本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

求職者向け職業訓練のご案内

< 職 業 訓 練 受 講 生 募 集 >
求職者の方を対象として、就職に必要な技能及び知識を習得するための職業訓練を無料(テキスト代等は自己負担)で実施しています。

当センターが実施している職業訓練

 当センターでは、求職者の方(主に雇用保険を受給されている方)を対象に、地域企業の人材ニーズに即した訓練カリキュラムによるものづくり分野に 関する専門的技能・知識を習得するための6か月又は7か月の職業訓練を行っています。
 求職者の方は、就職に必要な実践的技能・知識について、基礎から応用まで学ぶことができます。
 

コース内容の紹介

各コースの訓練科名・訓練目標等をご紹介します。

訓練目標

 物を作るには図面を必要としますが、パソコンを使って図面を描くことにより難しい図面作成が簡単にできるようになりました。
 また、物を作るには熟練技能が必要とされていたのですが、コンピュータを搭載した機械により 物を作ることで熟練を必要としなくなりました。
 CAD・NC加工科では、図面作成から物を作り出す技能及び関連知識を習得できます。

開講月(定員)
授業風景
CAD・NC加工科

CAD・NC加工科

訓練目標

「ものづくり」の基本となる機械図面の読み方・測定技術を先駆け、機械加工のベースとなる旋盤・フライス盤の機械操作習得から技能検定2級レベルの技能習得まで訓練していきます。
 溶接作業では基本的な知識・技能を習得することにより資格を得られる訓練を行います。
 また、機械・電気の保全に関する訓練を行い、作業者のみならずメンテナンスもできる作業者を目指し、実践的な技能と知識の習得ができます。
 さらに、県内各製造業企業の協力により実施している「企業実習」では、実際の現場で実習を行い、その経験から実践的な技能と知識の習得ができます。
 その他、パソコンやNC旋盤・マシニングセンタの基本的なプログラミングも訓練で習得できます。

開講月(定員)
授業風景
機械設備保全科

機械設備保全科

「企業実習生」の受入れ(「日本版デュアルシステム」)については、 高齢・障害・求職者支援機構本部ページ をご覧下さい。 ※ 別ウィンドウで高齢・障害・求職者支援機構本部のページを開きます。
訓練目標

 金属でものを作るには、「金属を切る」、「折り曲げる」、「金属を接合する」などの技能・技術が欠かせません。訓練では、これら機械板金および各種溶接法など、求人企業から求められている基本的な技能・技術を習得できます。
 そして、時代の変化にも通用する生涯にわたる技術の基礎づくりを目指します。
 訓練修了時には、幅広い金属関連産業への就職に対応できるようにしています。

開講月(定員)
授業風景
金属加工技術科

金属加工技術科

訓練目標

 電気設備技術科には、「電気工事」と「シーケンス制御」の2つの仕上がり像があります。
電気工事分野では、電気の基礎知識を学び、一般家庭の屋内配線演習(CAD設計、太陽光発電、消防設備)の実技を行います。
シーケンス制御分野では、信号機・コンベアなどで使われている電気制御について学びます。

開講月(定員)
授業風景
電気設備保全科

電気設備保全科

訓練目標

 電気設備保全科(企業実習付)では、大きく分けて「電気工事」、「シーケンス制御」、「企業実習」の3つの訓練があります。
「電気工事」では、建物の中の照明や壁に埋まっているスイッチなどの配線、施工方法を学びます。
また、「シーケンス制御」では、工場のベルトコンベアやリフト、エレベータなどで使われる技術で、電気の力で機械の動きを制御する技術を学びます。
さらに、「企業実習」では、県内にある電気関連の企業で1ヶ月間企業実習を行い、実際の現場での技術・技能を学びます。

開講月(定員)
授業風景
電気設備保全科(企業実習付)

電気設備保全科(企業実習付)

「企業実習生」の受入れ(「日本版デュアルシステム」)については、 高齢・障害・求職者支援機構本部ページ をご覧下さい。 ※ 別ウィンドウで高齢・障害・求職者支援機構本部のページを開きます。
訓練目標

 ビル設備サービス科では、「電気工事」と「給排水設備」の2つの仕上がり像があります。
 電気工事分野では、オームの法則などの基礎から一般住宅の屋内配線工事に必要な施工技術や設備CAD、エアコンの技術を学びます。
 また、給排水設備分野では、ビルの主要設備である上下水道の施工技術や衛生器具の施工技術を学びます。

開講月(定員)
授業風景
ビル設備サービス科

ビル設備サービス科

訓練目標

 住宅リフォーム技術科では、住宅の施工職と営業・設計職の2つの仕上がり像があります。
 主な内容は、建築設計補助などの業務に必要な各種建築知識と建築CAD技術、福祉住環境コーディネート技術に加え、ホームセンター販売員、建築現場作業員などの業務に必要な木造住宅施工技術、住宅リフォーム技術です。

開講月(定員)
授業風景
住宅リフォーム技術科

住宅リフォーム技術科

お問い合わせ先

ポリテクセンター宮崎 【訓練課 受講者係】
        TEL 0985-51-1512
        FAX 0985-51-1513

当センターが民間教育訓練実施機関へ委託し、実施している職業訓練

宮崎県地域訓練コンソーシアムによりカリキュラムの作成が行われ、民間教育訓練実施機関(訓練実施施設)へ委託して実施する新たな職業訓練コースです。


 
訓練科名
定員
募集期間
訓練期間
訓練実施施設
(コースガイド)
電話番号
ホテルサービス観光科
20
H28.11.14~
H29.2.3
H29.3.2~
H29.9.1
0985-71-6287
Web&プログラミング科
20
H28.11.14~
H29.2.24
H29.3.23~
H29.9.22
0985-30-5010

注1 定員に対し応募が少ない場合、訓練は中止になることがあります。
注2 各訓練科の内容については、各訓練実施施設に直接お問い合わせください。
注3 その他の御質問は、当センターのコンソーシアム訓練担当(0985-51-1590)にお問い合わせください。

求職者支援制度による職業訓練

特定求職者の方(雇用保険の失業等給付を受給できない求職者であって、職業訓練その他の就職支援を行う必要があるとハローワーク所長が認める者)を対象として、 民間教育訓練機関が当機構の認定を受けた職業訓練を実施します。 詳しくは、「 求職者支援訓練の受講を希望する方へ 」をご覧下さい。

宮崎県が実施している職業訓練

宮崎県が実施している職業訓練です。 詳しくは、「 宮崎県が実施している職業訓練 」をご覧下さい。
※ 別ウィンドウで宮崎県のホームページが開きます。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る