本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

CAD・NC加工科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(習得できる技能)

物を作るには図面を必要としますが、パソコンを使って図面を描くことにより難しい図面作成が簡単にできるようになりました。 また、物を作るには熟練技能が必要とされていたのですが、コンピュータを搭載した機械により 物を作ることで熟練を必要としなくなりました。CAD・NC加工科では、図面作成から、物を作り出す技能及び関連知識を習得できます。

訓練全体(6ヵ月間)の仕上がり像(訓練目標)

図面を描くための関連知識、規格、図形の描き方の知識と技能及びパソコンを用いた図面作成を習得します。
製品を加工するための専門的な知識、技能及び専用機械の操作を習得します。

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

 
      676時間
 

訓練到達目標

1.「機械製図及びCAD基本」

図面を描くための技能及び関連知識を習得するとともに、2次元CAD基本操作に関する技能及び関連知識を習得します。

機械製図及びCAD基本
機械製図及びCAD基本

2.「3次元CAD基本」

3次元CADシステムを用い機械部品等の立体形状作成に関する技能及び関連知識を習得します。

3次元CAD基本
3次元CAD基本

3.「3次元サーフェスモデルデータ構築及びIT基本」

ユニバーサルデザインに基づいた意匠設計及び3Dプリンターによる造形及び検証方法及び、ワープロ、表計算の使用法を習得します。

2次元CAD応用作業と3次元CAD
次元サーフェスモデルデータ構築及びIT基本

4.「NC旋盤作業」

測定器の使い方や、普通旋盤、NC旋盤の基礎知識、プログラミング手法及び、部品加工のための、NC旋盤作業に関する技能と知識を習得します。

NC旋盤作業
NC旋盤作業

5.「マシニングセンタ作業」

フライス盤、マシニングセンタの基礎知識と、プログラミングの手法、部品加工のための、マシニングセンタ作業に関する技能と知識を習得します。

NC機械基本作業
NC機械基本作業

6.「CAM作業及びNC機械応用作業」

CAMという加工シミュレーションソフトを用い、部品加工データのプログラム作成技能及び関連知識及び加工課題を通じて、NC旋盤及びマシニングセンタ加工の技能及び関連知識を習得します。

CAM作業及びNC機械応用作業
CAM作業及びNC機械応用作業

受講要件

過去の機械工やCADの経験

  • 特に必要ありません。ものづくりに興味があり、製造業への就職を目指すやる気のある方。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンを使用しますので、パソコンの操作に慣れているほうが訓練効果が期待できます。ただし、パソコンの操作については起動・終了等初歩から指導します。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。
ただし、教科書代(約3,500円)及び作業服代(約6,000円~8,000円)については、実費負担となります。


入所前の職種と修了後の就職職種の例

機械加工やCAD製図の経験がない方でも下記のような関連する職種に就職されています。
(ただし、必ずしも下記の通り就職できるとは限りませんのでご了承願います)
(前職)            (修了後の職種)
・運輸業(事務職)    →    機械加工業
・自販機の点検補充    →    NC機械オペレーター
・運送業(物流)      →    CADオペレーター


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

CADオペレーター、機械工

CADオペレーターの仕事

紙に描かれた図面は、そのままではデータとして使い勝手がよくありません。そこでこれをパソコン上の製図ソフト(CAD)に入力すれば、データの修正や共有、保存といった管理がしやすくなるうえ、専用ソフトを使って立体図を眺めて見ることもできるようになります。CADオペレーターは建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな図面をCADソフトに模写(トレース)する仕事で、主に企業の設計部門やデザイン会社などで働いています。

機械工の仕事

製造業の中心である機械関連業種においては、顧客のニーズの多様化や製品サイクルの短縮化により、高精度な製品を早く設計・加工しなければならなくなっています。そのため機械加工分野の事業所においては、主に加工工程をNCデータ化(工具位置を数値データにより制御する方法)して、工作機械で加工を行うなど、工作機械を使って加工を行う仕事が大半です。このためこうした技術を習得している人材が多く求められています。

求人票に記載されている職種名

CADオペレーター、2D-3D(2次元-3次元)CADオペレーター、NCオペレーター、CAD/CAMオペレーター、CADアシスタント、CADサポート業務、CAD・マシニングオペレーター、CAD・CAMプログラマー、
機械設計・CADオペレーター、機械工

就職後の仕事例(求人票より)

CAD・NC加工科を受講し、下記のような関連した職種に就職した方がいます。

  • 機械加工(マシニングセンタ、NC旋盤) :マシニングセンタ・NC旋盤による機械部品の加工
  • 工員(旋盤、フライス盤) :旋盤、フライス盤による機械部品の加工
  • 金属加工機械の加工・組立・メンテ :工作機械による機械部品の加工、機械の組立
  • 機械設計に関する業務 :CADを用いた設計業務、補助業務
  • CAD操作、データ入力: 2次元CADによる図面の作成

就職率

   
   86.2%(平成27年3月末実績値)
 


修了生の主な就職先

  • ㈱モリタ
  • ㈱コバテック
  • ㈱HDS
  • 九州オリンピア工業㈱
  • 丸栄宮崎㈱

就職先での習得能力の活用状況

訓練で習得したCAD操作の技能と図面の書き方(ルール)の知識を活かし、CADオペレーターとして就職された方がいます。また、訓練で習得した専用機械の操作と加工技術を活かして自動車部品加工会社や航空部品製造会社に工員として就職された方がいます。


訓練期間中にチャレンジできる資格

訓練期間中に習得した技能を活かして、任意に受験して取得できる資格の一例です。
(ただし、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問合せください。)

資格の名称
CADトレース技能審査・機械部門(厚生労働省認定)
資格の主催者
中央職業能力開発協会(宮崎県職業能力開発協会)
受験資格
上級(1年以上の実務経験のある方) 中・初級(ポリテクセンター訓練生は受験可能)
受験料
上級(15,000円) 中級(13,000円) 初級(10,000円)
試験日程
9月中旬、2月中旬
合格率
ホームページを参照してください
その他特記事項
主に、CADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。
(この資格を持っていないと、CAD業務ができないというものではありません)
ホームページ
資格の名称
CAD利用技術者試験
資格の主催者
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
受験資格
1級(2級有資格者) 2級(特にありません)
受験料
1級(15,000円) 2級(5,500円)
試験日程
1級(毎年6月、11月頃) 2級(随時受付)
合格率
ホームページを参照してください
その他特記事項
CADを利用した知識・スキルを明確化し、一定水準に達している受験者に対して評価・認定を行う制度です。
1級は学科試験及び実技試験が行われます。
2級は学科試験が行われます。
(この資格を持っていないと、CAD業務ができないというものではありません)
ホームページ
資格の名称
コンピュータサービス技能評価試験(Word、Excel)
資格の主催者
中央職業能力開発協会(宮崎県職業能力開発協会)
受験資格
特に制限はありません
受験料
1級(7,600円) 2級(6,400円) 3級(5,100円)
試験日程
3月、6月、9月、12月頃
合格率
ホームページを参照してください
その他特記事項
教育訓練施設や事業所において、コンピュータを活用した各種のサービスを行う人々の能力を評価する試験です。
これによって、これらに従事する方々の技能修得意欲を増進したり、社会一般の評価を高めることで、社会的、経済的地位の向上を図ることを目的としています。
ホームページ
資格の名称
技能検定(旋盤・フライス盤・NC旋盤・NCフライス盤・機械系保全・電気系保全2・3級)
資格の主催者
中央職業能力開発協会(宮崎県職業能力開発協会)
受験資格
職種によって異なりますので、ホームページを参照してください。
受験料
職種によって異なりますので、ホームページを参照してください。(目安:10,000~18,000円)
試験日程
職種によって異なりますので、ホームページを参照してください。(前期、後期と年2回行われます)
合格率
職種によって異なりますので、ホームページを参照してください。
その他特記事項
技能検定は、職業能力開発促進法に基づいて、働く人々の技能を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度です。技能検定は、昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、現在137職種について実施されています。
合格者には、厚生労働大臣(特級、1級、単一等級)または、県知事(2級、3級)の合格証書が交付され、「技能士」と称することができます。
ホームページ

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後も新たな分野の職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター宮崎【訓練課 受講者係】
           TEL 0985-51-1512
           FAX 0985-51-1513

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る