本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械加工技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練による習得できる技能)

機械を使って金属を削り、車や船などの部品やあらゆる機械部品の加工方法について基礎から習得します。また、職場体験を通じ、企業におけるものづくり現場を実際に経験し、企業ニーズに即応した実践力を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 普通旋盤(円筒形状を削る機械)、フライス盤(角形状を削る機械)で機械部品加工が出来る人材を育成します。技能検定普通旋盤2級程度を目指します。
  • NC旋盤、マシニングセンタ(プログラムで動く機械)で機械部品加工ができる人材を育成します。また、企業におけるものづくり現場を実際に体験し、製品製造の知識・技能・安全について習得します。
訓練課題例1
訓練課題例2

1ヶ月ごとの訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。一つの目安として参考にしてください。

1ヵ月ごとの訓練到達目標

1.「機械製図作業」「ボール盤作業」

製品を加工するときに使用する機械図面の読み方(図面の役目、記号、寸法)や正しい描き方を習得します。
部品の測定・ボール盤加工※ヤスリがけ作業の技術を習得します。
※ボール盤・・・金属に穴をあけるための機械です。

1. 機械図面の読み方1(製図一般・図示法)
2. 機械図面の読み方2(寸法・表面性状記入法)
3. 機械図面の読み方3(幾何公差)
4. 測定
5. 切削技法2(仕上げ・ボール盤)
6. 自由研削用といしの取り替え等の業務に係る特別教育

訓練風景

2.「フライス盤作業」

フライス盤加工の技術を習得します。機械部品の平面や溝加工などを習得し、図面通りの製品を造れるようになります。

1. フライス盤1
2. フライス盤2
3. フライス盤3
4. フライス盤4
5. フライス盤5
6. フライス盤6

フライス盤作業

3.「普通旋盤作業」

旋盤加工※の技術を習得します。機械部品の外形や溝入れ、ねじ切りなどの加工を習得し、図面通りの製品を造れるようになります。

※旋盤・・・円筒形状の金属を削る機械です。
例)エンジンのピストンや動力を伝えるシャフトなどが加工できます 。

1. 普通旋盤1
2. 普通旋盤2
3. 普通旋盤3
4. 普通旋盤4
5. 普通旋盤5
6. 普通旋盤6

普通旋盤作業

4.「マシニングセンタ作業」

マシニングセンタで加工するために必要なプログラムの作成方法と操作方法を習得します。プログラムを作成し、マシニングセンタで図面通りの製品を造れるようになります。
※マシニングセンタ・・・角形状の金属を、自動的に削る機械です。

1. マシニングセンタ1(プログラムの基本)
2. マシニングセンタ2(プログラムの作成手順)
3. マシニングセンタ3(加工準備)
4. マシニングセンタ4(加工作業)
5. マシニングセンタ5(課題演習)
6. 応用課題(課題:スラダクランク機構)

マシニングセンタ作業

5.「NC旋盤作業」

 NC旋盤で加工するために必要なプログラムの作成方法と操作方法を習得します。プログラムを作成し、NC旋盤で図面通りの製品を造れるようになります。
※NC旋盤・・・円筒形状の金属を、自動的に削る機械です。

1. NC旋盤1(プログラムの基本)
2. NC旋盤2(プログラムの作業手順)
3. NC旋盤3(加工準備)

NC旋盤作業

6.「職場体験」

企業において指導を受けながら生産活動を理解し、生産現場で機械加工作業の実務を体験します。施設内訓練では習得できない現場での"ものづくり"を体験し、製品製造の知識・技能・安全について習得します。

職場体験

7.「フォローアップ訓練」

職場体験で得られた内容の確認や問題点に対して、技能や技術、関連知識等についてフォローアップ訓練を行います。製作課題を設定して製作を行います。


受講要件

過去の機械加工に関する経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障ないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。

     ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できない場合があります

受講料

無料で受講できます。
ただし、作業服・安全靴等をご自身で用意していただき、テキスト代(4300円程度)と、訓練生総合保険料(4800円)については、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

2019年度新設科のため実績なし


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

金属工作機械工

金属工作機械工の仕事

ものづくりの金属工作機械を使い、さまざまな金属に、切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き仕上げるなどの加工をするのが、金属加工機械工です。
 違う形状のものを少量だけ加工する場合は、人の手で加工する汎用旋盤を使います。
 まず製品の図面に基づいて、材質・加工精度に応じた刃物を選び、角度や削る強さ、回転数、送りなどの速度を決めます。
 そして、旋盤の設定が終わったら、知識や技術・経験を駆使して、材料を要求された形に加工します。
 おなじ形状のものを大量に加工する場合は、加工条件を数値化し、連続自動加工をするNC旋盤やマシニングセンタを使用します。
 NC旋盤では、要求される精度を出すため、最適な加工条件を正確にプログラミングします。
 次に、設定が終わったら、精度を確認するための試し削りを行ないます。試作品を正確に計測し、必要に応じて何度でもプログラムを修正します。
 そして、精度が安定したら、連続的に自動加工をします。
 金属工作機械工には、期限内に、決められた数の製品を、高い精度で正確に加工することが求められます。

金属工作機械工職種との相性(こんな方に向いている)

「ものづくり」に興味があり、粘り強く、少しの失敗には負けない方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 工作機械(旋盤、フライス盤、NC機械)のオペレータ
  • NC加工データの作成業務
  • 機械部品製造、組立

求人票に記載されている職種名

  • 機械加工技能者
  • NC工作機械オペレータ
  • 機械技術者
  • 機械メンテナンス
  • メカエンジニア
  • 生産技能職
  • 製造職
  • 生産技術職

就職後の仕事例(求人票より)

  • 汎用旋盤を操作して、機械部品の製作
  • マシニングセンタを操作して、機械部品の製作
  • 汎用フライス盤を操作して、機械部品の製作
  • NC旋盤を操作して、機械部品の製作
  • 機械加工に関する管理部門
  • タービン部品の仕上げ組立作業

就職率

2019年度新設科のため実績なし


修了生の主な就職先

2019年度新設科のため実績なし


賃金情報

  • 30歳未満 15万円~20万円
  • 30歳台  17万円~22万円
  • 40歳台  18万円~25万円
  • 50歳台

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

旋盤、フライス盤、マシニングセンタ、NC旋盤などを使用しての機械部品の製作・組み立てに活用できます。


修了時に取得可能な資格

自由研削砥石特別教育修了証

自由研削用といしの種類、構成、表示及び安全度並びにその取扱い方法について学びます


任意に取得する資格

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。 ただし、合格を保証するものではありません。各個人の努力が必要です。 また、受験には、学歴・実務経験が必要な場合があります。試験日程により、入所時期によっては受験できない場合もあります。 詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください。

技能検定 機械加工 旋盤作業(3級) (各都道府県職業能力開発協会)

普通旋盤を使用し、φ60×115程度のS45Cの材料1個及びφ60×55(φ25の穴のあいたもの)程度のS45Cの材料1個に、内外径削り及びテーパ削り等の切削加工を行い、はめ合わせのできる部品を2個製作します。
(試験時間 2時間30分)
 ※学科:7月及び1月 申込時期:4月及び10月 受験料:(実技) 17,900円 (学科) 3,100円 程度

技能検定 機械加工 フライス作業(3級) (各都道府県職業能力開発協会)

フライス盤を使用し、SS400の材料(45×65×80、2個)をエンドミル(2枚刃、多刃)及び正面フライスにて切削加工して直みぞ部をそれぞれはめ合わすことができる部品を製作します。 (試験時間 2時間30分)
 ※学科:7月及び1月 申込時期:4月及び10月 受験料:(実技) 17,900円 (学科) 3,100円 程度


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の能力開発セミナーを受講などでさらにスキルを向上させることができます。
 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談ください。


担当講師から

機械加工技術科では、ものづくりに必要とされる「図面を読む能力」、「切削加工する能力」、「製品を評価する能力」の3つの能力を習得することができます。また、任意ではありますが技能検定3級の資格も取得することができます。その他、授業の一環で職場体験もありますので、仕事場の雰囲気なども体験することができます。
ものづくりの楽しさや大変さを経験することができるカリキュラムとなっております。
ぜひ、私たちと共に技能・技術を磨き『ONLY ONE』の製品を世の中に残してみませんか。職員一同、皆様を全力でサポートします。

日本版デュアルシステム


短期デュアルシステムとは

施設・設備の充実したポリテクセンターでの約5ヶ月間の施設内訓練と、15日間の個別事業所での「職場体験」をセットにした、概ね45歳未満の若年求職者の方を対象とする職業訓練です。
「職場体験」では、個別事業所(工場や事務所)内で実際に仕事を体験しながら、仕事に必要な能力を身に付け、より実践的な知識・技能が習得できます。

短期デュアルシステム

受講生のメリット

  • 職場体験を通じて、自分の適性を見極めることができます。
  • 企業での実務訓練を通じて実践力が高められるため、就職が有利になります。
  • 職場体験後の能力評価により、採用の際に企業から適正な評価を得ることができ、修了後体験企業への就職が有利になります。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る