活動に集中することができ、受講してとてもよかったと思います。今後も身に付けた知識や技術の更なるステップアップと図り、仕事の幅を広げいきたいと思います。

平成26年9月修了

杉竹 祐太さん(男性)

訓練を受講しての感想

 私は前職は接客業の仕事に従事していました。以前から、電気に興味があったのですが、時間も資格もなく、就職も困難だろうと諦めていました。そのうち、知人からポリテクセンターの存在を聞いて、家族の後押しもあり、退職を決意して電気設備科へ入所することにしました。最初は、戸惑うこともありますが、わからないことは先生がわかりやすく教えてくれます。また、受講生同士でも助け合って理解していくことで、一度覚えた事は記憶に残り、なかなか忘れないので、第二種電気工事士の試験勉強で、とても助かりました。技能試験対策も、皆で放課後に残って頑張ったおかげで無事資格を取得することができました。
 就職活動では、支援室の方々が一人一人真剣に向き合って下さるので、再就職を考えている方や、ポリテクセンターに、少しでも興味がある方は、定期的に体験学習も行っているので、ぜひ利用してみてください。
 電気設備科は電気の知識が全くない方でもわかりやすく教えてくれますので、大丈夫ですし、特に電気工事士の資格取得を目指している方にはぜひおすすめです。


設備管理科

平成28年3月修了生

男性・37才

訓練を受講しての感想

 前々職で施設管理をしていました。退職後福祉施設で働いていましたが、設備の仕事のやりがいを捨てきれず、スキル向上も目指してポリテクセンターの入所を決心しました。以前は協力会社に任せていた作業を実際に訓練でやることもありました。難しい作業もありましたが、周りの受講生と協力しながら完了させると大きな達成感を得られました。もし、少しでも入所を考えているのであれば、見学会への参加をお勧めします。私は見学会に参加して説明を受け、施設も見てから一層入所への希望が強くなりました。遠方からの通所になると迷われている方は自分のやりたいことと比べて考えると苦にならなくなると思います。片道1時間半以上かけて半年間通所しましたが、訓練内容を身に付けようという意思があればきっと大丈夫です。

平成27年12月修了生

男性・22才

訓練を受講しての感想

 以前より水道設備の仕事に興味があり、知人の紹介で水道設備以外にも電気など様々なことが勉強でき、免許を取得することができることに魅力を感じ訓練を受講しました。訓練時間以外でも先生方が親切にわからない箇所を教えてくださったのでより理解を深めることが出来ました。将来自分自身がどういう職種につきたいのか、しっかり考えて受講する訓練を選択した方がいいと思います。

平成27年12月修了生

男性・22才

訓練を受講しての感想

 経験や資格取得などでスキルアップ出来る仕事を見つけるため入所しました。設備管理科は水配管だけではなく電気・ボイラ・測量・エアコン・CADなど実際に体験して自分の得意・不得意を知ることが出来るので、就職への参考になりました。再就職は難しいです。しかし、ポリテクセンターでは一人で悩むことなく就職支援室など就職活動もしっかりサポートされています。また求人は技術職だけではなく、様々な職種から選択でき、自分がやりたい仕事また合っている仕事が見つかり、訓練や資格取得で就職でも有利です。自分に合った仕事をじっくり悩んで選びたい人には訓練受講をおすすめします。

平成26年9月修了

元島 泰男さん(男性)

訓練を受講しての感想

 今まで建設現場や空調関係の仕事をしてきましたが、退職を機に電機などの様々な知識を身に付けたいと思い、この設備管理科に入所しました。先生方も熱心で時には厳しいこともありますが、おかげで第二種電気工事士や危険物取扱者、消防設備士の資格も取得することができ、就職も希望していた環境施設維持管理に決まりました。クラスも幅広い年代や様々な経験をしてきた人が集まっており、毎日が刺激のある有意義な半年間でした。設備管理科を選んだことは本当に良かったと思います。


住宅リフォーム技術科

平成28年3月修了生

男性・49才

訓練を受講しての感想

 今回この住宅リフォーム技術科を受講した動機は、以前から興味があったのと最終的に自分で家のリフォームを行いたいという希望があり、前職(調理師)を30年続けてきましたが、転職をするのは、最後のチャンスと思い受講しました。全く違う業種なので、座学での法規、CADの学習は新鮮で、学生時代を思い出し勉強ができました。また、実習では大工の基礎の指導を受け習得し受講生皆で模擬家屋を一棟建てるという実践的な授業でした。再就職では、就職支援の先生方の支援のお蔭で希望する住宅関連の仕事に就く事が出来、このポリテクセンターで充実した半年間を過ごす事が出来ました。

平成27年9月修了生

男性・32才

訓練を受講しての感想

 前職は福祉分野の仕事に従事していましたが、以前から興味を持っていた建築関係の道に進みたい思いが強くなりました。ハローワークでポリテクセンター長崎の住宅リフォーム技術科の公募を知り、事前見学に行った際、建築の基礎から学べる環境が整っているこが確認できて再就職に必ず役に立つと確信して受講しました。受講前は不安の方が大きかったですが、いつの間にか不安が充実に変わっていました。この心境の変化には正直驚いています。修了後は住宅会社に就職が決まりました。これまで学んできた内容を活かして、お客様が自然と笑顔がこぼれる仕事ができるように知識と技術を磨いていきたいと思います。建築に関して素人の私がどのように学び成長できるのか期待と不安が入り混じる中、講義から始まりました。建築の基礎知識からソフト(CAD)を応用してより具体的に住宅が設計されるまでの工程を学習し、最終的に受講者同士で理想の住宅について意見交換を行い、お互いに設計した住宅を発表しました。この期間で、建築分野に対して扉が開け、これから将来的に経験していく基礎を学ぶことができました。
 次に、現場実習に取り組みました。建築現場で使用する道具の手入れから始まり、木材の加工技術を長年建築現場で活躍されていた先生による模範指導を体験して自ら木材を加工しました。その技術を応用し実際に模擬家屋を受講者が協力して建築しました。この期間で、普段何気なく暮らしている住宅が様々な知識と技術で建築されていることに気づかされました。

平成26年9月修了

N・Iさん(男性)

受講動機

 今まで、建築関係の管理者として従事してきましたが、これまではコンクリート・鉄骨造などの建物ばかりで、原点の戻ろうと自然にかかわれる「木」樹木を使った木造住宅・木材に関する仕事に向け受講しました。

 N・Iさん(男性)

訓練を受講しての感想

 木造住宅の基本基礎知識、JWCAD、3D CADを前半3か月に学び、後半3か月は実地により、木材加工から建屋を建てる作業を学びました。前半、基礎知識などは、鉄骨・コンクリートと違いが多くて少し戸惑いましたが、新鮮で楽しく学ぶことでき、実地も経験がなかったのですが、自分の手で作る楽しさを学ぶことができました。木造住宅は、昔からの建物の基本であると私は考えています。ここで基本を学び、さらに、みんなが考え付かない斬新で自然を生かした木造住宅・リフォーム・店舗など、そして木工細工も含めて将来に役立てられるように技術をこれからも学んで行きたいと思います。

M・Mさん(女性)

受講動機

M・Mさん(女性)

 前職で建設業の会社で働いていましたが、事務職だった為、現場の知識は皆無でした。ハローワークで住宅リフォーム技術科の案内を目にし、木造住宅の知識・技術を身につけ、再就職に役立てたいと思い受講しました。

受講結果

 修了後は住宅関係の会社に就職が決まりました。ポリテクセンターで学んだ知識・技術をいかして頑張りたいと思います。そして、受講期間中にいくつかの資格試験にも挑戦しました。独学では難しかったと思うし、先生方の熱心な指導のおかげで受験できました。

訓練を受講しての感想

 のみを研いだり、のこぎりをひいたりの大工作業は私にとって初めての経験でした。大変難しくもありましたが、自分で加工した木材がピッタリと組みあがった時は、自分にも出来るんだと喜びました。ポリテクセンターで訓練を受講しものづくりに触れ、楽しさを知りました。あっという間の6ヶ月でしたが、大変内容の濃い6ヶ月でした。同じ科の仲間や、先生方の親身な指導に感謝致します。ありがとうございました。

平成26年6月修了

松崎 久史さん(男性)

受講動機

 基礎的技術を磨きながら、ポリテクセンターで資格を取りたく応募しました。

受講結果

 訓練内容は流れ作業のように進んでゆき、遅れている人を待ってはくれません。自分で聞きに行き教科書などの授業内容と比較して予習・復習する事が必要になってきます。

訓練を受講しての感想

 エクセル・ワードの2級を取得することができました。基礎知識と資格取得出来た自信で就職先でも資格を取りつつ頑張っていきます。

福本 恵子さん(女性)

受講動機

ものづくりが好きだったこと。前々職が建築関係であったことから関心を持ってました。超高齢社会に突入した現在における在宅高齢者の介護事情に伴う福祉住宅リフォームに強い関心を抱いており、その事業に関わりたいと切望していました。

訓練を受講しての感想

 模擬住宅の建築という現場作業からの始まりに、知識、技術及び体力的にも戸惑いもありましたが、いざ始まってみると周りとのコミュニケーションもスムーズにチームワークも和気あいあいと楽しい現場(?)となりました。といっても、安全管理やルールの厳守に関しては厳しい指導のなか、社会人としての最低限のマナーも再認識・再確認の場となり、メリハリのある意義ある受講でした。また、後半の建築基礎の座学、PCによるCAD操作など再就職に役立つ知識をキャシティを超えるほど学びました。6か月の受講期間がアッという間に過ぎ、これまで学んださまざまの事柄を忘れないうちに再就職に役立てたいと思っております。


テクニカルメタルワーク科

平成27年12月修了生

男性・19才

訓練を受講しての感想

 ものづくりに興味がある人は、ポリテクを受講することをオススメします。先生方は丁寧に知識や技術、そしてものづくりの楽しさを教えてくれます。いろんな人達との出会いもあり、自分を成長させるにはもってこいの場所です。自分はポリテクセンターを受講する前は、面倒くさいことは適当に済ませることがあって、それが原因で失敗することがあったのですが、今では面倒くさい作業でも丁寧にするようになりました。なので、私はポリテクに来てよかったと思っています。みなさんも受講してみてください。

平成26年6月修了

清水 啓蔵さん(男性)

受講動機

 前職での労働条件の悪さ、将来性のなさに不安を感じ、技術を学び、生きる力を身につけるために入所しました。 また、他業者への転職で不安も大きかったため、企業実習があるテクニカルメタルワーク科を希望しました。

受講結果

 訓練内容は初めてのことが多かったですが、先生や講師の方々に丁寧に指導して頂き、一つ一つしっかりと身につけることができました。資格検定試験の時も放課後の時間外まで熱心に指導して頂き、取得することができました。企業実習においても訓練を生かして、実際の鉄工所で働くことができ、大きな自信をつけることができました。

訓練を受講しての感想

 訓練中も良い仲間に恵まれ、毎日楽しく通うことができ、とても有意義な半年間でした。今後は学んだ技術をさらに伸ばし、立派な技術者になるべく、努力をしていきます。

鶴田 賢士さん(男性)

受講動機

 私は前職で造船監督業を行っていましたが、溶接作業者の技術に感動し退職、そしてポリテクセンターにて技術を習得する事を決意しました。

受講結果

 常日頃、溶接に携わっていた私は知識、技術共に多少なり自信を持って受講を開始しましたが、練習を行う度にそれらの考えが浅はかだったと気づかされました。一人立ちに五年、職人になるには一生掛かると言われている溶接技術を、七ヶ月という短期間の訓練で学ぶだけでは「ようやくスタート地点に立てただけ」なのだと感じます。練習に励む度にそうハッキリと感じさせるほど、溶接技術は奥深く私を熱中させるものでした。

訓練を受講しての感想

 七ヶ月前の入所日がつい数日前に感じるほどです。しかし、訓練を行いスタート地点に立つことができたお陰で、私の念願だった溶接への道が開かれ、無事に、高い溶接技術を持った会社へと就職する事が出来ました。これからは技術者として恩師の顔に泥を塗らぬ様に日々自己研鑚に励み、誇りを持ち、勤めていきたいと思います。

匿名希望さん

受講動機

 入所する前の私は、退職してからというもの、働きもせず毎日のようにパチンコ店に入り浸っていました。貯金も無くなり、途方に暮れていたところ、ハローワークの紹介でポリテクセンターに行くことにしました。以前より溶接に興味があり、テクニカルメタルワーク科に入所することにしました。

受講結果

 ポリテクセンターでは、溶接の基本から勉強でき、資格も取得する事ができました。無事、就職も決まりました。

訓練を受講しての感想

 今まで心配をかけていた家族にもようやく安心させることができました。この半年間を忘れることなく、これから死ぬまで働いていきます。

岩元 光平さん(男性)

受講動機

 私は、ポリテクセンター長崎に入校して本当に良かったです。私は接客業をずっとやっていて、こういった溶接の経験がゼロでした。しかし、就職率の高さやものづくりの興味深さからテクニカルメタルワーク科に入りました。

受講結果

 全くをもって未知の世界でしたが、先生や外部講師の方がものすごく丁寧に教えて頂いて下さいました。就職活動もしっかりサポートして頂いたおかげで、就職することが出来ました。

訓練を受講しての感想

 自分にあった職場を見つけれて良かったです。

林 良太さん(男性)

受講結果

 私は、長崎職業訓練テクニカルメタルワーク科を卒業し、製缶・組立工に就職する事が出来ました。職業訓練では、溶接についてや安全知識を学び資格も取れ、7ヶ月間充実した日々を送る事が出来ました。

訓練を受講しての感想

 1ヶ月間の企業実習のおかげでそのまま就職出来た事でテクニカルメタルワーク科に来れて本当に良かったと感じています。

高田 雅裕さん(男性)

受講動機

 私が、ポリテクセンターに行こうと思ったきっかけは、手に職をつけて、安定した職業に就きたいと考えたからです。

受講結果

 今まで私は、溶接の経験は全く無く正直不安な気持ちでいっぱいでした。しかし、クラスのほとんどの人が、自分と同じ様に溶接の経験が無い人達で授業も解りやすく、自分のぺースで知識と技術をつけることが出来ました。又、ポリテクセンターで学んだ事を企業実習という形で実践できた事も、就職活動に役立ちました。

訓練を受講しての感想

 7ヶ月という期間で長いと思っていましたが、終わってみればあっという間でした。今後、ポリテクセンターで学んだ事を仕事に活かし、活躍していきたいです。

山川 幸太郎さん(男性)

受講動機

 金属加工に興味があり、ハローワークさまで、ポリテクセンター長崎をススメられて、入所しました。受講期間7ヶ月はとても早くあっという間でした。ですが、教えて頂いた内容は、次のステップへ確実につながります。

受講結果

 おかげさまで、溶接をとりつかう、就職先が見つかり、こちらで教えて頂いた事を就職先でも活かしていきたいです。私は、高校で機械科を出ましたが、金属加工の職種には就いておりませんでした。ですが、今、興味を持ちこれまでの職種とはまったく違うものに挑戦するための技術を教えてもらいました。

訓練を受講しての感想

 自分のように違う職種から、来られる方も多くいらっしゃいますので、再就職に悩んでおられる方は是非、ポリテクセンター長崎に来てほしいと思います。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る