本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅リフォーム技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練による習得できる技能)

木造住宅の基本的な計画、施工法を理解し、その技能及び関連知識を習得します。また、各種建築構造の関連図の読図、簡単な製図作業、建築CADによる設計作業及びインテリア設計に関する知識・技能を習得します。
 当センターでは、訓練内容や指導方法に関する知識・ノウハウを有する講師陣が、受講する方々の確かな職業スキル習得をバックアップしております。

詳細 をご覧ください。

 

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 木造住宅のリフォーム計画及び見積もりができ、コンピュータを利用した文書・図面の作成ができる人材を育成します。
  • 住宅の構造部材の加工・施工作業及び、内装を中心としたリフォーム施工ができる人材を育成します。
訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

1ヶ月ごとの訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。一つの目安として参考にしてください。

1ヵ月ごとの訓練到達目標

1.「住宅構造・法規と申請業務(木造)」

木造住宅の構造、建築に関する法律知識と各種届出業務に関する技能及び関連知識を習得します。

1. 建築一般構造
2. 建築製図1(読図)
3. 建築法規
4. 木造住宅の構造計
5. 住宅建設に係る各種申請業
6. 住宅模型

住宅構造・法規と申請業務(木造)
2.「住宅図面作成技術」
住宅図面作成技術

住宅図面作成技術

2次元CAD

2次元CAD

CADによる建設図面作成に関する技能及び関連知識を習得します。
 使用ソフト(Jw_cad)

※CAD…コンピュータを使用して設計や製図をすること
※Jw_cad…建築分野等で広く使われているCADソフト

1. 情報活用技術(建築)
2. 建築CAD基本
3. 建築CAD1(平面図)
4. 建築CAD2(立面図)
5. 建築CAD3(構造図
6. 建築CAD4(課題演習)

3.「建築3次元プレゼンテーション」

建築CADソフトによる外観・内観パースを活用したプレゼンテーションをします。
積算の基本および顧客との打ち合せおよびプレゼンテーションをします。

1. 3D-CAD2(建築外観パース)
2. 3D-CAD2(内観パース)
3. プレゼンテーション技法1
4. 建築の積算と見積り
5. 建築プレゼンテーション技法
6. 応用課題

建築3次元プレゼンテーション

建築3次元プレゼンテーション

4.「構造部材加工基本技術」

木工事に関する工具の取扱いと構造部材加工組立に必要な軸組作成に関する技能及び関連知識を習得します。

1. 大工用工具の取扱い1(のこぎり・規矩用具)
2. 大工用工具の取扱い2(かんな・のみ)
3. 電動工具・木工機械の取扱い
4. 床継手
5. 軸組墨付け・加工
6. 小屋組墨付け・加工

構造部材加工基本技術
5.「内装施工及び改修」
内装施工及び改修
内装施工及び改修

開口部周り(建具を含む)の基本的な施工と内装に関する施工(断熱施工を含まない)及び内装改修をします。

1. 開口部施工
2. 内装下地
3. 内装仕上げ1(床・天井)
4. 内装仕上げ2
5. 内装材の改修1(床・天井)
6. 内装材の修繕2(開口部・壁)

6.「電動工具による施工と解体工事及び測量技術」

1. 丸鋸の取り扱い・足場の組立て作業
2. 応用課題
3. 解体工事
4. レベル測量
5. セオドライト測量

測量技術

受講要件

過去の建築経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障ないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。

     ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できない場合があります

受講料

無料です。
ただし、教科書代(8000円程度)については実費負担となり、その他作業着・安全手袋等をご自身で用意していただきます。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(入所前職)         (修了後職種)
塾講師          → 一般新築工事・設備工事に従事
接客販売職        → 建築資材卸営業
半導体製造設備保守・保全 → CADオペレーター
一般事務職        → 建設事務職
飲食店接客        → 内装工補助
自動車整備士       → 内装工
遊技場接客        → CADオペレーター
トラック運転手      → リフォーム施工管理


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • リフォーム工事業
  • 内装仕上げ工

住宅リフォーム工事業の仕事

住宅全般(新築・リフォーム含む)において職種としてはさまざまです。営業員が販売し、設計職が建物の設計をし、施工業者(専門職)が建物を造っていきます。よって、今までの職種と訓練で得た「住宅(建築)」の知識・技術を組み合わせて再就職へ結び付けていきます。住宅リフォームでの具体的な仕事を紹介すると、「内装仕上げ工」があげられます。建物の天井や壁、床など建物内部の装飾を行い快適で美しい生活空間を創り出す仕事です。施工するには技術・技能を要しますがこれは仕事をしながら経験を積んでいく他はありません。まずはどのような材料が用いられているか、その材料の特性なども知識として習得する必要があります。

リフォーム業関連の職種との相性(こんな方に向いている)

  • コツコツとものづくりに取り組める人
  • 手先が器用で安全意識の高い人
  • 協調性のある人

訓練により就職可能な主な仕事

  • 建築大工
  • 内装仕上工 住宅営業(ハウスメーカー、住宅リフォーム、不動産)
  • 住宅設計(新築、リフォーム)
  • 建築施工管理(新築、リフォーム)
  • 建築施工(大工、その他専門工事業)
  • 建築CADオペレーター・建築会社事務

求人票に記載されている職種名

リフォームアドバイザー(営業) 、建設技術者リフォーム リフォーム営業 、住宅設計(CADオペレーター)、 内装工事の現場管理 、内装工 、大工(大工見習)


就職率

78.1% 
※平成27年度実績


修了生の主な就職先

  • 株式会社 中村工務店
  • 有限会社 四季工房
  • セキスイファミエス九州株式会社
  • 有限会社 喜々津ホーム
  • 畑上工房 三和建設設計

賃金情報

  • 給与総額 13万円~18万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

6ヵ月の訓練の中で、3ヶ月間模擬家屋を建てるための訓練時間にしています。訓練を修了すると住宅内装施工に関する幅広い知識を取得できます。実技を通し、簡単な修繕、リフォーム、監理する際などに、習得した知識・技能を生かせます。住宅関連へ就職された修了者からも、模擬家屋を造った経験が生かされていると聞いています。また、実際の作業により木造建築図面に対する理解が深まります。CAD操作の習得により、図面作成、修正する際などに幅広い知識が生かせます。これらの基本知識・技能を活用し、建築関係業種の様々な就職先企業で活躍できます。


修了時に取得可能な資格

  • 足場組立て等の作業に係る特別教育修了証
  • 携帯用丸のこを使用して作業を行う者に対する安全教育修了証

任意に取得する資格

訓練期間中に皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
 (※合格を保証するものではありません。また、詳細は各実施機関へお問い合わせ下さい。)

建築CAD検定

コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ・表計算)

詳細はこちら(中央職業能力開発協会HPへ)

試験日:随時(申込期限は試験日2週間前まで) 


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の能力開発セミナーを受講などでさらにスキルを向上させることができます。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談支援を行っています。お気軽にご相談ください。


担当講師から

住宅に関する仕事の目的は、お客様に満足していただく家(もの)を提供することだと考えます。そのためには多くの知識、技術が必要とされます。今後の技術の進歩によって、さらに専門的になることでしょう。業務上必要な多くの知識、技能を6ヶ月間の訓練で全て習得することはできません。住宅関連の仕事に就くにあたり、訓練では最低限のことを訓練します。したがって、ある職種に特化した内容などについては、訓練時間以外での自己研鑽が必要となります。こちらについてのフォローもしますので、目標を持って訓練を受講していただければと思います。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る