本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

設備管理科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練による習得できる技能)

建築物の給排水衛生設備、空気調和設備(ルームエアコン)、電気設備、自動火災報知設備、消火栓設備、配管製図等の知識・技能を習得し、又、パソコンによる文書作成、データ管理、図面作成の関連知識を習得します。
 当センターでは、訓練内容や指導方法に関する知識・ノウハウを有する講師陣が、受講する方々の確かな職業スキル習得をバックアップしております。

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • ビル等の建築物の給排水衛生設備及び設備配管のメンテナンスができる人材を育成します。
  • ビル等の建築物の空調設備・電気設備のメンテナンスができる人材を育成します。
画像

訓練課題例

画像

訓練課題例

1ヵ月ごとの訓練到達目標

1.「給排水衛生設備管理作業」

各種管の加工、給水管・給湯管・排水管・衛生器具等の施工、メンテナンスに関する知識・技能を習得します。

給排水衛生設備管理作業
2.「給排水衛生設備設計作業」

製図の基礎から給排水設備の配管施工図の作成及び設計・積算に関する知識・技能を習得します。

給排水衛生設備設計作業
3.「防災設備管理作業及びボイラー取り扱い作業」

自動火災報知設備や消火栓・スプリンクラー設備、油圧ショベルに関する知識・技能を習得します。
 ボイラーに関する知識・技能を習得します。

防災設備管理作業及びボイラー取り扱い作業
4.「空調設備基礎作業」

ビル衛生管理の基礎から空調設備の概要を理解し、エアコン取付け冷媒配管、冷媒ガス回収・充填、ガス溶接、住宅設備診断(エコ給湯・架橋ポリエチレン管)等の知識・技能を習得します。

空調設備基礎作業
5.「電気機器保全作業」

気設備の概要を理解し、屋内配線の施工及び関連する知識・技能を習得します。(第2種電気工事士)
 シーケンス制御の基本とフロートレススイッチによる水面制御に関連する知識・技能を習得します 。

電気機器保全作業
6.「情報活用と設備CAD」

パソコンの取扱及び文章・見積書の作成に関する知識・技能を習得します。
 設備CAD(JW-CAD)による建築図及び配管図の作成に関する知識・技能を取得します。

情報活用と設備CAD

受講要件

過去のビル管理の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に不要

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障ないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。

受講料

無料です。
ただし、教科書代(8900円程度)については実費負担となり、その他作業着・安全靴等をご自身で用意していただきます。。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

設備関係が未経験の方でも、下記のような設備工事・メンテナンスと関連する職種に就職されています。

(前職)    (修了後の職種)
食品製造業 → ビルメンテナンス業
サービス業 → ビルメンテナンス業
建設業   → 設備工事業
運輸業   → 設備工事業
サービス業 → 設備工事業
製造業   → 土木建設業
サービス業 → 電気工事業


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

  • 設備工事業(給排水衛生設備・空調設備)
  • ビルメンテナンス業
  • 電気工事業

設備工事業の仕事

建築物における給排水衛生設備、空調設備(エアコン)、電気設備、消火設備に関する配管配線工事を行います。また、ビル設備の保守、管理等、ビルメンテナンスに関する仕事も行います。

溶接職種との相性(こんな方に向いている!)

「ものづくり」に興味があり、じっくり忍耐強く仕上がりを重視した作業ができる方。性別は全く問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 給排水衛生設備工事業
  • 空調設備工事業
  • 電気工事業
  • ビルメンテナンス業
  • 設備管理業
  • 消防設備関係

求人票に記載されている職種名

電気工事士、管工事、設備管理、施設管理、消防設備工事、消防防災設備点検、 ビルメンテナンス、ビル設備管理

就職後の仕事例(求人票より)

  • 給排水衛生設備工事業
  • 空調設備工事業
  • 電気工事業
  • ビルメンテナンス業
  • 設備管理業
  • 消防設備関係

就職率

97.8% 
※平成27年度実績


修了生の主な就職先

  • 月島テクノメンテサービス 株式会社
  • 株式会社 第一検査工業
  • 富士ビル管理 株式会社
  • 研進工業 株式会社
  • 量祐設備 株式会社
  • 長崎市管工事業協同組合
  • 株式会社 九洗
  • シンセイテクノス 株式会社
  • 高来テック 株式会社
  • ユーアイ設備工業 株式会社
  • 有限会社 大豊工業
  • 長崎バス建物総合管理 株式会社

賃金情報

  • 30歳未満 15万円~20万円
  • 30歳台  平均14万円~18万円
  • 40歳台  平均19万円~
  • 50歳台  平均16万円~

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

給排水衛生設備、空調設備、消防防災設備、電気設備の知識、技能を習得しますので、それらに関する資格を取得することにより、ビル設備の工事、保守、管理の業務に活用することができます。


訓練終了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証

可燃性ガス及び、酸素を用いて行う溶接、溶断の作業は、各現場において広く行われており、これらの作業中に使用される装置の欠陥や作業方法の不適正などにより、大きな爆発や火災がしばしば発生しています。
 このような見地から、労働安全衛生法に基づく労働安全衛生規則では、可燃性ガスと酸素を用いて行う金属の溶接・溶断・加熱の作業に従事する者は、原則としてガス溶接技能講習の修了者でなければならないことになっております。
 本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

小型車両系建設機械運転特別教育修了証(機体重量3トン未満)

*機体重量3トン未満 整地・運搬・積込み用及び掘削用
(機体重量とは、総重量から作業装置(バケット等)を除いたものをいいます)
 機体重量3トン未満の車両系建設機械を小型車両系建設機械といい、小型車両系建設機械の運転の業務に従事するには、特別教育を修了するか、それに準じた処置をうけることが必要です。
 本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。


任意に取得する資格

訓練期間中に皆さんが習得した技術・技能を活かして任意に受験して取得できる資格です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

技能士 配管(建築配管作業)

中央職業能力開発協会が行う、技能検定制度です。
 技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
 技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、平成25年4月現在114職種について実施されています。技能検定の合格者は平成23年度までに359万人を超え、確かな技能の証として各職場において高く評価されています。

2級ボイラー技士

最も受験者が多く、特級、1級、2級の3種類がありますが、2級の資格をもっていれば、伝熱面積の合計が 25m2未満の場合において、すべての種類のボイラーを取り扱うことができます。ボイラーは、重油や都市ガス等を燃焼室で燃やしてボイラー内に高圧蒸気を発生させるので、爆発や破裂の恐れがあります。そのため、ボイラー技士がボイラーの操作、安全運転のための管理、点検、定期検査を実施します。ボイラーはオフィスビルや病院、学校、工場などに設備されています。

第3種冷凍機械責任者

高圧ガス製造保安責任者の9種類に分かれている高圧ガス保安法に基づく国家資格のひとつで、都道府県知事名で交付されます。冷凍能力20Rt(アンモニア等)、50Rt(フルオロカーボン)以上の冷凍設備を持つ事業所では、高圧ガス製造保安責任者の第1種、第2種、第3種冷凍機械責任者免状の交付を受けている者のうちから冷凍保安責任者を選任しなければなりません。身近なところで考えてみると、エアコンも冷凍機のひとつです。近年は冷凍機(エアコン)で暖房も行うことが多く、一般的なビルにおいては冬でも冷凍機を運転することになります。

第二種電気工事士

電気工事士は従事できる電気工作物の範囲によって、第一種と第二種に分かれています。第二種電気工事士は、暮らしに直結した低圧屋内外配線の電気工事を担当するエキスパートです。一般の住宅やビルで利用する低圧小型の電動機や電気器具、照明等のための比較的受電電力の小さい電気施設の電気工事に従事します。

消防設備士(甲種・乙種四類)

消火栓、消火器、火災報知機、救助袋、スプリンクラー等消防用設備等の設置、維持・管理をします。資格は甲種と乙種の2種類があり、取扱う設備によって、甲種が特類及び1~5類、乙種が1~7類に分けられています。甲種消防設備士は工事、整備、点検まで担当できます。乙種消防設備士は整備、点検を行うことができます。

危険物取扱者(乙種四類)

「危険物」とは、消防法によって定められた、火災等の災害の発生の予防上危険と考えられる引火性または発火性の物品を指し、危険物取扱者はそれらの危険物を一定量貯蔵したり製造したりする事業所で、監督や取扱い作業に従事します。
 資格は、甲種・乙種・丙種の3種類に分かれています。甲種は、全ての危険物について取扱いと取扱作業の保安監督ができます。また、乙種は、第1類から第 6類まで、丙種は第4類危険物の一部のみ(ガソリン、灯油、軽油等)の取扱いができます。

フォークリフト運転技能講習修了証

フォークリフトとは、車体前方のマストに取り付けたフォーク、ラムなどの装置を上下させて、荷物の積み下ろしや運搬する車両のことをいいます。労働安全衛生法第61条で最大荷重1トン以上のフォークリフトの運転(道路走行を除く)は、フォークリフト運転技能講習を修了した者でなければ当該業務に就いてはならず、就かせてはならないこととされています。

小型移動式クレーン技能講習修了証

小型移動式クレーンとは、走行とクレーン操作(動力で荷をつり上げ、つり荷を水平方向に運搬すること)が可能な建設機械のうち、つり上げ荷重5トン未満のものを示します。
 小型移動式クレーンの運転は、労働安全衛生法第61条でつり上げ荷重が1トン以上5トン未満の運転業務については、小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者でなければ当該業務に就いてはならず、就かせてはならないこととされています。

玉掛け技能講習修了証

玉掛け作業とは、クレーン、移動式クレーン等を使用して荷を運搬する時に、ワイヤーロープ等のつり具を用いて行う荷かけ、及び荷はずしの作業のことです。つり上げ荷重が1トン以上のクレーン等を使用する場合の玉掛け作業は、労働安全衛生法第61条によって、玉掛け技能講習を修了した者でなければ当該業務に就いてはならず、就かせてはならないこととされています。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、(社)日本溶接協会の手溶接技能者のその他の種目を受験したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

担当講師から

設備管理科では、普段の生活に決して欠かすことのできない電気・水道・空調等ライフライン全般についての施工、保守に関する技能・技術が習得できます。
 併せて、就職に関わる資格取得サポートも行っています。
 カリキュラムは大変豊富ですので毎日の予習復習が大変ですが、修了する頃には、自信を持って、習得した知識・技能を活かした関連就職ができます。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る