本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

溶接施工科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練による習得できる技能)

金属加工分野における必要な専門知識と各種金属(鋼・ステンレス鋼・アルミニウム)の溶接法(被覆アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、TIG溶接、ガス溶接、スポット溶接)、切断法(ガス切断、プラズマ切断、機械切断、手工具による切断)、各種手工具を用いた作業を習得する。さらに、ものづくりに必要な専門知識、技能・技術や安全作業について習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 金属加工に関する専門知識を習得する。
  • 被覆アーク溶接(A-2F、A-2V)、炭酸ガスアーク溶接(SA-2F、SA-2V)、TIG溶接(薄板の鋼・ステンレス鋼・アルミニウム、ガス溶接・切断ができる。
  • 実習ごとに準備された溶接課題の溶接で、製品製造の技能・技術力、応用力をつける。
  • 各種機械加工、手工具を用いた作業ができ、安全作業、安全管理ができる。
  • 公的資格試験の溶接JIS検定試験(学科・実技)に合格する。

訓練到達目標

1.「金属加工基本作業」

金属加工基本作業では、図面をもとに形状と寸法を読み取って材料を切断、加工し、組み立てます。ドリルによる孔加工、グラインダーによる研削やガス溶接、ガス切断、プラズマ切断、手工具を用いた作業を行います。
 訓練時に、「自由研削といし取替え業務特別教育修了証」の資格と、「ガス溶接技能講習修了証」の資格を取得できます。

1. 製図基本
2. 工作基本(機械工作法、測定法)
3. ボール盤とせん断(機械によるせん断)
4. 自由研削といし特別教育
5. ガス溶接技能講習
6. ガス切断・プラズマ切断

ガス切断
2.「被覆アーク溶接作業」

被覆アーク溶接は、1914年に三菱長崎造船所が海外から被覆アーク溶接棒を輸入し、溶接に採用したことに端を発しています。その後、全溶接船が製造されました。溶接ホルダーに被覆アーク溶接棒を挟んで手溶接で行います。多くの産業分野で使用されています。電気溶接機や溶接温度が8000度と高温なため、良質な溶接接合部の確保、感電災害や健康障害を防止するため、溶接の知識・技能・技術、安全作業について習得します。
 訓練時に、「アーク溶接特別教育修了証」の資格や、公的資格試験の溶接JIS検定受験資格が取得ができます。

1. アーク溶接特別教育
2. 被覆アーク溶接3(下向き溶接)
3. 被覆アーク溶接4(下向き溶接・曲げ試験)
4. 被覆アーク溶接5(立向き溶接)
5. 被覆アーク溶接6(立向き溶接・曲げ試験)

被覆アーク溶接(立向き溶接)
3.「鉄鋼材加工および構造物製作」

鉄鋼材加工では溶接構造物の製作を通して、規準や製作方法について説明された仕様書や図面の読み取り、寸法取り・切断(機械切断、ガス切断、プラズマ切断)・仮組・仮組検査・本溶接・溶接接合部の判定・仕上げ等を行います。製作時の寸法誤差や溶接熱の影響で発生する寸法のズレやひずみによる変形等の影響を確認し、その対策法についても習得します。溶接構造物の製作について、専門知識や技能・技術を習得します。

1. 構造物図面の見方・作成
2. 鉄鋼材成形加工基本
3. 構造物鉄工施工基本
4. 構造物鉄工1(原図の作成)
5. 構造物鉄工2(接合組立)
6. 構造物鉄工3(型板の作成)

溶接構造物の製作
4.「機械板金プレス作業」

板金作業は薄い金属を加工してものを作ることを言います。加工する上で必要な展開図の知識や、機械板金加工、プレス機械作業の技術・技能・関連知識を習得します。
 また、炭酸ガスアーク溶接も行います。

1. 箱曲げ展開図法
2. せん断(機械によるせん断加工)
3. 曲げ加工基本(プレスブレーキ)
4. 曲げ加工(プレスブレーキ)
5. 炭酸ガスアーク溶接1(薄板下向き溶接)
6. 炭酸ガスアーク溶接2(水平すみ肉溶接 薄板下向き溶接)

プレス作業
塑性加工
スポット溶接
工具箱の製作
5.「TIG(ティグ)溶接作業」

TIG溶接は薄板の溶接でよく用いられます。他の溶接法よりも適応できる素材が多く、ステンレス鋼やアルミなどが溶接できるのが特徴です。ここではTIG溶接の技術や技能・関連知識を習得します。

1. TIG溶接(ノン・フィラ溶接)
2. TIG溶接(ウィズ・フィラ溶接)
3. 直流TIG溶接1(下向き溶接)
4. 直流TIG溶接2(立向き溶接 曲げ試験)
5. 交流TIG溶接1(下向き溶接)
6. 交流TIG溶接1(立向き溶接 曲げ試験)

TIG溶接(立向き溶接)
6.「炭酸ガスアーク溶接作業」

炭酸ガスアーク溶接は、他の溶接法と比べて能率が良いのが特徴で、鉄工所や造船所でよく用いられています。ここでは、炭酸ガスアーク溶接の技術や技能・関連知識を習得します。
 また、鉄板の曲げ加工などを行ってものを作る製缶作業と合わせて、その過程の溶接も行います。

1. 炭酸ガスアーク溶接5(下向き溶接 曲げ試験)
2. 炭酸ガスアーク溶接6(立向き溶接)
3. 炭酸ガスアーク溶接7(立向き溶接 曲げ試験)
4. 炭酸ガスアーク溶接8(横向き溶接)
5. 製缶1(展開 板取り)
6. 製缶2(V曲げ 円筒曲げ)

炭酸ガスアーク溶接

受講要件

過去に当該訓練分野の経験

  • 特に不要

受講料

無料です。
ただし、教科書代(10,000円程度)については、実費負担となります。
各々で作業服、帽子及び安全靴等が必要になります。


訓練に関する職種と仕事内容

求人票に記載されている職種名

溶接工・製缶工・鉄工

仕事の概要

長崎県には多くの造船所が存在しており、大型客船や大型タンカー、LPG船等の船舶のほか、関連する設備や構造物などと多くの製品を金属加工技能・技術を用いて製造しています。
 さらに、溶接構造物(鉄骨建築物)や製缶、機械装置・部品の組み立て溶接など多くの金属加工に関する企業が存在しています。
 製造では、仕様書や図面等を元に材料素材の切断、組立、溶接、仕上げの作業工程において多くの職種の技能者・技術者が製品製作を行います。
 溶接とは、製品製作の説明書や多くの図面等に沿って金属材料同士を接合することです。接合する形状や材質、使用される箇所に応じて多くの溶接方法があります。
 溶接工は、製品製造が適切に行われるために採用された溶接法に応じて、最適施工条件で目的に沿った欠陥のない要求された溶接製品を提供する仕事です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 各種産業機械・建設機械の分解・組立・溶接修理
  • 公共施設から民間大型物件、新社屋、等の溶接加工
  • 各種装置の生産ライン業務(企画 設計 製作 改造 設置等)
  • 回転機の台座や冷凍機部品、陸・船用タービン部品の製缶加工
  • 造船所構内(修繕船・新造船)請負業務、非破壊検査業務
  • 圧力容器の溶接加工、工作機械の溶接加工、大型機械の据え付け台の溶接
  • 造船所で船の製造において組立、溶接、仕上げ作業
  • 造船所内において鉄工、溶接、機械製作及び安全管理業務
  • 鉄骨建築物の製作のための溶接加工、鋼構造工事と総合建設工事
  • 建築金物の溶接加工
  • 建設機械の修理や補強溶接
  • 船体を創り出す船殻工事、艤装工事に伴うブロックなどの溶接作業
  • 製缶品組立・鋼構造物製作取付・鉄骨工事・機械移設

求人票に記載されている職種名

溶接工・製缶工・鉄工

就職後の仕事内容の事例

  • 各種産業機械・建設機械の分解・組立・溶接修理、公共施設から民間大型物件、新社屋、等の溶接加工
  • 各種装置の生産ライン業務(企画 設計 製作 改造 設置等)
  • 回転機の台座や冷凍機部品、陸・船用タービン部品の製缶加工
  • 造船所構内(修繕船・新造船)請負業務、非破壊検査業務
  • 圧力容器の溶接加工、工作機械の溶接加工、大型機械の据え付け台の溶接
  • 造船所で船の製造において組立、溶接、仕上げ作業
  • 造船所内において鉄工、溶接、機械製作及び安全管理業務
  • 鉄骨建築物の製作のための溶接加工、鋼構造工事と総合建設工事、建築金物の溶接加工
  • 建設機械の修理や補強溶接、船体を創り出す船殻工事、艤装工事に伴うブロックなどの溶接作業
  • 製缶品組立・鋼構造物製作取付・鉄骨工事・機械移設

入校時までの前職業

事務業務、飲食店、労務管理者、コンピューターエンジニア、機械エンジニア、 装置のオペレーター、土木の設計、土木測量、半導体業務、自動車製造ライン、 食品加工、商品販売、塗装工事、運送業務、医療関係、CAD設計、各種アルバイト
(原則として、金属加工の経験は無いとして訓練を行います。)


就職率

95.3%
※金属加工科平成27年度実績


修了生の主な就職先

  • 株式会社 ケンコー
  • 株式会社 西部川崎建機
  • 株式会社 テクノ興和
  • 岩吉産機工業 株式会社
  • 株式会社 九州テイク
  • 株式会社 本多工業
  • 株式会社 早瀬鉄工所
  • 双和 株式会社
  • 三菱自動車工業 株式会社
  • 株式会社 昌洋
  • 株式会社 平和鐵工所
  • 株式会社 林田金属
  • 中野鉄構 株式会社
  • 株式会社 石橋工業
  • 株式会社 三福
  • 株式会社 外港工業
  • 石田エンジニアリング 株式会社
  • 株式会社 長崎鋼業所
  • 株式会社 オール工業
  • 吉本ハイテック 株式会社

賃金情報

  • 30歳未満 15万円~19万円
  • 30歳台  17万円~21万円
  • 40歳台
  • 50歳台

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

6カ月訓練のカリキュラムに沿って習得した、被覆アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、TIG溶接、ガス溶接・切断、各種機械や手工具を用いた加工等で習得した知識・技能・技術を用いて金属製品の製造を行うことになります。
 就職先企業の体制によって仕事は、生産現場や工場製作ライン、造船所構内、関連協力業者、等で、産業機械・建設機械、圧力容器、鋼構造物等の溶接加工、溶接修理、補強溶接、製缶加工、機械加工、品質管理、製品検査、安全管理等のいずれかで、習得した職業能力を発揮することになります。
 企業の金属製品を適切に製造するために、技能・技術者による指導を受けてレベルアップを行い、仕様書や図面が理解でき、企業が求めている標準的な作業時間、欠陥のない製品、安全作業、品質管理等ができるようになります。


訓練終了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証 (長崎労働局登録教習機関第014-1号 有効期間満了日 平成31年3月31日)

ガス溶接等の業務は、労働安全衛生法第61条によって下記の者でなければ就業してはならないこととされております。当センターは、2)の都道府県労働局長の登録を受けた教習機関となっており、訓練修了者に対してガス溶接技能講習修了証が当センター所長名で交付されます。(上記に該当し満18歳以上の者 )

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、アーク溶接等の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための 特別の教育が義務づけられています。本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者が 「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
 本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。


任意に取得する資格

訓練期間中に就職に有用と考え受講生の皆さんが任意に受験して取得できる資格の一例です。JIS溶接技能者評価試験、玉掛技能講習、クレーン運転技能講習、フォークリフトイ運転技能講習等があります。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

JIS溶接検定試験((社)日本溶接協会)

溶接作業を行う作業者“溶接技能者”の資格で、主な溶接方法として、被覆アーク溶接、ステンレス鋼溶接、チタン溶接、プラスチック溶接、銀ろう付、すみ肉溶接、等があります。溶接技能者資格は、技量によって基本級(下向姿勢の溶接)と 専門級(立向、横向及び上向姿勢の溶接並びに管の溶接等)があり、さらに試験材料の種類と厚さ、溶接方法などとの組合せにより150種目ほどに資格が分かれます。試験は学科試験及び実技試験(資格の種別に応じた試験材料に溶接作業を行う。)によって評価されます。
 専門級は、基本級が合格していないと受験できません。実際の訓練では、専門級の技能についても行います。専門級は、就職先の仕事内容によって選択し多くの方が1年以内に取得されています。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る