本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナーを訪ねて

「3次元モデリングによる住宅設計実践技術」編

特長について

このセミナーは福祉住環境分野(お年寄りや障害を持った方に優しい家作り)を含めた住宅の計画、パソコンを活用した各種関連書類と図面の作成に関する知識・技能及びプレゼンテーション技術について習得します。

具体的には、お客様の自宅で画面を見ながら打合せができ、変更なども行い、その場で出来上った間取を立体化させることで内観・外観のイメージが平面図だけではわからない所までわかるようになります。また、家具などを配置してスペース等の検討を行うなど、コミニュケーションツールとしても使えます。

セミナーでは、下記ソフトを使いイメージ図を作成します。

平面図

平面図

立面図

立面図

リフォーム提案書作成

リフォーム提案書作成

外観完成画面

外観完成画面

受講者の声

・以前よりマイホームデザイナーのプロではなく簡易的なソフトを自分で勉強していましたが、限界などがあったり集中できていなくて良い機会でした。段階的にステップアップしたコースが受講できればと思っています。応用編があれば良いかなと思います。その人の程度に合わせて聞いて習得したいことを聞ければ助かります。又初期コースと違うステップアップコースがあれば参加したいです。期間をもっと長い期間で集中して勉強できればと思います。
・土・日と続けてのコースでしたが、日曜日は子供を預ける施設もやっておらず、子供がいる女性は参加するのが大変そうでした。土曜日のみ、2週続けて等にしていただけたら、もっと参加しやすくなると思います。

【このセミナーの詳細はこちら】
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る